• 締切済み
  • すぐに回答を!

TM-m30にてSSL通信を行った印刷について

TM-m30にてSSL通信を行った印刷を行おうとしています。 プリンタ本体には「*pfx」の証明書ファイルをインストールしました 印刷はWEBサイトから行い、iOSから印刷をするためにiOS端末側にも 証明書ファイルをインストールしようとしました。 しかし、iOSに「*.pfx」ファイルをインストールしようとするとインストールが出来ません。 「*der.crt」のファイルであればインストールできるようなのですが インストールした時にiOSからTM-m30に印刷することは可能でしょうか? 実際にやってみようにも手元に実機がないため確認ができません。 よろしくお願いいたします。 ※OKWAVEより補足:「EPSON社製品」についての質問です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数19
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

https://www.epson.jp/products/receiptprinter/tmm30/ こちらのプリンタですか。 https://download.epson-biz.com/manuals/tm-m30/ja/index.html マニュアルはダウンロード出来ますね。 >実際にやってみようにも手元に実機がないため確認ができません。 当方もそのプリンタを見たことも使ったこともないので詳細はわからないですね… https://www.epson.jp/support/portal/info/tm30ube611.htm に記載のあるメールや電話で直接エプソンのサポートに問い合わせましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • SSL設定について

    現在、Webサイトを作成しているのですが、その際に「https→http」へ遷移させるために、SSLの設定を行っています。環境はWindows 2000です。 下記のサイトを参考に証明書サービスでサーバー証明書を発行しようとするのですが、証明書サービスをインストールする際に『ファイルをコピーできませんでした』となりインストールできませんでした。 しかし、『コピーできませんでした』をキャンセルしていくと何故か分かりませんがインストールできました。 また、「すべてのプログラム」-「認証局」は表示されません。そもそも、「すべてのプログラム」がありません。 また、この方法だと、ファイルを保存できても、「http://localhost/certsrv/」にアクセスできません。 私のやり方がおかしいのかもしれませんが、上手くいきません。 この方法にこだわっていないので、何か他の方法でSSLの設定、証明書の発行が行えるやり方を教えてください。 http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/919selfssl5/selfssl5.html http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/920iiscert5/iiscert5.html

  • SSLのroot証明書(CentOS6)

    iphoneアプリを開発中です。 Push通信を行うためには、.pemファイルというものが必要なことが分かりました。 http://www.digicert.ne.jp/howto/basis/pem-ssl-creation.html 上記のサイトを参考にしようとしたところ、下記の内容を記載し、.pemファイルとして作成するとのこと。 -----BEGIN CERTIFICATE----- 発行されたサーバー証明書ファイルの記述内容 -----END CERTIFICATE----- -----BEGIN CERTIFICATE----- 中間証明書ファイルの記述内容 -----END CERTIFICATE----- -----BEGIN CERTIFICATE----- root 証明書ファイルの記述内容 -----END CERTIFICATE----- 疑問点 当方のサーバーはSSLをインストールしています。 http://newsbit.jp/blog/index.php?itemid=116 上記を参考にSSL設定を行い crtファイル(サーバー証明書)、cstファイル(中間証明書)を作成し、無事SSL接続が出来ています。 しかしながら、今回調べた限り.pemファイルを作るためには「サーバー証明書、中間証明書以外にroot証明書も必要」と記載されています。 このroot証明がどこにあるのかが分かりません。 どうすれば自身のサーバーのroot証明を取得できるのか教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • HTTPS(SSL)の仕組みとセキュリティについて

    SSLの仕組みと,そのセキュリティについての質問です. 現在,HTTPSで利用するSSLの仕組みについて勉強をしています. しかしながら, 自身がSSLの仕組みについて正しく理解できているか分かりません. また,どうしても理解ができない点が何個かあり,質問させて頂く次第になりました. (様々な書籍やwebを拝見したのですが,いづれも腑に落ちませんでした...) そのため,まず大まかに私が理解しているHTTP上のSSLの仕組みを書き,最後に質問を書かせて頂こうかと思います. 長くなりますが宜しくお願い致します. ■主な登場人物 ・認証局  CA秘密鍵  CA証明書(公開鍵?)  CA証明書発行要求  ・証明書  KEYファイル(秘密鍵/公開鍵)  CSRファイル/申請書(issuer側の情報/公開鍵)  CRTファイル/サーバー証明書(CSRを認証局の秘密鍵で捻ったモノ) ■証明書の発行 1-1.証明書を発行したい者がCSRファイルという申請書を作成し,認証局に送ります.    →CSRには登録情報(issuer)やサーバー(証明書を発行したい者)の公開鍵などが含まれます. 1-2.認証局はCSRファイルが適切であれば,署名(subject)し,認証局の秘密鍵でCSRの中の公開鍵のみを暗号化します. 1-3.これがCRTファイルになり,証明書を発行したい者に送り返されます. この時,サーバー(証明書を発行した者)は認証局によって署名されたCRTファイルを持っています. 次にこれを利用したHTTPS通信について書きます. ■HTTPS通信 2-1.クライアントがサーバーに通信要請をします. 2-2.サーバーは証明書(CRT)をクライアントに送ります. 2-3.クライアントは送られてきたCRTが信頼できるか認証局の証明書(公開鍵)を使って検証します.    →CRTに埋め込まれているサーバーの公開鍵は認証局の秘密鍵によって暗号化されているので,これを認証局の公開鍵で複合化します.    →認証局の公開鍵はルート証明書といい,事前にブラウザに組み込まれているものとします. 2-4.クライアントは共通鍵を発行します. 2-5.クライアントはCSRから複合化したサーバーの公開鍵を用い,自身で発行した共通鍵を暗号化してサーバーに送ります 2-6.サーバーは受け取った暗号データを自身の持つ秘密鍵で複合化し,共通鍵を取得します. 2-7.後はこの共通鍵でデータを暗号化し通信します, ■質問 1.オレオレ証明書+認証局の場合でも正常に通信ができるのはなぜか 私の理解だと2-3で,クライアントが認証局の公開鍵を用い,サーバーの証明書からサーバーの公開鍵を複合化し,それを元に共通鍵を暗号化しています. これはクライアントが認証局のルート証明書(公開鍵)を保有しているから複合化できるはずです. オレオレ証明書の場合は,認証局の公開鍵がクライアントにインストールされていません. そのため,サーバーの公開鍵を複合化できず,共通鍵の生成に失敗し,通信できなくなると思います. しかしながら,ブラウザは「署名が不明な接続先です」とのエラーを出すだけで,通信(接続)ができてしまいます. なぜでしょうか. 2.IssuerとSubjectは暗号化されていないのか 私の理解だと1-2の認証局では,サーバーの公開鍵しか暗号化されていません. ということはIssuerとSubjectは暗号化されていないということでしょうか. また,それはなぜでしょうか. 3.IssuerとSubjectは偽装できるか opensshを用いることで認証局を構築することができます. この時に,Subjectの設定をベリサインの認証局と全く同じようにし, 証明書も,ベリサインの認証局を使っているサイトのIssuerと全く同じようにした場合, SubjectとIssuerが全く同じ証明書ができると思います. この場合は,本物の証明書と同様の証明書を複製できてしまうのでしょうか. できないとは思いますが,それはなぜでしょうか. 4.証明書の偽装は可能か ブラウザから証明書の情報を見ることができます.もちろんbyteデータのraw certificateも見ることができます. この情報を丸々コピーし,全く異なるサーバーに証明書として読みこませて通信した場合は, 署名されてしまうのでしょうか. されないとは思いますが,それはなぜでしょうか. (例えば,URL=CN情報が異なっているから確認できるとか..?それならCN情報だけ書き換えてしまえばいい?) 5.証明書の検証をするにはどうしたらよいか 証明書を検証をするには,その証明書を発行した認証局の公開鍵を利用するしかないのでしょうか. 例えば,サーバー証明書(CRT)のフィンガープリントsha1データを事前に保持さえしていれば, サーバーに証明書を示された際にCRTのフィンガープリントを比較すれば,特定のサーバーかどうか検証できるか・・? 6.MITMについて MITM攻撃により,証明書が途中で書きかわることが考えられます. この場合は,書き換わった証明書をどのように特定すればいいのでしょうか. 例えば,認証局のルート証明書がないなどが考えられますが, 仮に,Rapid SSLなどで署名されている証明書でMITM攻撃がされた場合どうなるでしょうか? この場合は,Issuerなどを比較するしかないように考えられます. しかし,Issuerはcsr申請の際にうまいこと,書き換えることができてしまいます. そう考えると,どのような対策ができるでしょうか フィンガープリントなどで比較することになるのでしょうか, フィンガープリントは偽装することができないのでしょうか. 以上となります. 様々な質問を書いてしまい,申し訳ありません 説明不足で乱文だとは思いますが, 分かる範囲でお答え頂けませんでしょうか. 宜しくお願い致します.

  • サーバーのSSL認証設定について

    SSLを設定しようとしているのですが、インストールが上手くいきません。 環境はOpenSSL + Apacheになります。 証明書は発行済でSSL証明書ファイル、中間証明書ファイル、秘密鍵ファイル は既にサーバーに保存しております。 --(example.comは適当です)----------------------- コモンネーム:www.example.com SSLサーバ証明書ファイル名     wwwexamplecom.crt 中間証明書ファイル名         inter.crt 秘密鍵ファイル名         wwwexamplecom.key SSLサーバ証明書の保存先   /etc/httpd/conf/ssl/crt/ 中間証明書の保存先     /etc/httpd/conf/ssl/crt/ 秘密鍵の保存先       /etc/httpd/conf/ssl/key/ ------------------------------------------------ スペル、保存先に間違いはないことは確認しております。 また、ssl.conf設定ファイルはありません。 サーバー amazon ec2 web server Apache ver2.2.16 【httpd.conf 記載の一部】 <VirtualHost ***.**.***.***> ServerAdmin root@**** DocumentRoot /home/aff3_0/public_html ServerName http://www​.example.com ServerAlias example.com ErrorLog logs/error_log CustomLog logs/access_log combined SSLEngine on SSLCertificateFile /etc/httpd/conf/ssl/crt/wwwexamplecom.crt SSLCACertificateFile /etc/httpd/conf/ssl/crt/inter.crt SSLCertificateKeyFile /etc/httpd/conf/ssl/key/wwwexample.key </VirtualHost> 【エラーメッセージ】 Invalid command 'SSLCertificateFile', perhaps misspelled or defined by a module not included in the server configuration この時点で止まっております。 アドバイスを頂けると有難いです。 足りない情報などがあれば追記します。 宜しくお願い致します。

  • apacheのSSLクライアント認証がうまくいきません

    apacheのSSLクライアント認証がうまくいきません apache1.3.41とmod_sslを利用してクライアント認証を実装しようとしているのですが クライアント認証を有効にするとhttps接続時に証明書提示した後に「ページを表示できません」となってしまいます。 手順は以下のサイトを参考に設定したものです http://www.aconus.com/~oyaji/www/apache_linux_ssl.htm 証明書の発行もインストールも特に問題なくできましたが、接続時にクライアント証明書を提示しても「ページを表示できません」と出てしまいます。ssl_engine_logにもerror_logにもそれらしいエラーが見当たらないのでそれ以外のところに原因があるのでしょうか。 httpd.confの一部(デフォルトからSSLの部分を変更した部分だけ)を展開します。 どこか間違いがあればご指摘よろしくおねがいします。 また、この現象の原因が分かる方がいらっしゃればご教授願います。 <VirtualHost _default_:443> DocumentRoot "/home/xxxxx/webIndex" ServerName 192.168.11.2 ServerAdmin xxx@xxxxxxx.xxx DirectoryIndex login.html ErrorLog /usr/local/apache/logs/error_log TransferLog /usr/local/apache/logs/access_log SSLEngine on SSLCertificateFile /usr/local/apache/conf/ssl.crt/servercert.pem SSLCertificateKeyFile /usr/local/apache/conf/ssl.key/serverkey.pem SSLCACertificatePath /usr/local/apache/conf/ssl.crt SSLCACertificateFile /usr/local/apache/conf/ssl.crt/cacert.pem SSLVerifyClient require SSLVerifyDepth 1     ・     ・     ・ </VirtualHost> ちなみにクライアント認証の部分をコメントアウトしてサーバ証明書だけ有効にすると正常に ページにアクセスできますので、クライアント認証の設定の部分に問題があるのみたいなのですが 起動ができるので設定以外のところに問題があるようにも思えます。 #SSLCACertificatePath /usr/local/apache/conf/ssl.crt #SSLCACertificateFile /usr/local/apache/conf/ssl.crt/cacert.pem #SSLVerifyClient require #SSLVerifyDepth 1 以上です 宜しくお願いします。

  • AU端末からのアクセス

    今、とあるWebサイトを立ち上げ運用しております。 今回このWebサイトを携帯端末からもアクセスできるように変更作業を行っております。 本サイトでは第三者認証機関から発行された証明書を利用してSSL通信を行っているのですが、ドコモ、ボーダフォン端末からは正常にSSL通信が行えるのにAUの端末からは証明書不一致というエラーで接続できません。 証明書はGTE Cybertrust Global Rootから発行されているものですし、試験端末にGTEの証明書は登録されています。 原因がわからないので、対応しようにも対応策がわからない状態です。 知恵をお貸し頂けると助かります。 よろしくお願い致します。

  • 【SSL】開発環境なら証明書は作る必要なし?

    借りていたレンタルサーバーが無料でSSL化してくれるとのことで、いろいろと修正してローカルで試しております。 PHPを利用しているのでXAMPPを使って試しているのですが、バーチャルホストなどの設定は終えて、本当に使用しているドメインを使って「https://」のURLでローカルのファイルにアクセスできるようにはなりました。 ただ、証明書の関係でブラウザが警告を出します。 XAMPPを使ってのSSL有効化の方法ということで検索すると、バーチャルホストでローカルにアクセスできるようにした後は証明書を作ってインストールするという手順が必ずあるんですが、この部分は僕のようにサーバに上げる前に試すためにXAMPPを利用してる人間にとっては不要でしょうか? というのも、証明書を入れなくてもブラウザの警告を無視してむりやり表示はできますよね? たぶん、証明書を作るまでしなきゃいけないのはXAMPPを入れたパソコンをそのままサーバとして利用する場合だと思ってるんですがいかがでしょうか? 僕としてはとりあえずローカルでは「https://」のURLできちんと表示されるか、リンクなどが切れていないかなどの確認ができれば良いのですが、開発用の環境でも証明書が必要になることはありますか? ブラウザの警告で1クッション置かれるのは面倒ですが、証明書を作る方が面倒臭そうなもので…。

  • SSLの設定方法

    TM-T88V-iを使用してHTML5によるWebアプリを開発しております。 HTTPS(SSL)のWebサイトから、プリンターに対して直接IPアドレスを指定して印刷させようとしていますが クロスドメインの制約に為、ブラウザに『セキュリティで保護されているコンテンツのみ表示されます』メッセージが表示されてしまいます。EPSONよりプリンターのファームウェアをバージョンアップすればSSL対応しているとの事だったので、バージョンアップしましたが、今度は『セキュリティの警告』メッセージが表示され(サーバー証明書エラー?)どのようにプリンター側を設定すれば良いのか知りたいです。プリンターの環境設定→セキュリティでSSLを有効し、自己署名証明書を作成する(オレオレ証明?)にしましたが・・それだけでは駄目なのでしょうか? ブラウザはIEとChromeにてテストしています。 ※OKWaveより補足:「EPSON社製品」についての質問です。

  • Apacheでhttpd-ssl.confエラー

    当方、windows7 32bitでwwwサーバを組んでいる超初心者です。 apacheは2.2.25、Active Perlは5.16.3.1で OpenSSLは1_0_1です。、 c/apache softoware Foundation c/perl c/openssl 以上の場所にインストールしています。 http://tako.jugem.cc/?eid=719 ここのサイトの説明通りにやりました。但し、openssl.cfg は c/apache softoware Foundation/apache2.2/conf/sslに入れましたが。 上記のサイトで > openssl req -config openssl.cfg -new -out ./ssl.key/server.csr 色々聞かれるので埋める とあり、色々埋めました。 Apacheのhttpd.confの変更、 httpd-ssl.confの変更も行いました。↓ SSLCertificateFile "C:/Apache Software Foundation/Apache2.2/conf/ssl/server.crt" SSLCertificateKeyFile "C:/Apache Software Foundation/Apache2.2/conf/ssl/server.key" と変更しました。 server.crtファイルも server.keyファイルも上記の場所にあるのですが、 これでapacheを起動すると The requested operation has faild! とエラーメッセージが出てしまいます。 httpd-ssl.confを有効にしなければ、apacheは普通に動いてくれます。 何が足りないのか、私には解りません。 考えうるエラーの原因が思い当たったらご教授願います。

  • TM-m30について

    TM-m30のレシートプリンターでWordの文書もしくは、自作した文書を印刷したいのですがどうしたらよいでしょうか。 ※OKWAVEより補足:「EPSON社製品」についての質問です。