• ベストアンサー
  • 困ってます

雨上がりのコンクリート道路の小道上に、かなり長い(

雨上がりのコンクリート道路の小道上に、かなり長い(約15cm)ミミズがずるずると這って進んでいました。 そこで、下記の質問します。 1.ミミズには、オス/メスの区別は有りますか? どうやって識別できますか? 2.平均的な寿命は、どのくらいですか? 3.生物的な系統は、何に属するのですか? 4.進化論的な面で、魚が陸上に上がり両生類へ、更に爬虫類へと進化した際に、ヒレが手足へと変化した、と教えられました。 ミミズは、なぜ足的な部分ができないのでしょうか? この形態が、最終形なのでしょうか? 生物学に詳しい方、教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数39
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ALA15
  • ベストアンサー率100% (1/1)

1.ミミズは雌雄同体です。つまり全てのミミズはオスでもありメスでもあります。 2.寿命は種類によってかなり違うらしく半年程度のものから5年以上生きるものまでいるようです。 3.系統は環形動物です。 4.ミミズは体中にとても小さな爪のようなものが生えていてこれで周囲の土を引っ掛けて前へ進みます。 地中での生活に適応した構造と言えます。 なぜ足的なものができないのかということですが、一つにはミミズの肉体の基本構造が足を作るのに向いてないからと考えられます。 足とは筋肉により硬いフレームをテコの原理で曲げ伸ばしする器官と言えます。そのために足を形成するには筋肉と硬い骨格が必要です。 しかしミミズの肉体は筋肉はありますが骨のない方向性で進化してきた肉体構造です。 進化とは基本的にはこれまで持っていた構造を変化させるのは起こりやすいのですが、これまで持っていない全く新しい構造を生み出すのは起こりにくいため、最初に骨格を持たない方向性で進化してきたミミズには骨格が必要な手足のような構造を作る進化は起きにくいのです。 また、もう一つの理由として、ミミズの生活環境では足の必要性がないこともあげられます。足は主に陸上を歩くことに役に立つ器官ですがミミズは地中に潜って生活しています。 地中では全身が土と接触しているため、足がなくとも上述した全身の爪状組織を周囲の土にひっかけて体を伸び縮みさせれば問題なく移動できるのです。 つまりわざわざ足を作る意味がないのです。 これが最終形かどうかですが、そもそもあらゆる生き物に最終形というものはありません。あらゆる生き物は常に進化し続けるのです。 人間も、ミミズも、犬も猫もそうです。 そしてどのような肉体に変化するかは偶然と環境の影響次第です。 なのでこれから何万年もすればミミズは全然違う姿になっているかもしれませんし、今とほとんど変わっていないかもしれません。 それは環境次第です。 もし環境が変化して足がある方が有利な状況が続けば足ができるかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 人間胎児の発達段階について

    「個体発生は系統発生を繰り返す」と生物の授業で習った覚えがあります。  胎児は、子宮の中で魚類から始まって両生類、爬虫類、哺乳類へと進化して生まれてくるのですよね。  たとえば妊娠何ヶ月ならまだ両生類くらいの段階でエラがある、とか、何ヶ月ならそろそろ肺呼吸だ、とか、そういう目安があったら教えてください。それから、この説が誰のなんという説だったのかも、思い出せないのでよろしければ教えてください。よろしくお願いします。

  • 両生類から爬虫類に進化した、は誤り?

    系統樹を眺めると、両生類から爬虫類に進化したかのような錯覚を覚えますが、はたしてこれは誤った考えなのでしょうか?

  • 動物の事で疑問ですが。

    現生動物で中間型がいないのは何故ですか。動物は皆原生動物から進化してきました。魚類が両生類の様に各々の段階から夫々が進化したのであれば、魚類と両生類、両生類と爬虫類、爬虫類と哺乳類、鳥類と哺乳類などの進化の中間型がいないのは、どうしてでしょうか。人間とチンパンジーの遺伝子の差は僅少のようですが、人間とチンパンジーの中間型は過去には存在したのでしょうか。原人や猿人がそれに当たるのでしょうか。

  • 陰茎を備えるのは哺乳類だけなんでしょうか?

    陰茎を備えるのは哺乳類だけなんでしょうか?鯨や爬虫類、両生類や昆虫などで陰茎を持っている生物はいますか?どんなものがありますか?

  • 痛覚の存在意義は何ですか?また、生物が痛みを感じるようになったのは、ど

    痛覚の存在意義は何ですか?また、生物が痛みを感じるようになったのは、どこの進化過程からでしょうか? 身体が危険な時に、それを持ち主に知らせる役割というのが学術的な説明になるのでしょうか? でも、苦痛以外でそれを教える手段もありそうなのですが・・・ また、痛みは爬虫類や両生類、魚類も感じるものなのですか? 昆虫は感じるのでしょうか?

  • なぜ爬虫類だけが脱皮するのですか?

    トカゲを飼っているのですが先日脱皮をしました。 そこでふと気になったのですが、 魚類、両生類、鳥類、哺乳類と有る訳ですが、何故爬虫類だけが昆虫のように脱皮をするのでしょうか? 学校でならった進化の歴史からすれば両生類辺りでも脱皮をするものがいても良さそうな気がするのですが・・・・

  • 進化論の疑問点

    進化論で行くと 魚→両生類→爬虫類→哺乳類 となると思います。 魚類→爬虫類の進化は、とりあえずカエルを見れば想像できます。 変化も ○ヒレ→手足尻尾 ○心臓2部屋→4部屋 ○えら→肺 と、まぁ頑張れば出来ない事も無いんじゃないの?と言う感じです。 今回疑問なのは爬虫類→哺乳類です。 ココでの変化で気になるのは卵です。(毛もちょっと気になりますが、突然変異もあるかなぁ?) 卵胎生の魚も居ますがあくまでも卵を体内で孵化させただけです。 卵は栄養が殻の中に入っているので、基本的に外界とは関係ありません。 しかし、哺乳類は胎盤→へその緒→赤ちゃんと言う経路で栄養補給しています。 卵胎生の爬虫類から進化したとしてもココでは2つの変化が必要です。 1、卵側の栄養受け入れ方法の変更 2、親側の栄養送り出し方法の新設 突然変異でどちらか一方が変わっただけでは 意味が無いので退化or卵の死 となってしまいますので次世代に受け継げません。 卵に「外界から栄養を補給する能力」が最初からあったと言う事でしょうか? よく分かりません。 よろしくお願いします。

  • 寿命の短い生物は?

     寿命の短い生物はどれくらい短いのでしょうか? 出来れば 哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類、 昆虫・・などこれくらい大雑把なカテゴリーの中で一番寿命の短い生物を教えていただければと思います。 植物でもOKです。

  • 進化論の謎についての疑問

    進化論の謎についての疑問 雑誌Newtonのムックでダーウィン進化論を特集してる号があります 確か去年出た赤い表紙のやつです そこで質問なんですが、58ページに現代の進化論の謎ということで 突然変異がいくら積み重なっても魚類から両生類へのような大進化は説明できない というようなことが書かれています。 ここがよくわかりません。本書後半に載ってある中立説なんかを考えると いきなり魚がカエルになることは考えにくいですが、見た目に現れない突然変異のが遺伝 していき、ある臨界点(勝手に考えました)を期に一気に進化したりとかはないのでしょうか というか、そもそも大進化は小進化を積み重ねではないんですか? 否定されてるんですか?

  • ダーウィンが提言した進化論について調べたいと思っています。それに関する

    ダーウィンが提言した進化論について調べたいと思っています。それに関する本を探していますが私は文系の大学生で生物学など理系の知識は中学生程度かそれ以下です。 そんな私にも理解できるような進化論に関する本を紹介していただけないでしょうか。 進化論について調べようと思ったきっかけは、宗教学において創造説と進化論を比較したときに進化論を詳しく知らなければならないと感じたからです。