• ベストアンサー
  • 困ってます

生命保険金

生命保険の契約者が死亡した場合は解約になると思いますが解約返戻金というのはどうなりますか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数69
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

保険契約は被保険者が引続き保険料を納めるなら、解約にはならないですよ。 もし、解約されるなら、契約者の遺族が相続として受けとることになるので、相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明を取り寄せて、生命保険会社と手続きをすることになります。 ですから、保険金はその手続きが終わってから支払われます。 受け取りは、相続人の一人を代表者にしてその方の口座に振り込まれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。理解できました

関連するQ&A

  • 自己破産時の生命保険について

    自己破産時の生命保険について 自己破産時の生命保険について質問いたします。 契約者は私なのですが保険金の支払いは親が行っており、証券も親は保管しています。 返戻金のある保険(恐らく20万以上は戻ってきます)のため、事前に解約をしなくてはいけないと思っています。但しそれをやってしまうと親にばれてしまうと思われます。 そこで事前に契約者名を妻に変更し私に返戻金がでないようにした場合、所得隠しになってしまうのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 相続税対策としての生命保険加入

     銀行の担当者より、「相続税対策として生命保険加入」を勧められました。  「生命保険」「税務関係」「相続対策」の素人ですので、アドバイス頂けましたら幸いです。  まだ詳しく話は聞いていないのですが、「契約者(親) 被保険者(子供) 受取人(親)」(http://www.kinouchi-ag.com/consulting/succession.php)というタイプの生命保険のようです。  以下、上記サイトより抜粋します。  「親が亡くなった場合、この生命保険の解約返戻金相当額が相続税評価額となり(相続税法26条)解約返戻金相当額が保険料よりも低ければ、相続財産が圧縮されたことになります。  また、このあと被保険者である子供はこの生命保険を解約せず、契約者・受取人を変更して、続行すれば親から生命保険を引き継いだことになります。そして、解約返戻金相当額が増えていれば、解約し、納税資金にすることもできます。」  そこで質問です。  先ずは、上記文章に関してです。 質問1:「解約返戻金相当額が保険料よりも低ければ」  解約返戻金相当額が保険料よりも高い場合には、相続対策とならない場合もあるということですか?  どのような場合に、「解約返戻金相当額が保険料よりも高く」なりますか? 質問2:「解約返戻金相当額が増えていれば」  解約返戻金相当額が増えない場合って、どのような事態なのでしょうか?  納税資金に困っていなければ、一般には解約しない方が有利な生命保険なのでしょうか?  以下は、向学のための質問です。 質問3:  このタイプの保険(契約者=親 被保険者=子供)は、「子供にとっては、万一病気などで入院した際の保障にもなる」と説明を受けました。相続税対策以外のメリットもあるということですね。  では、契約者=親には何かメリットはありますか? 質問4:  銀行の担当者が、この生命保険を勧める理由は何でしょうか? グループとしてのメリット?  あるいは純粋に顧客のことを考えてくれている?  以上、アドバイスよろしくお願い致します。

  • 子供の生命保険の解約について

    子供の生命保険の解約について 諸事情により、子供の生命保険を解約したいと思っております。 契約者夫、被保険者子供、満期受取人妻 18歳満期のものです。 今現在14年ほどかけています。 解約した場合の保険返戻金の受取人は誰になるのでしょうか? また、金額にもよりますが、税金はかかるのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

生命保険の内容を読めば分かりますが、以下の3つが必要です。 (1)契約者 (2)被保険者 (3)受取人 あなたの質問は、契約者と被保険者が別な人という場合ですね。 もし、契約者=被保険者なら、死亡保険金となります。「みなし相続財産」として計算されます。 でも、契約者と被保険者がイコールではない場合、保険契約内容を確認しなければなりませんが、だいたいの場合、契約者を変更して継続することも可能です。 もし、解約という形で解約返戻金をもらうのであれば、相続財産として計算されます。 その場合は、少ない金額であっても法定相続人全員の同意書か遺産分割協議書が必要になるでしょう。 一番簡単な方法は、その生命保険の被保険者になっている方が契約者になり、途中で解約する形です。 もちろん、契約内容をみないと即断はできませんが、おそらくそれが一番簡単な方法だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。理解できました

関連するQ&A

  • 生命保険について

    事情があって主人の生命保険の契約者と死亡受取人の変更をしないと行けなくなりました 契約者→娘 被保険者主人 死亡受取人娘 に変えようと思います 娘は結婚してますこの場合の税金は何税になりますか? あと計算式も教えて下さい 宜しくお願いします<(_ _)>

  • (法人の生命保険)貸付を受けたあとに解約した場合

    自営をやっています。 最近、知り合いの保険屋さんから、 新たに生命保険を進められております。 70才までの定期保険で全額損金計上の生命保険です。 保険屋さんが言うには、 実質100%戻ってくるし、 解約する時は本来解約返戻金は雑収入になるが、 「解約する直前に契約者貸付をギリギリまで受けて解約すれば、 解約時の解約返戻金がほとんど無くなるので雑収入にならない」 (税金を逃れられる)という話をしてきます。 本当にそんな上手い話があるのでしょうか? 保険屋さんが言っていることは税法上問題ある課税逃れになるのではと思ってしまいます。 保険や税金に詳しい方が、いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか。

  • 生命保険の解約返戻金(?)

    保険について何もわからないので質問させていただきます。 今までは親が生命保険の契約などしてくれていたので生命保険などについては何もわかりません。 新しく別の生命保険にしようと思い解約したいと思っているのですが、解約返戻金(?)というのですか?これは受取人は誰になるんでしょうか?被保険者?? あと貰えない場合もあるんでしょうか? ちなみに保険会社はニッセイになります。 よろしくお願いします。

  • 生命保険料の相続

    三井生命・変額保険(終身型) 契約者: 母(88歳)、被保険者:息子(62歳)、死亡保険金受取人:母。 保険金額:500万円、保険料(解約返戻金額):現在148万円。 10月末、母が死亡。息子が解約返戻金を受け取る予定。 この場合、税金区分は、相続税か所得税・一時所得かを確認いたしたい。

  • 生命保険

    約4年前、仕事の関係で海外に転居しなければならなくなり、いつ戻れるかも分からないので 国内の生命保険は妻に全て解約させました。しかし、ある生命保険会社は、本人が解約手続きを しないと解約できないとだけ伝え、その後3年以上にわたり、積立金から80万円以上の立替払いをしました。ある保険会社と書くとまじめに契約者のことを考え仕事をしている保険会社に迷惑を かけるので、実名を挙げます「住友生命」です。  日本国内に現住所もない人間の保険保障ができるのでしょうか?地方支部の社員は海外の 医療保険や死亡も補償しているといっていました。しかし、私は信用できません。 海外旅行ならともかく海外に居住している場合、本当に保障されていたのでしょうか。 3年の間、立替払いの連絡は受け取っていません。このお金は諦めるしかないのでしょうか。 住友生命は積立金が少なくなって、初めて私の実家に保険継続の意志確認の封書を送りました。 契約の意思を見せれば、契約成立まで諦めない会社なのに、解約の場合は成立を契約者の 意思に反しても諦めてしまう。この住友生命は間違っていないのでしょうか。 当時、スケジュールの関係ですぐ出国しなければなりませんでした。  どなたか、教えてください。とても腹立たしいです。

  • 生命保険の契約変更について

    生命保険の契約変更について 15年前くらいからかけている生命保険(主人も私も)を 3年前に終身保険に変更しました。3年前はまだ不況の直前だったので 保険料も払えるかなと思い 契約変更したのですが、その直後 不況の波を受けて 保険料を払うのが 困難になりました。 保険屋さん(JA)に解約のことを聞くと 契約変更した後の5年間は 解約できませんと言われました。 解約は無理としても 現在 死亡保険3千万のに入っているのですが、1千万くらいのに変更したいというのは 聞き入れてもらえるのでしょうか?その際 少し返戻金のようなものは帰ってくると嬉しいのですが・・難しいでしょうか。JAの担当の方にはすごく聞きづらいので どなたか教えて下さい。

  • 生命保険の返戻金について

    生命保険の返戻金について 20年近く保険に加入hしてますが解約するつもりです。 保険解約時に直ぐ返戻金はもらえるのでしょうか? 返戻金はかなり後から支払われる物でしょうか

  • 生命保険の契約について教えて下さい

    子供を受け取り人に生命保険を契約したいのですが、被保険者を認知した子供の父親、契約者を子供の母親、では契約できませんか?家庭裁判所で契約者を父親にしておくと途中で解約されたりの可能性が出てくるので、契約者は母親にしといた方がいいとの事なんですが、生命保険が無理ならば、他の子供の保障になるようないい保険はないでしょうか

  • 生命保険と滞納による差し押さえ

    税金の滞納で生命保険の解約返戻金を、市によって差し押さえられました。この問題に関して、皆さんにお聞きしたいことがあります。 1番目にm保険会社は、市の問い合わせに保険契約に関する私の情報を 完全に開示しておりますが、これは個人情報保護の観点からしても問 題は無いのでしょうか? 2私の生命保険は当初は、契約者が妻名義で契約されていましたが、途 中から私名義の契約に変更されていました。  契約返戻金の受領権利者は当然契約者自身にあるのですが、保険料は妻名義の口座より引き落とされているという事実がある場合、この差し押さえに対して、実質権利者は妻であるとの、いわば第三者異議の訴えは、可能でしょうか?

  • 元夫に入ってもらった生命保険の解約を阻止する方法

    離婚した元夫に契約者かつ被保険者として生命保険に入ってもらいました。毎月の保険料は私が払っています。 万が一の時の死亡保険金受取人は実子2人です。2人の子供の親権者は私です。 現在、元夫には養育費と慰謝料を支払ってもらっています。 もし元夫が死亡した場合の補償としてこの生命保険に入ってもらったという訳です。元夫が健康で養育費及び慰謝料を全額払ってくれるのに越したことはないのですが、人間はいつどうなるのか分からないので。 この生命保険をもし元夫が勝手に解約してしまったら私が大変困ります。 その為に法的になにか出来ることはないでしょうか? 元夫に念書で「生命保険の解約は絶対にしない。もし解約したら私がそれまで払ってきた保険料を負担する。」等いう内容の約束をさせることは意味がありますか? やはり契約者が元夫自身なので、保険料を払ってるとはいえ私が解約の阻止は出来ないのでしょうか? 宜しくお願いいたします。