• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

公共の福祉、という言葉。

憲法の中に出てくる言葉。今ひとつよくわからないのですが、ご存知の方がおられれば、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数53
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • sutorama
  • ベストアンサー率34% (1110/3204)

基本的人権は自分ひとりだけのものではないので、国民は、他人の権利を侵害するような権利の使い方してはいけません 国民には、社会全体がよくなる(=公共の福祉)ように、権利を利用する責任があります つまり、ひとりよがりで権利を主張するのは大間違いで、社会全体がよくなることを考えることが、公共の福祉という意味です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても丁寧なご説明をありがとうございました。かなりすっきりしました。もう一度、憲法にあてはめながら理解したいと思います。

関連するQ&A

  • 公共の福祉と個人の尊重

    公共の福祉と個人の尊重はどのような関わりがあるのですか? 一見、相反するもののように思いますが、日本国憲法にはこの二つの言葉が出てきます。 二つとも互いにに干渉せず独立したものなんですか?

  • 公共の福祉について

    大学で教職を学んでいて憲法をやっているのですが法学部ではないので単語がよくわかりません・・  今経済的自由権についてやっているのですが22条で13条に出てくる公共の福祉を再確認していて経済的自由の行き過ぎを抑止していると言うところまではわかりました。 教科書などで公共の福祉を調べると 外在的制約説で公共的福祉を人権の外にあって人権を一般的に制限する原理と捉えるということなんですが。。。。 もう少し噛み砕いていただける方いらっしゃりませんか?

  • 公共の福祉

    ふと思ったのですが、憲法に定められている『公共の福祉』という文言。 12条・13条・22条・29条に定められていますが、疑問があります。 公共の福祉とは、人権と人権の衝突の利害調整とするならば、 例えば、表現の自由とプライバシーの権利がぶつかったとします。 当然、プライバシーの権利を主張する側は、自分にとって不愉快であり 他の人に見せたくない。またはそれなりの思いがありますし、 出版社側もせっかく撮ったのだから乗せたいし出版差し止めを阻止しようと思います。 そこで、憲法で定められている表現の自由の出番なのですが、 公共の福祉が人権と人権の利害調整で、この場合、読む側の他人の人権と原告側の人権では他人の人権が勝ちます。 つまり、原告側は敗訴ですね。こういう風に習ったのですが、 でも、原告側の人権も無視できないものあるのに、他人の人権も大事と言っていては、 表現の自由という大義名分の下、権利の濫用につながるのではないしょうか? もっとプライバシーの権利も広く認めるべきじゃないかと思います。 納得できません。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • stss08n
  • ベストアンサー率16% (448/2738)

言葉の通りで、広く公共的な人間関係に供する、国民全体への万民共有共通何なんでしょう、それだけでしょう。 別に投稿者様”お一人様が、今一つご理解されるとか、されない等は、全然関係のないもの・・・でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。言葉通り、ですね。素直に理解することにします。

  • 回答No.1
  • maiko04
  • ベストアンサー率17% (337/1902)

「ここはわしの土地だぁ、何人も入ってくるな」 というのは当然に与えられた権利です。 ただ、「道路拡張のため」や「ダム建設のため」に「立ち退き」を 強いられる理由が「公共の福祉のため」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

具体的な例示で、とてもよくわかりました。明確に定義することが難しそうですが、意味は理解できました。どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 人権の公共の福祉と法律の留保についえ

    私は人権は法律と公共の福祉の範囲内で認められていると思っており、法律に違反したり他者に危害を加えたりする人権行使は戒められるものと思っておりました。 しかしどうやらこの考えはまちがっているようで、 ある人権の解説では 大日本帝国憲法では多くの人権が法律の範囲内で認められるとされていたが、日本国憲法ではそうした法律の留保は認められていないとのことでした。 ちょっと私にはこの解説が理解できなくて、 法律の留保という言葉もwikiで調べたのですが、 よくわかりませんでした。 お詳しい方解説していただきたいです。

  • 「公共の福祉」について教えて下さい。

    先日、ここで質問させて頂き、「公共の福祉」と言う、日本国憲法第12条、13条があることを知りました。そして、「民法第1条(1)私権の行使は、公共の福祉に適合しなければならない。」と言う民法で定められています。 隣地に建つ家に対して、近隣たちが住みやすい街区を作るため、自分たちの財産権を守るために、施主に話し合いを求めたところ、話し合いには応じず近隣たちに誹謗中傷する手紙を送り付けるなどの嫌がらせをし、施主は近隣たちの迷惑も考えず、自分の思い通りの家を建てました。家が完成した後に、近隣たちを訴えて来ました。訴えの内容は、「財産権の行使を妨害した」と言うものでした。訴えられたので、弁護士に依頼し争いますが、こちらからも反訴できますでしょうか? 弁護士に聞けば解るでしょうけれど、弁護士に聞く前に、自分たちでも少しは知識を得たいので、ここで質問させて頂いています。法律に詳しい方の回答をお願い致します。 http://okwave.jp/qa/q8883023.html

  • 人権と公共の福祉

    大学の授業で芦部先生の「憲法 第四版」を使っています。 今、基本的人権について学んでいるのですが、一元的外在、内在・外在二限的、一元的内在制約説の所がいまいちよくわからないです。 「公共の福祉が人権に内在している」とはどういうことなのでしょうか? 比較衡量論、二重の基準論などとの関連とともに分かりやすく説明できる方お願いします。

  • オタクという言葉

    みなさん結構使うのではないか、と思われる「オタク」という言葉ですが、これは日本国憲法第十四条「法の下の平等」という差別禁止の憲法に反するのではないか?、と現代社会で日本国憲法を勉強しているときに思いました。なにしろ学校の先生までも「アキバ系」とか普通に使って気持ち悪いだの何だのって話しているものですから、ちょっと気になったので質問してみました。

  • 憲法29条と公共の福祉について

    憲法29条は「公共の福祉」の範囲内での財産権の保障を定めているが、これは経済的自由を考える上で何を意味するのか。 上記について説明して頂きたいのですが、例えば、具体的にどうゆうことなのか、ということも含めて説明してくださると理解しやすいのでとても助かります。 よろしくお願いします。

  • 憲法でいう公共の福祉の考え方について教えてください。

    憲法12条、13条、22条、29条を根拠とした一元的外在制約説や内在・外在二元制約説という意味がよくわかりません。現在の通説は一元的内在制約説だそうですが、違いが明確にわかりません。どうかご教授ください。

  • 憲法の保障する権利と公共の福祉について

    大峯山の女人結界区域に、女人禁制開放を求める女性活動家3人が 強制的に踏み込んだというニュースを見ました。 うちの地域には、祭りの中で女性の行動が制限されるものがあるので、 こういうトラブルは人事ではない感じです。 憲法第14条で、男女の平等が謳われており、 これを根拠に文化や昔からの風習の中の性差解消を求める声がありますが、 同時に憲法には第12条13条で、「権利の乱用はしてならないこと」 「権利は公共の福祉にのみ利用すること」とあります。 「公共の福祉」の定義がよくわからないので少し調べてみたのですが、 「権利は他人の権利を侵害しない程度に制限される」ということでいいのでしょうか? 例えばうちの地区の祭りの女性の制限をとっぱらうとすると、 祭りのやり方を変えていかなければいけません。 そうしていくと、祭りの質そのものが変わってしまいます。 それを嫌がる人の権利は、憲法では守られるのでしょうか?

  • 公共の福祉について

    公共の福祉は内在的制約原理と政策的制約原理の2つから成り立っているが、どのようなことか例を挙げて説明をお願いします。

  • 公共の福祉について

    人権と人権(個人と個人の権利、企業や法人を含まない)の衝突について、具体的な事例をできるだけ沢山教えてください。

  • 憲法について質問があります。公共の福祉についてです。

    憲法について質問があります。公共の福祉についてです。 公共の福祉の概念は 一元的外在制約説 明治憲法下の法律の留保とかわらなくなりダメ 二元的内在外在制約説 社会権と自由権の相対化が進んでる中この区別はいいのか?といった批判などあり。 一元的内在制約説 社会権と自由権なら必要な限度の制約を自由権に、自由権と自由権の衝突なら必要な最小限度の制約が可能          しかし、この概念は抽象的過ぎる 比較衡量論 公益と私人の利益を比較するのは国家に有利に働きやすくダメ 現在の通説 二重の基準論 一元的内在制約説の趣旨である人権の衝突を調整するための実質的公平の原理として公共の福祉を考える。 それに具体的な違憲審査の基準を準則化する。 という流れだとおもいます。 そこで質問なんですか。 1.「人権の衝突を調整する実質的公平の原理」という意味がいまいちわかりません。どういう場合に人権の衝突が起き、どうやって公共の福祉によって解決されるのでしょうか? 2.自由権と社会権が衝突した場合には自由権を規制するしかないのでしょうか? 3.社会権と社会権の衝突の場合にはどのように考えるのでしょうか 授業で習ったのですが参考書を見てもよくわからなかったので質問させていただきます。