• 締切済み
  • 困ってます

約数について

300以下の自然数のうち正の約数が8個である数の個数を求めていただけないでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数85
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.4

Excelの関数だけを使って(マクロを使わずに)300以下の自然数の約数の個数の一覧表を作ってみました。ついでに素数と19以上の素因数がある数(19以上の素数自身も含む)もわかるようにしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 約数

    与えられた自然数N=(p^l)*(q^m) □で、l,mは0以上の整数について (1)Nの正の約数の個数 (2)Nの正の約数の総和 (1)上記の問題の(1)のNの正の約数の個数が(l+m+1)(l+1)(m+1)となるように□に適する条件を書く問題で 回答はp,Qの最大公約数をrとするとp/r,q/r,rは異なる素数らしいのですがどうしてrを割るのですか? 例えば2つの整数aとbの最大公約数をGとくと、a=a'G,b=b'Gとおける a'とb'は素とするとこうな考えをするのでしょうか? (2)(1)の条件のもとで、(2)を解くと p/r=a,q/r=bとおくと N={(ar)^l}*{br}^m =(a^l)*(b^m)*r^(l+m) Nの正の約数の総和は S=((a^0)+(a^1)+…(a^l)) ((b^0)+(b^1)+…(a^m)) ((r^0)+(r^l)+…(r^(l+m))) から {1-a^(l+1)}/1-a * {1-b^(m+1)}/1-b *{1-r^(l+m+1)}/1-r になることわ分かりません。

  • 最大約数

    与えられた自然数N=(p^l)*(q^m) □で、l,mは0以上の整数について (1)Nの正の約数の個数 (2)Nの正の約数の総和 (1)上記の問題の(1)のNの正の約数の個数が(l+m+1)(l+1)(m+1)となるように□に適する条件を書く問題で 回答はp,Qの最大公約数をrとするとp/r,q/r,rは異なる素数らしいのですがどうしてrを割るのですか? (2)(1)の条件のもとで、(2)を解くと p/r=a,q/r=bとおくと N={(ar)^l}*{br}^m =(a^l)*(b^m)*r^(l+m) Nの正の約数の総和は S=((a^0)+(a^1)+…(a^l)) ((b^0)+(b^1)+…(a^m)) ((r^0)+(r^l)+…(r^(l+m))) から {1-a^(l+1)}/1-a * {1-b^(m+1)}/1-b *{1-r^(l+m+1)}/1-r になりますが 等比数列の和を利用して{1-a^(l+1)}/1-a になるそうですが(l+1)がどのようにして現れたのか分かりません。

  • 約数の個数

    私が今使っている参考書の数Aのテーマの一つで「約数の個数」というものがあり、解説として  自然数Nの素因数分解が   N=p^a*q^b*r^c(←pのa乗×qのb乗×rのc乗) であれば、Nの正の約数の個数は    (a+1)(b+1)(c+1)個である この公式の補足説明の中に、  ここでは、正の約数の個数だから上の数となったが、「Nの約数となる整数」というときには、負の約数も考える必要があるから、さらに上の数の2倍で、2(a+1)(b+1)(c+1)である という解説がでていました。  負の約数 という概念がわかりません。どういうもなのでしょうか。よろしくお願いします。 なお、この参考書は、受験用の公式集です。

  • 回答No.3

手計算でやってみます。 まず素数は1とその数自身の2個しか約数がないのでダメです。 合成数Nの場合、約数の数が8となるのは素因数分解すれば次の3つの場合があります。 以下p,q,rは素数で3、の場合だけp<q<r(最小の素因数がp)とします。 1、N=p^7 の場合2^7=128,3^7=2187>300だから p=2 のみで1通り 2、N=p^3・q の場合2^3=8,3^3=27,5^3=125,7^3=343>300 だから    p=2のとき q=3,5,7,11,13,17,19,23,29,31,37 の11通り    p=3のとき q=2,5,7,11 の4通り    p=5のとき q=2の1通り これらを合計して16通り 3、N=p・q・rの場合    p=2のときqr≦150 だから     q=3のときr=5,7,11,13,17,19,23,29,31,37,41,43,47の13通り     q=5のときr=7,11,13,17,19,23,29の7通り     q=7のときr=11,13,17,19の4通り     q=11のときr=13 の1通り(q≧13のときは題意を満たさず)    p=3のときqr≦100 だから     q=5のときr=7,11,13,17,19の5通り     q=7のときr=11,13,の2通り (q≧11のときには題意を満たさず)    p≧5のときqr≦60 だからq=7のときでもr<8.57で不適    これらを合計して13+7+4+1+5+2=32通り 1、2、3を合わせて、1+16+32=49 通り 答え 49個

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5574/12179)

書き出してみた。 128, 24,40,56,88,104,136,152,184,232,248,296, 135,189,297, 54,250, 30,42,66,78,102,114,138,174,186,222,246,258,282, 70,110,130,170,190,230,290, 154,182,238,266, 286, 105,165,195,255,285, 231,273, 全部で49個だね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • asciiz
  • ベストアンサー率71% (5455/7613)

別に、その答えが知りたいのではなくて、それを検索するプログラムを組んでみよう、という課題だったのではないですか? →https://okwave.jp/qa/q9844242.html 答えだけ知ったところで何の解決にもならないでしょう。 人間が手で約数の数を知ろうとする場合は、素因数分解したりしますが、コンピュータにやらせるならそんな難しいことを考える必要はありません。 Nという数字が与えられたなら、順番に1からNまでの数で割ってみて、割り切れた数が約数の1つなわけです。それをカウントします。 カウントし終わった結果、8個であれば表示せよ、というのが題意です。 プログラミング言語には何を使ってもいいと思いますが…。 JavaScriptはブラウザ上で動くものであることから、入出力や実行方法を工夫しなくてはなりません。 そういう、アルゴリズム以外のことを考えなければならないのはプログラミングの邪魔になるので、「向かない」と書きました。(でも、出来ないわけではありません) perlだとこんな感じになります。※回答そのものではありません ----ソース use strict; my $N = 10; for (my $i=1; $i<=$N; $i++) { my $c = 0; for (my $j=1; $j<=$i; $j++) { $c++ if ($i % $j == 0); } print "$i の約数は $c 個です\n"; } ----実行結果 1 の約数は 1 個です 2 の約数は 2 個です 3 の約数は 2 個です 4 の約数は 3 個です 5 の約数は 2 個です 6 の約数は 4 個です 7 の約数は 2 個です 8 の約数は 4 個です 9 の約数は 3 個です 10 の約数は 4 個です ---- Visual Studio が入っているならC言語でもいいですし、今時の人はPythonとか使うのかもしれません。(まあ今更perlはあまりお勧めできるものでもありませんしね)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 約数の個数と公倍数の個数から元の数を求める

    a,b,c,d を自然数とし a>=c とする。m=2^a3^b 、n=2^c3^d についてm、nの正の約数の個数が80.72でm、nの正の公約数の個数が45であるという。a,b,c,d を求めなさい。 という問題なのですが、(a+1)(b+1)=80 (c+1)(d+1)=72 まで分かるのですがそれ以降がまったく思いつきません。どなたか、公約数の数とどう絡むのか、お教え下さい。お願いします。 PS ちなみみ^a としているのは2のa乗の意味です。

  • 約数

    次の数以下で最も約数が多い数と約数の個数(1とその数含め)を教えて下さい 1,000 約数が多い数840 個数32 (1)10,000 (2)100,000 (3)1,000,000

  • 数A 正の約数の個数について

    未だに正の約数の個数の理屈が理解できていません。 ・108の正の約数の個数を求めよ。 2の二乗の正の約数は、1、2、2の二乗の3個。 3の三乗の正の約数は、1、3、3の二乗、3の三乗の4個。 よって3×4=12(個) これを積の法則でかけるというのがよく分かりません…。頭が固いのか馬鹿なのか…。理屈が納得できないので、やり方だけ覚えている感じです。 2の二乗の正の約数の個数のどの場合に対しても、3の三乗の正の約数の個数があるということ…?? ここでつまづいている為に、先に進んでも全くちんぷんかんぷんです。 回答お願いします。

  • 約数の個数が24個

    約数の個数が24個 2の倍数の約数20個 5の倍数の約数18個 10の倍数の約数15個 これらを全て満たす自然数はいくつですか

  • 約数の総和についての問題です!

    17640の正の約数のうち、15で割りきれないものの総和をお願いします! 正の約数の個数は72個、単なる約数の総和は66690まで出せたのですがここからがわかりません! 回答お願いします!

  • Dirichlet約数問題とGauss円問題の類似

    Gauss円問題とは、自然数nが与えられたとき、原点を中心として半径をnとする円の内部(境界を含む)にある格子点の個数N(n)を求める問題で、 N(n) ~ πn^2 となりますが、より詳しい近似が未解決です。 Dirichlet約数問題とは、自然数nが与えられたとき、 1,2,3,…,n のそれぞれの正の約数の個数の合計Σ[k=1,n]d(k) (ただし、d(k)はkの正の約数の個数)を求める問題で、 Σ[k=1,n]d(k) ~ n log(n) + (2γ-1)n (ただし、γはオイラー・マスケローニ定数) となりますが、より詳しい近似が未解決です。 Σ[k=1,n]d(k)は、第一象限の双曲線xy=nとx軸,y軸の内部(境界を含む)にある格子点の個数と見なせるので、Gauss円問題と同系統とみなせます。 すると、気になるのが、放物線で囲まれた領域に関する格子点の個数です。 例えば、 放物線√x+√y=nとx軸,y軸の内部(境界を含む)にある格子点の個数に関する研究成果はあるのでしょうか?

  • 高3数学の問題が解けません。非常に困っています。

    (1)108の正の約数の個数を求めなさい。 (2)a,b,c,dを自然数とし、a≧cとする。m=2a3b(実際の表記は2の右上に小さなa、3の右上に小さなbです), n=2c3d(左記に同じ)について、m,nの正の約数の個数がそれぞれ80,72で、mとnの正の公約数の個数が45であるという。このときa,b,c,dを求めなさい。 よろしくお願いいたします<(_ _)>

  • 2592の正の約数の個数と、その総和を求めよ.

    2592の正の約数の個数と、その総和を求めよ.

  • 数学Ⅱについて質問です。

    a,b,c,dを自然数とし、a≧cとする。 m=2^a3^b、n=2^c3^dについて、m,nの正の約数の個数がそれぞれ80,72で、mとnの正の公約数の個数が45である。 このときa,b,c,dを求めよ。 分かりやすく教えていただければと思います。

  • なぜ自然数を平方した数の約数の個数が奇数個なのか

    私は高校受験を控えている者です。志望校の過去問に取り組んでいたら、ある数学の問題で「約数の個数が奇数個である数は自然数を平方した数です」と解説されていたのですが、それはなぜでしょうか?私は理由がないものを暗記するのが苦手なので、なぜそうなるのかという理屈が知りたいのですが。