• 締切済み
  • 困ってます

家計の見直しについて

アラフォーバツイチ子なし女性です。 先日FPの方に将来のお金の相談をしたのですが、一応iDeCoや個人年金など将来へ向けてお金の増やしていく計画は見えてきたのですが、FP相談のもう一つの目的であった、そのためには毎月何をいくら以内で生活するなどの、家計の予算設定を見直すという部分はざっくりで終わってしまい、正直そのお金を月々ちゃんと払っていけるのかと不安が残ったままです。 なので今もう一度自分で生活費の予算を見直しています。 色々と細かく書き出してみると結構掛かってしまっているなと思います。 特に美容費が・・。 今の家計はざっくりこんな感じです。 収入は手取りで約¥31,6000 家賃 ¥99,000(都内/光熱費・インターネット代込み) 通信費 ¥9,500(携帯) 食費 ¥39,000(3食自炊) 日用品 ¥20,000 医療費 ¥13,000 保険 ¥26,000(医療保険と積立の医療保険) 美容費 ¥32,000 交際費 ¥10,000 交通費 ¥5,000 習い事 ¥12,000 ーーーーーーー 合計 ¥265,500 残金 ¥50,500 これに毎月iDeCo¥23,000と個人年金¥10,000を始めようとしています。 そうすると残金は¥17,500だけになります。 積み立てているとはいえ現金でこれしか月々貯金できないって危険ですよね? (現在の現金の貯金額は650万くらい) あまりギリギリ過ぎると何か急な出費もあるでしょうし不安が残ります。 iDeCoだけにして個人年金は余裕ができてからとも思うのですが、今後も収入は増えそうもありません。 そちらは先日も少し別で質問をさせていただきまして、担当のFPさんにも聞いてみたのですが、FPの方はそれだったらiDeCoの金額を下げて個人年金と二つにした方がいいと思うと言っています。 個人年金は外貨なので分散した方がいいとのことです。ただ個人年金はそのFPさんの会社で申し込みをするのですがiDeCoは違うのでそういう関係もあるのかもしれません。(無料相談なので個人年金に入らないとFPさんにメリットがないと思います) 引っ越しもあり日用品が結構かかっていたのですが、落ち着いてきたので1万くらいにできそうかとは思います。 保険関係は見直したところで、やめるのは難しいという結論になり継続します。 習い事はコロナでしばらくお休みしているのですが、これを見たらやめた方がいいのかなと思ってきました。 日用品と習い事で¥22,000がなくなると残金がようやく¥39,500。。。 美容費が結構かさんでいると思うのですが、化粧品や美容院など毎月かかる訳ではないので、イマイチ月にどれくらいか出ていなかったので、かなり細かなものまでリストアップして月当たりの金額を割り出すと結構な額でした。 今はコロナでほとんど友達とかにも会っていなくて、3食自炊なので、コロナも落ち着いてきてもう少し活発になれば、外食や交際費も掛かってしまう気もします。(食費は毎朝のスムージーの材料やプロテインなども入っているのと、かなり物価の高いエリアです) これでいくと洋服なども計算に入っていません。(交際費がお小遣いになるのでその範囲で買う) 積立の他に現金として最低限どのくらいは月々貯金した方がいいでしょうか? 家計に対するアドバイスなどいただけますとうれしいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数144
  • ありがとう数5

専門家の回答 ( 2 )

回答No.4

コメント、拝読しました。 現金が毎月2万弱しか残らない、とおっしゃっていますが、 すでに、貯蓄が約650万円はおありだと伺っております。 まずは、今までにそこまで貯めてこられたというご自分の ことを褒めてあげて下さい。 今のスタートが、まったく預貯金がないところからのスタートで 毎月2万弱の残りだというのであれば、不安かもしれませんが、 すでに650万円くらいをお持ちの上で、そこに、毎月分が 上乗せされていく、というようなイメージで、ぜひ「ない」という 発想から、「ある」という発想に切り替えて頂けると、より 前向きに考えて頂けるのではないかな、と私は感じます。 まったく、残らないという方もいらっしゃる中で、必要な支出を 洗い出した上で、積立と現金合わせて、約5万円ストックできる というのは、素晴らしいと私は感じます。 ぜひ、ご自身に自信を持って頂ければと思います! イデコの利回りに関してですが、どういう配分にするかによって 変わりますので、4%での想定もありだとは思います。 あまり高い利回りで楽観的に想定しすぎてもと思い、2%として 先日はお伝えしましたが、4%でも現実味はあると思います。 以上、再度ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もお付き合いいただきましてありがとうございます! 多の貯金があるので、そこまで現金がないと考えなくてもいいのかもしれませんね。 あまり切り詰めてしまっても大変ですし、とりあえずiDeCoをスタートさせてみて、個人年金は一旦保留にして様子を見ながら今後他の方法も含めて検討してみたいと思っています。 iDeCoについても教えていただきありがとうございます。

齋藤 岳志 プロフィール

OKWAVE Professionalをご利用の皆様はじめまして 不動産ファイナンシャルプランナーの齋藤岳志(さいとうたけし)と申します。 このたびは、当プロフィールをご覧いただきありがとうござい...

もっと見る

お問い合わせ

所在地:
神奈川県
各種お問い合わせ先
Webサイト
お問い合わせについて困ったら

関連するQ&A

  • 一人暮らしの家計

    30代前半で一人暮らしです。 家計診断お願いします。 収入 手取り24万(ボーナスなし) 支出  住居費 50000  水道光熱費 15000  食費 20000  保険 10000  個人年金 5000  通信費 10000  交際費 20000  車両費 20000  娯楽費 10000  美容費 5000  被服費 5000  日用品 5000  雑費(医療費含む) 5000  仕送り 20000  貯蓄 40000 車両費は仕事で自家用車を使うため、これくらい掛かります。 家計のやりくりは適切でしょうか?  

  • 家計について

    お世話になります。 月々の収支がギリギリですので、何処をきりつめようか悩んでいます。 ご意見お聞かせください。 ご参考 家族構成 3人 夫婦+子供1人(2才) 手取り収入 月平均27万 住宅ローン 9万 食費 6万 外食 1万5千 生命、医療保険 2万 個人年金 1万5千 学資保険 1万3千 水道、光熱費 2万2千 ケータイ 1万2千 日用品 1万5千 宜しくお願い致します。

  • 生命保険の個人年金とイデコ

    生命保険の個人年金とイデコ 今生命保険の個人年金に入って月5,000円を積み立て?ているのですが 調べてみるとイデコというものの存在を知りました 生命保険だと新契約だと20,000円以上だと 年末調整で生命保険料控除は全額は受けられないのに イデコだと小規模企業共済等掛金控除として 全額控除を受けられます 戻ってくるお金がどれくらいちがうかはまだ計算してないのですが(イデコで商品によっては元本割れのリスクもあることはわかります) これだと、明らかに生命保険の年金よりイデコが優れていると思うのですが 何か生命保険の年金の方が優っている点はありますか?

回答No.1

再度となってしまい恐縮ですが、タイミング良くご質問を 拝読しまして、回答させて頂きました。 ご自身の中で、大枠という形でも、支出の内訳を把握される ということは大切だと思います。 書き出されたことも、現状把握という点ですごく良いことだと 感じます。 1つの参考意見として、お読み頂ければと思います。 収入の内、どのくらいを積立や貯蓄に回すかに関してですが、 私は、収入の内、10~20%を目安に、無理ない範囲で継続する ということを、おすすめしています。 その面から言うと、316,000円に対して、約50,000円積立や貯蓄に 回せるということであれば、約15%なので、不安に感じられることは ないのでは?と感じます。 表を拝見して感じたのは、いろいろな支出の合計の残金で積立や 貯蓄をしようという流れになっている点です。 お金の貯まる家計にする考え方のヒントとしては、 例えばですが、 手取 316,000円 積立・貯蓄(約15%) 50,000円 残金 266,000円 として頂いて、先にいくら(どのくらいの割合)を 貯蓄や積立に回すかを書いて、それを差し引いた残金で 生活費をやりくりする、というようにすると、不安や ストレスを感じにくくなる、と思います。 生活費などの予備費的なものは、絶対的な基準はありませんが、 おおよそ3~6ヶ月分くらいがあれば、クリアだと考えます。 その点から言えば、すでにそれ以上の貯蓄をお持ちで いらっしゃるので、毎月50,000円を積立や貯蓄に回すことで、 年60万円は確保でき、20年位の長期で考えれば、1,200万円は 元本分として貯められるので、良い流れで進められるのでは ないか、と感じます。 付加コメントとしてさせて頂くと、イデコに関して、毎月 23,000円、年にして276,000円とした場合、仮に20年積立てた としたらで5,520,000円払うことになります。 23,000円をどのような配分にするかにもよりますが、2%の 運用益は、比較的固く見込めると私は感じています。 (毎年の所得税などの節税効果抜きで) その場合、元本分の5,520,000円が、20年後どのくらいに なっていると思いますか?おおよそですが、約670万円です。 支出は、自分の楽しみなどを制限しすぎることなく、 もし抑えられそうと感じる部分があれば、削られれば良いのでは ないか、と思います。 最初に、50,000円の積立と貯蓄をされているのであれば、 残金は、生活費と自分の楽しみに使って頂いて問題ないのでは、 と私は感じます。  以上、ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今回もご回答ありがとうございます。 大変ありがたいです。 残ったお金でやりくりするという感じで考えたいと思うのですが、今の状態だと特別な買い物をしないで普通に暮らすだけの状態でその金額なので、何か毎月決まってかかるお金を減らさないとかなりギリギリに感じています。 収入に対して積立/貯蓄が10~20%が目安なのですね。 その中で現金として貯金した方がいい金額の目安とかはあるのでしょうか? 現金がひと月に2万弱しか残らないとなると、大丈夫なのだろうか?と少し不安を感じました。 安定した職種ではないので、今のところ収入に変化はないですが、今後は上下することもあるかもしれません。 iDeCoに関してもありがとうございます。 今回のFPさんとのお話では65歳まで23年間支払い予定で4%で想定されていました。 楽観的過ぎますか? 保険の方はオリックスのRISEという保険なのですが、払込保険について聞いてみたところ80%程になってしまうようで、そのまま続けることにしました。 そちらは60歳まで550万くらい支払って、65歳で受け取ると650万くらいです。

齋藤 岳志 プロフィール

OKWAVE Professionalをご利用の皆様はじめまして 不動産ファイナンシャルプランナーの齋藤岳志(さいとうたけし)と申します。 このたびは、当プロフィールをご覧いただきありがとうござい...

もっと見る

お問い合わせ

所在地:
神奈川県
各種お問い合わせ先
Webサイト
お問い合わせについて困ったら

関連するQ&A

  • 家計の見直しをしたいので診断お願いします。

    会社員の夫43歳・・・・・収入平均23万 パート妻38歳・・・・・収入平均10万5000円 の収入があります。 家計の内訳は 住宅ローン・・・・3万5千円(毎月親に返済) 生命保険夫・・・・11804円 生命保険妻・・・・9178円 火災地震保険・・・5960円 車保険2台分・・・・9850円 個人年金夫・・・・1万円 個人年金妻・・・・1万円 個人年金妻・・・・3万円 信金積立・・・・・3万円 住宅修繕積立・・・1万円 電気代3月分・・・6934円 ガス代3月分・・・・7185円 水道代3月分・・・・3990円 携帯代3月分・・・・4783円(2台分) 新聞代・・・・2900円 インターネットケーブル光電話など・・・9千円 と主に出る出費となっております。 その残りで生活費と医療費となっております。 食費3万 夫小遣い2万 ガソリン代1万 日用品5千円 ペット費5千円 自分には持病の病気があり、子供を授かる事は有りませんが1月入院して以来医療費が、物凄くかかるようになりました。 新しい注射を2週間に1度打つのですが、注射のみで5千円かかります。 しかも検査薬注射となると、1万円は軽くかかります。(社会保険3割使ってその価格です) かなりの出費で頭を悩ませています。 しかも車で2時間ちょいかかる所の病院なので車は1台には出来ません。 新年早々入院した時2泊3日で8万円支払ったのですが、今後新年と同じような事が有ると入院もあり得ると言われました。 その出費が出たら家計は、パンクしてしまいそうですしどのように貯めて行くのが、一番いいのかと思っています。 薬の影響か分かりませんが、肝機能も引っかかっており、その数字によってはそちらでの入院も起こりえてきます。 先天性難聴も患っており、そちらの聴力も悪化によれば補聴器を使うように言われております。 個人年金3万円は、将来働けなくなった時の医療費確保の為貯め始めました。 計画停電エリアの為しばらくはパートの収入も安定しそうにありません。 アンテナだと写りに影響が出る為、インターネット加入と同時ケーブルにしました。 どのようにしたらいいのでしょうか?

  • 家計診断?お願いします

    家計診断?お願いします 家賃 5万2千 電気 約5千 水道 約1万 ガス 1万5千~2万 携帯2台 2万~2万5千 (私は毎月1万以下であとは旦那です) 食費 4万 (日曜は必ず外食です) 旦那の小遣い 3万~4万 (2万は趣味に使いあとは交際費や仕事やガソリンに) 日用品 1万 子供(8ヶ月) 4万 (ミルク、おむつ、衣類、おもちゃ、日用品) そして自分には1万です。 美容関係に使い、残ったら子供に使うか翌月に。 煙草(2人分) 1万5千~2万 保険や旦那の年金など↑に書いてある以外の支払いはありません。 義理の両親が支払ってくれています。 ちなみに車の運転は旦那しかしません。 ↑とは別に子供には毎月1万貯めてます。(2月から) 旦那の収入は月に25万~30万。 残った分は貯金ではなく翌月にまわしてます。 この先これじゃあいけないですか? 私は特に何も思わず普通に生活してこんな感じです。 でもママ友にだめな主婦になるよ。節約した方がいいと言われ不安になりました。 回答お願いします

  • 生命保険の見直しを考えてます!!

    現在加入の保険は「某大手S生命」の終身保険で月掛け金が約1万円。 保障内容は10年程前に契約しものなので死亡した場合の受取額は高額なものの 入院給付金などは充実してません。先日見直しを保険外交のおばさまに勧められたのですが掛け金は1万2千円程ですみます。しかし私は個人年金にも加入しており あわせると月2万近くになります。今の私の家計では2万という金額は苦しく 個人年金を解約して保険を充実させるか、もしくは両方解約し、もっと割安の 外資系の保険に加入しようかと悩んでます。 昔からある「大手」生命保険会社のメリット・デメリット、外資系のメリット デメリットご意見お聞かせください。 また個人年金のメリット・デメリットもお願いします。 個人年金だけでも解約しようかと思ってます(現在)

  • 個人年金

    個人年金に入りたいのですが、どこがおすすめですか? 夫婦で入りたく、41歳、月に1万から2万(1人)を考えてます。 イデコが良いのか、JAや保険会社のが良いのか… 迷っています。

  • 家計簿について

    皆様、家計簿をつけていたりしますか? もしもつけているならば、大まかでいいので内訳を教えてください。 一人暮らし、家族ありなどもお願いします。。 【収入】 給与 株、配当収入 その他 【支出】 食費 家賃 交際費 水道ガス光熱費 ネット代 日用品、家具など 医療費 保険費 車費 図書、教育品 その他

  • iDeCoと個人年金と積立型の保険

    小さい会社に勤めていて退職金などもなく、このままいくと老後資金に不安があり、最近FPさんに老後資金についての相談をしています。 現在42歳のバツイチ女性子供なしの女性です。 37歳の時に医療保険と一緒に積立型の生命保険に加入しました。 60歳の時に580万くらいになるというもので、毎月20,150円支払いがあります。 その他にiDeCoと個人年金を勧められて加入した方がいいかなと思っています。 iDeCoは毎月23,000円、個人年金は10,000円(米ドルで)と思っています。 こういった制度にもあまり詳しくなく、FPさんの話を聞くとやった方がいいかなと思ってしまいます。 なので他の方のご意見も聞けたらと思い、こちらに投稿させていただきました。 何かデメリットや気になる点、気をつけるべき点などありますでしょうか?

  • 独身30代半ば女の家計を見て、感想お聞かせ下さい

    月収(手取り)180000 ・貯金50000 ・個人年金35000(死亡・重度障害の補償をかねたもの) ・医療保険1000 ・家賃35500 ・水道光熱費7000 ・携帯4000 ・自宅電話インターネット6000 ・食費25000 ・習い事5000 ・雑費(美容費含む)10000 車は所持しておりません。通勤は徒歩です。 周りの同年代はほぼ結婚しており、独身30代半ばとしてどうなのか気になりました。 生涯独身を通すつもりで、現在の貯金総額は抜きにして(必要であれば、仮定して頂いて構いません)こちらの家計を見て、感想お聞かせ頂けますか。 貯金or個人年金はもっと増やしたほうが…とか、医療保険はもっと高いものがいいなど… 宜しくお願い致します。

  • 家計診断お願いします。

    医療費が、この先かさみそうなのでお願いします。 夫43歳会社員・・・・手取り25万残業が多い月32万です。 妻39歳パート・・・・手取り10万 住宅ローン・・・・3万5千円(利息なしで元金のみ親に返済) 食費・・・・3万円 水道・・・・上下水道で月4980円 電気・・・・12月8500円 ガス・・・・12月6890円 携帯代2台分・・・4771円 インターネットケーブル光電話・・・11000円 生命保険夫・・・11804円 生命保険妻・・・9178円 個人年金60歳満期夫・・・・1万円 個人年金60歳満期妻・・・・1万円 個人年金50歳満期妻・・・・3万円 自動車保険2台分・・・・10800円 火災地震保険・・・・5960円 日用品・・・・5千円 ペット費・・・5千円 夫小遣い・・・・2万円 妻小遣い・・・・なし 信金積立(3年)・・・・3万円 住宅修繕積立・・・・1万円 ガソリン2台分・・・・1万円 妻持病の医療費月・・・・3万円 ウオーターサーパー月7千円 となっております。 私(妻)には持病の病気があり、医療費は3万円今月よりかかります。 その他生命保険は解約しても入る事すらできなくなり、今月も新年早々入院した事を考えると、そのまま続けて置きたいと考えています。過去4回使っています。1泊から出るタイプです。今回の2日入院で8万ちょいかかりました。 その為たびたび急な出費もあり貯蓄しても中々貯まらない為額の大きな個人年金に1つ加入しております。 持病の病気の為子供授かる事はありません! ただ今月から始める治療が週2回2時間かかる所まで通い一カ月3万円かかります。 ただ注射療法で頑張って少しでも進行を抑えたいと思います。 マックスデの治療になりますと、4万8千円かかってきます。 その事を踏まえて、尚且つ今後入院になった時を考え家計をどのように見直したらいいのでしょうか?

  • 家計簿の項目(化粧品について)

    家計簿をつけている方にお聞きしたいのですが、 化粧品を記載する時にいつも悩みます。 うちでは美容費として、理美容室代や化粧品をつけているんですが、 では、ワックス(整髪)子供や自分の日焼け止め、洗顔料、主人のひげそりフォームや、 刃先の替えなどは?と悩んでしまいます。 一応、日用品費かな?と思ってるんですが、どうも振り分けに毎回悩みます。 いっそ、化粧品項目を止め、全部日用品費に入れてしまおうかとも思ったのですが、 少々お値段が高めなので、日用品に入れるのはなぁ・・と考えてます。 そこで皆さんはどのようにしてるのかな?と疑問に思い、 質問させて頂きました。 宜しくお願いします。

  • 夫婦で保険の見直しをお願いします。

    今FPにも相談していますが、 色々な意見をお聞きしたいのでご意見ください。 【私】 ・31歳 ・子供なし (子供ができたら育児期間(4年くらい?)は専業主婦をして、  それ以降はまた働きたいと思っています。) ・フリーランスで年収350万円 ・社会保険…国民健康保険、国民年金 ・個人年金…30歳のとき「アフラック確定年金(10年)」に加入。       掛け金月1万。 【旦那さん】 ・36歳 ・会社員 ・年収550万円 ・家賃9万5千円 ・社会保険…厚生年金、健康保険 ・個人年金…なし。現在検討中。 FPに相談したところ、下記のものに変更を勧められました。 【私】 ・終身保険(掛け金月1万) ・医療保険(掛け捨て月4000円くらいのもの) 【旦那さん】 ・終身保険(掛け金月2万5千円) ・医療保険(掛け捨て4000円くらいのもの) これだと、2人合わせて4万3千円と、高く感じます。 (しかも社会保険は別で払いますし) 私としては、この経済状況で可能な限り手厚くしたいとは 思っているのですが、この金額では貯金ができるか不安です。 みなさんどう思いますか? また、掛け金が安く保障が厚い 国民共済に興味があるのですが、 FPの方に国民共済は60歳以降は保障が一気に薄くなるので、 やはり医療保険に入るべきと言われました。 ・医療保険+国民共済 ・老後もしっかりカバーしたガッチリ医療保険1本 だと、どちらがオススメですか? また、高額医療の場合は月9万円までの 支払いですむと思うのですが、 それでも医療保険に入らなくてはいけない理由は どこにあるのでしょうか?(9万円をさらに安くするため?) ご教授お願いします。