• 締切済み
  • 困ってます

スクワットについて

今のところは正常範囲ですが「血糖値」を増やさない、もっと減ら すために5秒かけて膝が爪先より出ないようゆっくり曲げ、床と 平行になったら5秒維持、5秒かけてゆっくりと体を伸ばすスクワ ットを10回、ほとんど毎日1回から2回しています。1週間では 100回以上になります。健康のためにと2か月位続いていますが、 太ももが少し太くなった感じです。 1・・このやり方は正しいですね。欠点があればご指摘ください。 2・・テレビを見て膝を曲げて2秒維持、1日10回を3セットで週に    2回、合計60回だけでも血糖値減少には効果てきめんとの    ことで、初めはこの方法でやっていました。    1と2では2の方がより有効と思いますがどうでしょうか。 3・・スクワットは、回数が大事なのか、毎日やる方が良いのか、    「血糖値を減らすため」のベストな方法を教えてください。 4・・スクワットで筋肉が増えると、血中のブドウ糖が筋肉に入っ    て燃焼・消滅。その結果として血糖値が減るとの認識は    正しいですか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数39
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4

補足の質問・・・筋肉痛は回数が少ないとか、やり方の問題だけとは言えません 毎日やることでオーバートレーニングになってませんか?? 太ももが少し太くなったんですね。 スクワットは週3回までやっても筋肥大、ダイエット、健康維持などの効果があります。 筋トレだけではなく、ストレッチ睡眠入浴家事労働などの休息も必要です。 1.フォームは正しいと思います。足が太くなったのなら効いているかと思います 2.良く噛んで食べたり食べる順番に気を使う先の回答者さんの意見は僕もその通りだと思います 1日10回3セットを週2でもいいと思います どっちが有効?・・・筋肥大させたいなら2が効果的な例もあります。1でも2でもダイエット・代謝上昇・病気予防や改善・筋肥大効果・持久力や免疫力さらに体力アップなどあります。 3.回数も負荷も大事です。毎日やって疲労がひどくなるなら、休んで下さい。 筋トレの日々を作るだけではなく、休む日も作ったほうがいいですよ 4.食生活改善だけではなく、有酸素運動や睡眠や入浴などでカロリーを消費することも大事です。 例えばウォーキング、ジョギング、水泳などが有酸素運動です 筋肉の材料はタンパク質、エネルギーが炭水化物 燃焼や消滅は脂質や糖質がメインで、その後にタンパク質です。 やり過ぎると筋肉が分解されたり骨が減ったりするリスクがあります。 血糖値が減るってのは筋トレだけではありません。食生活も大事ですが、有酸素運動なども大事です。 それから運動する時間帯でもいろいろな影響が出ます。 朝起き抜けにやると目覚めがよくなるとか、1日の活動力が上がるとか 夕方にやると体温が高くて怪我をしにくかったり、ダイエット効果が上がりやすい(ピーク) 寝る前にやると寝付きが悪くなるとかあります。 食前にやると空腹で筋肉が分解されるリスクもあります 食後にやると消化不良になったりします食後30分以上は空けたほうがいいです(食べた物や量などにもよります) 一番いいのは夕方2~6時にやると効果が出やすい 脂肪燃焼、筋肥大、持久力アップなどいろいろ 汗をかくことも大事なんです バランス良く運動と食事、入浴と睡眠をとることも大事だと思います 血中のブドウ糖は筋肉に入るだけではないです、筋肉だけではなく、関節とかにも行き渡ると思います 太くなってさらに太くしたいなら、週2回で3セット 60回と回数を決めずに限界までやるといいでしょう トレーニングだけではなくて、休息や栄養補給も大事です 同じ回数や負荷でやっていると頭打ちが来ますので、回数や負荷を増やすことです それを継続することで筋肉や骨がどんどんどんどん大きくなります (何年もこの方法で継続していると筋肉量が増えすぎることもありますね 僕は太ももが肥大しすぎています 継続の結果が出ています)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細をありがとうございました。 筋肉痛にはなっていませんので回数不足かなと。 わずか25分前後ですが、涼しくなったのでウオーキングも 昨日から再開しました。

関連するQ&A

  • 7秒スクワットについて

    前に腕を出して5秒かけて床と並行になるまで腰を落とし、さらに2秒間 そのまま保持するというスクワットで、血糖値が下がるそうです。 1回につきこれを10回、1日に3回、週2回と思いますが、これで効果があると いうことです。つまりスクワットの合計回数は60回ですね。 試しに10回やったのですが、私にとってはかなりキツイかったです。腰や 背骨が痛くてかなり負担がかかりました。 この解消として、毎日10回X6日で60回になりますが、これでは効果がないの でしょうか。やはり、キツイことをやって初めて効果が出るのでしょうか。 特に体験者の皆さんからご回答いただければ幸いです。

  • スクワットについて

    ほとんど毎日、筋肉が増えるように次の方法でスクワットを やっています。回数が少ないとは思いますが‥‥。 少し膝を曲げた状態から4秒かけて太腿が床と平行になるまで 曲げる。 4秒かけて戻すのを10回。3分位おいてから10回繰り返す。 しかし、以前から膝が痛くなるので困っています。 1・・膝が痛くならない方法があれば教えてください。 2・・そもそも膝を曲げるからスクワットというのでしょうか。    もし、膝を曲げなくても太腿などに筋肉がつくようなものが    あれば教えてください。

  • スクワットの事で

    一昨日から体脂肪を減らす為と下半身強化にに1日スクワット50回、つま先立ち50回、ジョギング(疲れたらウォーキングに切り替える)を30~40分やってます。 そこでスクワットなのですが外側の太ももの筋肉痛は激しいので筋肉使っているなと感じるのですが 腰周り、骨盤周り、内側の太もも付近に殆ど筋肉痛がありません。 ユーチューブでスクワットの正しいやり方を見てやってます。 両足を肩幅くらに広げて お尻を突き出す感じ 椅子に座る感じ 膝を痛める危険があるので足のつま先より前でないように 上記を注意してはいるのですが運動不足だったせいかスクワットやっている時は必死で、 姿勢を維持する事が中々できません。上手く鍛えられているのか良くわかりません。下半身を上げる時に尻餅をする危険がるのでどうしても結構前かがみになってしまいます。今の所は膝自体に痛みはありません。下半身を持ち上げる時は膝付近少し負担を感じます。 やはり私は間違った姿勢でスクワットをしているのでしょうか? 何か簡単に姿勢を維持できる方法があれば教えて頂けると幸いです。

  • 回答No.3

>スクワットを始めてから太ももの筋肉痛などにはならなか ったと思いますが、回数が少ないからなのか、やり方が 悪くて筋肉のために有効になっていないのかどうでしょ うか。 回数が少ないからでしょうね。単なる運動不足解消であればそれでいいですが、少なくとも脚力向上のためのトレーニングであれば最低その3倍以上、日に5回以上はやらなければ駄目でしょう。トレーニングであれば少し体にきついぐらいがちょうどいい。それ以上だと足にトラブルが起きますが。 やり方は悪くありません。と言うか教科書に書いてあるスクワットの見本です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度ありがとうございました。 現行の方法と、もっと早く動いて回数を増やす方法を スクワットをやるごとに変えるか、日にちごとに変えて みます。

  • 回答No.2

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

サイトをありがとうございました。

  • 回答No.1

1.正しいです。脚力強化のスクワットとしては。 2.スクワットが血糖値を下げるための運動として「最適かどうか」は定かではありません。やらないよりやった方がまし程度ではないか。血糖を下げる的確な方法は食べ過ぎないないことです。生活習慣としてはよく噛んで食べる、糖分のない野菜を先に食べ、カロリー源である炭水化物のパンやご飯はその後に食べる。食後血糖値を下げるにはその方がスクワットよりは確実です。 3.スクワットとしては回数も習慣化も両方大事です。ゆっくりしたスクワットは登山などのための脚力強化には効果的ですが、カロリー消費が少ない。血糖値を下げるのが目的なら、ゆっくりでない普通のスクワットを50回、それを日に3回以上やる方がいいでしょう。登山が趣味の私はそうしています。 4.理屈としては正しいですが、血糖値を下げるためには、やはり食生活改善の方がはるかに効果的で大事でしょう。糖尿病予防の基本は基本はカロリーを取り過ぎないことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細をありがとうございました。 食事は以前よりそのようにしています。 やはり食事の摂り方が優先しますね。カロリーや糖質 減少には、少しの運動ではほとんど役に立たないのも 知っています。 それにしても、登山のためとはいえすごいスクワットの 量ですね。やはり普通にしていては登れないのですね。 テレビで見ていて時々映る、重い荷物を担いで登る登山 者には本当に感心しています。

質問者からの補足

スクワットを始めてから太ももの筋肉痛などにはならなか ったと思いますが、回数が少ないからなのか、やり方が 悪くて筋肉のために有効になっていないのかどうでしょ うか。

関連するQ&A

  • スクワットで腰痛が起こりますか

    膝曲げ、そのまま保持、立ち上がるのにそれぞれ5秒づつかける スクワットを一度に10回づつ、ほぼ毎日二度で合計20回しています。 最近、スクワットをすると腰痛が起こる気がしますが、やり方に 問題があるのでしょうか。腕は前に突き出して上半身はやや前に 傾いています。もし、スクワットが原因ならどういう風にやると 腰痛が起きやすいですか。

  • スクワットを行っても筋肉痛が起こらないです

    現在5キロのダンベルを両手で抱えて10×3のスクワットを週2回行ってます。しかし今までに足に筋肉痛が全く起こっていません。以前それぞれの手に持って行ったことがあるのですが、左腕がなぜか痛くなってしまい途中でダンベルをもてなくなってしまうので行っていません。足に筋肉痛が起こらないということは今のスクワットでは適切な負荷がかかっていないのでしょうか。1セット目の後半あたりで足が震えだし、3セット目の最後の辺りでは上げるのが精一杯になっています。

  • 自重トレーニング スクワット 毎日

    最近自重トレーニングを始めました スクワットは前回相当追い込んだので、その後4日間ほどは筋肉痛がきつかったです ですが、下記のサイトには筋肉痛にならないようなら毎日行っていいと書かれています ですので、例えば1日ゆっくり10回×3セットやってみて、翌日筋肉痛が出なければ(あるいは筋肉痛が出てもごくわずかなど)それを毎日行った方が効果的でしょうか? https://minari-media.jp/articles/716 ダイエットのために毎日スクワットを行っても大丈夫? ダイエット目的ではなく筋肥大を目的とした筋トレの場合、負荷によって傷ついた筋肉を修復・回復させるために通常2~3日に1回の間隔で行うことが良いとされています。 行うことで様々な効果を得ることができるスクワットですが、ダイエットのために毎日やっても効果はある・・・体に支障は出ないのでしょうか? 筋肉痛にならない負荷なら男女共に”毎日スクワットは行っても良い” スクワットには基本形のものからダンベルやバーベルを使用したものまで様々な方法があります。その中でも基本形のスクワットを行い、”筋肉痛にならないようなら毎日の頻度で行っても良い”でしょう。 しかし、運動習慣がなく基本形のスクワットで太ももが痛くなってしまう方や、強度の高いスクワットを行うことで筋肉痛になる場合は2~3日に1回の間隔で行ってください。 筋肉痛になった後も無理して行うと、負荷によって筋肉の筋についた傷が治らないままになってしまいます。筋肉についた傷が治らないままでは筋肉の成長も促されませんし、筋肉に悪影響を及ぼすだけです。

  • 食べた物は、何時間後に血糖値を上げるのか?

    食べた物は、何時間後に血糖値を上げるのか?  食事をしたり、ケーキを食べたりした後、それがブドウ糖などに変化して血液中に現れるのは、何時間くらい後になるのでしょうか。  血糖値が維持できないと、元気がでないといわれます。朝食の必要性が言われていますが、朝、食べた物は、午前中に血糖値をあげるのかどうかが知りたいのです。  コーヒーに砂糖を入れて飲むと、すぐに元気が出てきます。これはすぐに糖が血液に入っていくのでしょうか。私はコーヒーに砂糖を入れると元気が出てくるのに、なんで、砂糖を入れない人がいるのか、分かりません。砂糖を入れると何が悪いのでしょうか。教えてください。

  • 短時間での血糖値の下げ方

    ブドウ糖負荷試験を受けます。 生活には気をつけているのですが、体調により毎度ギリギリのところでアウトになったりセーフになったりしていて億劫です。数値で言えば一桁の差です。 ブドウ糖を飲んだ後に、体を動かせば(筋肉を使えば)血糖値はちょびっとでも下がるのでしょうか?

  • 筋トレについて

    腹筋、腕立て、背筋、スクワットは毎日して効果ありますか?^^ 今、60回から初めて、毎日10回ずつ増やしてます^^ 後 お尻ゃ太ももの筋肉を鍛えるにはやはりスクワットがいいですか? お願いします><

  • 腹筋やスクワットの自重トレについて

    自重トレーニングを愛好しています。 腹筋やスクワット運動の動作の速さと、効果についての質問です。 腹筋やスクワットって反復動作のなかに小休止(筋肉の緊張を緩めた状態)を入れるポイントがありますよね? 腹筋なら上体を起こしきった状態、または寝かした状態で、スクワットなら膝を伸ばしきって立った状態から次に膝を曲げる動作に入るまでの間、というように。(スロトレのように小休止を入れないフォームで行う方法もあるとは思いますが) このポイントで小休止(気持ち1秒弱)を入れるか入れないかでトレーニングのきつさが全然変わってきます。腹筋なら小休止を全く入れないで速いペースで行うと60回くらいで限界に達しますが、小休止を入れる遅いペースだと少し楽になって300回以上できます。スクワットも同じような感じです。 そこで・・・、 (1) 動作に小休止を入れながら遅いペースで多回数(数百回)を行うトレーニング法 (2) 小休止を入れず速いペースで低・中回数で限界まで追い込むトレーニング法 筋トレ効果に両者でどういった違いが出るでしょうか? また、一般にはどちらのトレーニング法の方が良いでしょうか? 特に、自重トレーニングが好きで何百回でもできる、と言う方、どうされていますか? 個人的には、(1)で長時間だらだらとやるより、(2)で短時間で追い込む方が、効いている実感があって好きなのですが。

  • 体重を増やしたい!見せ筋をつけたい!

    タイトルの通りです 一応基本的な筋トレの知識はあるつもりです・・・・・・タブん 見せ筋をつけて体重を増やしたいです そのために以下のメニューをやっています ダンベル10回を3セット 次の日→腹筋10回を3セット 次の日→スクワット10回を3セット 次の日→腕立て10回を3セット 次の日→休み 次の日→休み 最初に戻る (本当はもう少しいろいろやってますが割愛) 10回はもう器具が持てないってくらい限界まで筋肉を傷めつけます、それを3セット セット間インターバルは2,3分です 最初はひどい筋肉痛が襲います それから超回復のために4日間休ませるのです 筋肉痛が完全になくなるのは3日目くらいです 5日後にまた最初に戻ってメニューをこなすんですが 初日よりもぜんっぜん筋肉痛がこない! 筋肉痛がないということはつかないですよね・・・・筋肉 なにか改善した方がいい点やあったメニューなど、ぜひ教えてください!!

  • 糖尿病の医療費

    現在、糖尿病の治療で、約2ヶ月に一度、総合病院に通院しています。 その際、血糖値の測定に必要なセンサーと、採血のための針及びアルコール綿は、院内処方となっており、インスリンと、インスリンを注射するための針は院外処方となっています。 診療明細書をみると、 血糖自己測定器加算(1型糖尿病以外・60回以上)……860点 というのが、2回計上されています。 教えていただきたいのは、次の3点です。 (1) 2回計上されているのは、「二ヶ月分」と理解して良いのでしょうか? (2) 「60回以上」というのは、何段階かの区分の一つだと思うのですが、どのような区分になっているのでしょうか? (3) 「860点」という点数は、支給される血糖値の測定に必要なセンサーと、採血のための針の数の多少の増減には関係なく、……常識的には、「60回以上」ということで、血糖値の測定に必要なセンサーと、採血のための針及びアルコール綿はおおむね必要量は一定ですが、例えば、前回分が多少余って、センサーなどが少なくてすむ場合など……であっても「1型糖尿病以外・60回以上」という区分で、一定(860点)ということでしょうか?医療費が安くなることはないのですか?

  • 筋トレして、これ以上鍛えたくなった時はどうすればいいですか。

    例えば、10回×3セット、週に2回をしているとします。 自重なので負荷は変えられません。 現状を維持するには  回数を減らす、セット数を減らす、週に1回にする、  または、現状のまま続けるなど、どうしていけばよいですか? また、鍛えすぎたので、少し筋肉を落としたい場合の回数変更はどうしたらよいですか? よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう