• 締切済み
  • 困ってます

金融の勉強、体系的&実践的な。

下記の、抜粋した部分のような文章がよく理解できるようになりたいのですが。 自分はFP2級に先日合格しましたが、下記の文章を読んでもさっぱりちんぷんかんぷんです。 断片的にであれば、分からない単語を調べたりして、その分からない部分に関してだけは解決しますが、もっと体系的に万遍なくモレがないように、こういう金融を勉強できたらと思うのですが。教科書的なキレイなだけのものではなく、表向きはこうだけど、実はこういうカラクリで~みたいな、裏話的なものも学べたり。 このコメントを書き込んでいる皆さんはどうやっていろいろ分かるようになったのでしょうかね。 まずその勉強の仕方が分からないのです。この本を読めば、このメルマガを読んでれば、みたいなものあれば教えて下さい。 その世界で働くのが一番勉強になるのでしょうが、それはちょっと難しいので、なにか良い方法あればぜひ勉強したいのですが。 https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20200713-00000026-sasahi-bus_all ↓コメントから抜粋 投資信託はとにもかくにも手数料!そして税金!単純に、日経平均連動型だと20000円の時に買ってもプラスになるのは20500円を越えてから わかったのは上場投資信託はほぼ儲けをパクられて美味しいのは運用会社と販売会社ですな 今のこのタイミングで切り取ったら元本割れの商品は珍しくないだろうし、そもそも基準価額の比較だけで元本割れ続出なんて言ってる時点で勘違いも甚だしい。 そもそも、アクティブファンドを選択しないのであれば投資信託をする必要はないです。 etfの方が種類が豊富ですし費用が少なくて済みます。 俺んとこに進めてきた投資信託の販売手数料及び信託報酬だけで買う価値がないのが分かる。 郵便局や銀行で投資信託なんて購入するものではありません。 購入手数料がバカ高く、運用管理手数料もあるので儲かりません。 朝日の系列は要注意!!の間違いですね分かります 投資信託なんてどこも同じ このおばはんは分配金出たら基準価格下がるん知らんのか? 個別元本て知ってるか? 販売時一万円が、仮に一万を切っていても、分配金と評価額で考えたら増えてるだろうに。 投信買うならネット証券でノーロード信託報酬0.2%以下のインデックスファンドを積立投資 郵便局で買う時点で3%以上のコストかかる 銀行員も仕事で手数料が高いの売ればそれだけ儲かるんだからせめて話だけ適当に聞いて勧められたのと似たようなのをネット証券で買うか、ETFで買うんで今日はアドバイスありがとうございました!それじゃwぐらい言えるぐらいじゃないと そもそも毎月分配だと基準価額が下がっていくのは当然だろうが。 「元本割れ」という言葉であたかも郵便局の投信はほとんど損をすると思い込ませたいのが見え見え。 普通は今まで支払われた分配金も含めて得か損かを見るのが当然だし、そういう風に見ると、郵便局の投信でも得をしているのが多い。

  • dov
  • お礼率85% (260/305)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数67
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3

No.1です。 元記事読みましたがこれはひどい文章ですね。 文責者がわからず、しかも引用範囲がどこからどこまでなのか明記されていない。 記事執筆者が聞きかじりの知識で投資信託の購入者を馬鹿にし、 そのことによって読者のヘイトと注目を集めるための手法ですね。 これが私の感想です。 主要な論旨としては 1.ゆうちょやかんぽの運用するポートフォリオで高リスク商品比率が異常に高くなっている 2.これは中央銀行の量的緩和やイールドカーブコントロールで運用益を出せないほどに金利が低下しているのが理由 3.そして郵便局という生活に密着した現場で高リスクの投資信託が販売されている この3点がしっかり分離されずに書かれており、 コメントにも見当違いな批判が多く見られますね 簡単に解説すると、 1だけ見れば公表されている運用主体の方針も理解せずに投資して損する人が馬鹿、で済ませられそうです。 しかし荻原博子氏は著書で(たぶん)政治的な都合で庶民の金がハイリスク商品に突っ込まれている道義的問題について書いているのでしょう。3の観点ね。 2については先の回答で挙げた副島さんの金融本を数冊読むとわかります。 この人は政治思想比較の研究者で年に何冊も著書を出しているので、 経済政策や政治思想に基づいたリアルタイムな市況概観と 政策実行者に対する批判的視座を学べます。 他には海外大手ファンドの人たちが書いた投稿した文章を読み 彼らの投資判断の根拠について学ぶことがとても重要です。 グーグル翻訳のおかげで楽になりましたが、依然として地道な努力が必要な分野ですね。 回答者が4つ目の観点として補足を付け加えると 4.金融政策の恩恵を受けた資産価格の継続的な上昇によってリスク資産選好が正当化され続けてきた これは相場が継続的に上昇している=ボラティリティが低下する ⇒リスク商品への出資比率を上げることができる という判断なのですがわかりますかね。 理論的には一方方向のトレンドが発生しているとリスク資産のポジションサイズを大きく出来るんです。 このことは皮肉なことに、逆張りがなぜ大きく儲かるかという理論的根拠になっていますが。 こういうことを理解するにはギャンブル攻略に関する数学的な基本知識を学ぶことが必要です。 参考として吠太郎さんのHPの数学コラムは面白く読めてわかりやすいと思います。 勉強法を知りたいとのことでしたので何を読むべきか どうして読むべきかを簡単に説明しましたがこれで大丈夫でしたかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 分かるようになりたいです! が難しい! 少しずつ少しずつ山を登って行きます。

関連するQ&A

  • ETFと投資信託のメリットの比較

    私は今まで、投資信託のメリットは、累投の際に手数料がかからない、自動的に分配金を投資してくれるなどがメリットだと思っていました。 しかしカブドットコム証券では、手数料無料のETFがあると聞きました。そうすると投資信託のメリットは、手間がかからないだけで、信託報酬を考えるとETFに勝てないような気がします。 現状、ETFに勝てている要素はありますか。また、ETFには他にリスク等はありますか。

  • 豪ドル債券投資信託について

    現在、MHAM豪ドル債券ファンド毎月決算型に投資しています。 取得価格7780円 申込金額100万 手数料 2.1% 信託報酬 1.3125% 信託財産留保額 なし 毎月8000円程度の分配金が入金され 基準価格は下がっていますが、現在16万の利益があります。 分配金は使わず、突発的な家の修繕費などにあてたりです。 銀行の勧める投信は経費がかかるし、銀行が 儲かるだけという意見が多く、興味は全くありませんでした。 この投資信託は勉強代として(魔が差して)始めました。 現在の基準価格が7700円前後なので、大きな損をする 前に解約しようと思ってます。 教えていただきたいことは、 (1)信託報酬とはいつの時点で徴収されているのでしょうか? (2)定期預金を銀行に預けても年に数千円ですが、投資信託は    今のところ年に最低1万は得すると考えています。    資産を増やすぞ!という100万ではないので    分配金型のようにコスト高の投資信託で十分と思っていますが    間違っていますか? (3)現在の商品を解約後、基準価格7300円ぐらいに再度    同じ商品に申し込もうと思っています。間違っていますか?    

  • 投信をいろいろ勉強してみて

    私は余剰資金が数百万あり、長期積立で少なくとも10年以上運用しようと思い、投資信託についていろいろ勉強してみたのですが、私のような場合、株の値動きなどをあまり気にする必要がない訳ですから、信託報酬などの手数料を取られる投信よりも、ETFや手堅い株を買った方が良いのかな~?と思ったりしているんですがどうなんでしょうか。 でも、投信は一般に広く売り出され、初心者にも分かりやすく購入できるのに対し、ETFはまだ間口が狭いというか買い方も良く分からなかったりします。(株は更によく分からないですが) よく分からないということは、管理し辛いということで手が引けてしまいますね。 ただ単にまだ勉強不足なだけだと思いますが。

  • 回答No.2
  • human21
  • ベストアンサー率37% (851/2279)

質問中の文章は、投資信託の基本的な事が書かれています。 この文章が分からないと言う事は、厳しい言葉になりますが、投資信託を 理解していない、資産運用を理解していないのと同じです。 サイトや書籍などは個人の考えが書かれていて、正しいかどうか分かりません。 一例として書籍を何冊も出している人の、株投資の基本として書かれていた 内容は、私の投資方法の逆の事ばかりでした。 つまり本の逆の方法で投資をして、儲けていたことになります。 FP2級がどのような内容か分かりませんが、資産運用と言う点では 役に立たないもののようです。 経済を知る近道は無いと思っています。 私は日本経済新聞と会社四季報を読む事で、株投資を始めて今も続いています。 小遣い程度の少額で良いので、何かに投資して実戦を行いながら 勉強されるのが良いのではないでしょうか。 長年の投資経験からの意見ですが、参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そもそも基本的な事も知らないんだから、この記事だって分かるわけないですよね。 まず基本を学んでからにしろよ、ってハナシですよね。 こんなヤツのために、すごく丁寧にご回答頂き、ありがたいです。 大変参考になりました。 >経済を知る近道は無い 刻ませて頂きます。

  • 回答No.1

副島隆彦氏の景気関連本を数札読むのが取っ掛かりとしてはいいのではないかと思います。 儲け話は持ってきた人だけが儲かるという格言の意味がよくわかります。 しかしこのコメントの何がよくわからないのでしょうか。 投資信託の損益分岐点についての記事のようですが(元記事は読んでません)、何か難しいことが書いてあります?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >副島隆彦氏の景気関連本を数札読むのが取っ掛かりとしてはいい >投資信託の損益分岐点についての記事のよう mudpuppetさんは、どうやってこういう事が分かるレベルになったのですか? 元記事は、荻原博子さんの投資信託についての記事を批判しているコメントなのですが、 自分は未熟なため、この批判コメントを見なければ、荻原博子さんの記事を「へえ、そうなんだー」と素直に読んでしまってそのままだったと思います。ここで批判なさっている方々のように、自分も「この記事おかしいのでは?」と気がつけるようになれたらいいなーと思うのです。 そのためには何をすれば良いのか全く分からず… 少額でも実弾投資などして、日常的に投資に携わり、いろいろな情報に触れながら 何年もかけて身についていくもの、なんでしょうかね。 まず挙げて頂いた本、読んでみます。

関連するQ&A

  • 投信の基準価額が利益を決めますよね?

    投資を勉強中の者です。 投資信託で確認したいことがあります。 詳しい方いらっしゃいましたら、ご教授よろしくお願いします。 投資信託において投資家にとっての利益を決める要素は 基準価額のみなのでしょうか? 分配金もありますが、分配金は基準価額を目減りさせるため 分配金を出さない投信で話を進めます。 基準価額が¥10,000のときに買った投信で利益を出すには 売却時に¥10,000以上にならないと利益が出ないということですよね? 投信の持つリスクは信用リスク、為替リスクなど色々ありますが、 利益が出るか否かは、ただ1つ、基準価額の動き次第という理解で 問題ないでしょうか?

  • 投資信託の信託報酬と分配金について

    投資信託の信託報酬と分配金について こんにちは、投資信託初心者でつまらない質問ですが、よろしくお願いします。 信託報酬と分配金というものが投資信託にあるのですが、 ともに証券口座に振り込まれたり、引き落とされたりということになるのでしょうか? 指定している銀行口座に分配金が振り込まれ、 信託報酬は証券口座から引き落とされるということだったら面倒だなと思いまして。 ちなみに証券口座はマネックスで開設しています。 ご回答をよろしくお願い致します。

  • 投資信託について

    投資信託を購入しようと思っているのですが 毎月決済型の場合は、分配金の20パーセント持っていかれますよね? 引かれた金額がもらえるのでしょうか? 分配金が100円の場合それが減っていくということは ありえますでしょうか? それと信託報酬が何パーセントか取られるのですが いつごろに引かれるのでしょうか? 確定申告には投資信託をどれぐらい持っている場合する必要がありますか?

  • ETFを進められました。投資信託との違いはなんでしょう?

    素人の質問で申し訳ありません。 今まで、投資信託を1年ほどしており、年利2%程度で運用をしていました。最近、投資に詳しい方から普通の投資信託は手数料と信託報酬が高いので、ETFをしてみてはと勧められました。 この場合、利益を出す方法は、一般の株と同じようでしょうか? 投資信託は、毎月分配型型を購入しています。 例えば配当金は少ないですよね。基準価格が上がりそれを売却することで利益を得るのでしょうか? 詳しい方から見れば、馬鹿らしい質問かもしれませんが、よろしくお願いいたします。

  • 分配金が高いのに、解約される投資信託。なぜ?

     ネットで投資信託のデータを見ていたら、海外債券系の投信などで、かなり分配金の高いものがあります。  一例を挙げれば、ノムラファンドマスターズ世界債券(毎月分配型)Bコース。12月16日の価格が6827円。毎月分配で、このところ毎月85円の分配金が出ています。単純計算で一ヶ月に1.25%です。税金や手数料を引いても、一年で10%以上の分配金が出る計算です。  低金利の昨今、こんな分配金なら売れているかと思いきや、設定額よりも解約されている額がはるかに多いのです。確かにここしばらく基準価額は下がりめですが、長い眼で分配金を考えればそれほど不利とは思えないのですが…。  そんな感じの投資信託がいくつもあって、私のような素人には不思議です。  高分配金なのに多くの方が解約していると言うことは、何か大きなデメリットや不安要素があるのでしょうか? 債券や投信に詳しい方、お教えくださると幸いです。

  • 投資信託の売り時について

    5年程前に買った国債債券型の投資信託の基準価格を先日調べてもらったところ、基準価格は元本割れしているとの事だったのですが、105円で買っているので為替分がプラスで尚且つ毎月入る分配金でプラスとなっています。 銀行さんが言うにはこれから大きく為替がプラスとなるのはかなり厳しいのではないかっという事で、売り時っという考え方もあるっと教えて頂きました。 今、他にも持っている株式投資の方が分配金はかなり高いとは思われますが、買い換えるとなると手数料も掛かる上に、株式もこれからどういう値動きをするのか?っという気もするので、分割所有の方がいいのかなぁ~っと思ったりもします。 今はやはり株式の投資信託の方がお勧めなのでしょうか?(ハイリスク・ハイリターンな気もしますが...) 債権の投資信託はこのまま使わないのであれば、持っていた方が良いのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 毎月分配型の投資信託の見直し

    毎月分配型の投資信託の分配金で年金の不足を補っています ネットで投資信託の事を調べていましたら、毎月分配型は手数料、税金などが毎月かかりあまりよくないように書かれていました 年金の不足を毎月補うには毎月分配型の投資信託をそのままずっと続けていればよいと思っておりましたので驚きました。 毎月の分配金は生活費に必要になっております 基準価格が上がり、利益が出たとしても解約して新しく買うとなれば他の基準価格も上がっており買いなおすと分配金が減ると思われます こんな場合投資信託をどのようにすればよいのでしょうか? 今購入している投資信託は    コロンブスの卵   基準価格  3800円位の時購入                      エマージングボンド(豪ドルコース)  基準価格   11000円位 このような場合、どういう風な考えで見直しをすればよいのでしょうか?

  • 投資信託の分配金について

    投資信託の分配金について 元本割れしているにも係わらず毎月分配金が出るのは結局タコ足配当と同じことでしょうか。利益が出たら分配金が出るのは妥当ですが、利益も出ていないのにどこから分配金が出てくるのでしょうか。分配金準備積立金なるものがあってそこから出てくるかのような印象がありますが、その積立金も再投資に向けられるもので日銀かどこかに預けて大事に保管されているものではないと思いますが。どなたか教えて下さい。投資信託は素人です。

  • ETFと分配金

    こちらでいつも勉強させていただいております。ETFがいいということを見て、買いましたが分配金がでて驚きました。 なぜなら分配金のでる投資信託は複利効果がなく、長期の資産運用には向いていないと勉強したような気がします。その点お教えねがえませんでしょうか?それでもやっぱりETFが優れているのでしょうか?

  • 1345 ETFの分配金について

    1345 ETF 上場インデックスファンドJリート隔月分配 最低購入価格175300円 一口当たり分配金は51.35円 分配金利回り2.9% 分配金支払い年6回 この商品を最低購入価格で買った場合、一回当たりの分配金は、5135円÷6=855.83円 ということで、隔月で855.83円分配金がいただけるということでしょうか? 信託報酬が税込み0.324%なのでこれを差し引いた値段がいただけると解釈していいのでしょうか? ETFなど、このほかおすすめの投資信託はないでしょうか?