-PR-
解決済み

血液型による性格の違い。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.97680
  • 閲覧数1526
  • ありがとう数46
  • 気になる数3
  • 回答数16
  • コメント数0

お礼率 39% (49/124)

よくA型は几帳面だとかO型は大ざっぱだとか言いますよね。

私は今生物の授業で遺伝をやっているのですが
先生が「血液型は赤血球からでている糖によって違う」とおっしゃっていました。

赤血球からでている糖によって性格が違うということは
果たしてあり得るのでしょうか?
それともこれは迷信なのでしょうか?

ちなみに私自身はA型ですごく几帳面なので
肯定派が70%ぐらい占めています。。。
通報する
  • 回答数16
  • 気になる3
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.8
レベル8

ベストアンサー率 47% (20/42)

私もrx78さんの意見に同じです。

血液型と性格の調査に関しては、何度調査しても信頼の置けるデータで、確かに相関関係があると言う統計結果は出ていません。

また、日本では厳密な意味で血液型と性格の調査を行うことは難しいと思われます。
と言うのも、日本において血液型と性格の関係は、あまねく人口に膾炙しており、chemistryさんが仰る通りA型は几帳面、O型は大雑把と見る人がほとんどだからです。幼少のころから周りの人に「やっぱりA型だから几帳面だねぇ」と言われて育つと、元から几帳面かどうかに拘らず、自分で几帳面に行動することを求め、また思い込むようになるかもしれません。仮に調査を行って、A型の人が「自分は几帳面である」と有意な割合で答えたとしても、本当に血液型からくるものなのか、血液型以外の遺伝からくるものなのか(これも根拠のないことかもしれません念のため)、後天的に身に付けたものなのか、自分が誤解しているのか判断がつきません。殊に自分に肯定的なことを言われているとそうでしょう。

日本の社会ではあるときまで例えば「AB型、B型は採用しない」といった企業があったと耳にします(今でもあるのかもしれませんが)。いくら統計的に否定されていると言ったところで、血液型と性格は関係あると思う人が大半である社会は簡単に覆せそうにありません。

情報の選択と言う意味で、chemistryさんの判断基準のひとつになれば幸いです。

私は専門家ではございませんので、間違い等ございましたらどなたか訂正してください。
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全15件)

  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 16% (68/404)

生物学とかからの見地から言うと、根拠が無いって事になるんでしょうけど、動物行動学的見地から言うと根拠はあるとも言えるみたいですよ。 そのあたりの詳しい事は、「小さな悪魔の背中の窪み -血液型・病気・恋愛の真実- 竹内久美子」を読んでいただくと、いいと思います。 かなり以前に読んだので、多少間違ってるかもしれないですけど、簡単に説明すると、 血液型によって、風土病に対する抵抗力に差がある。 日本 ...続きを読む
生物学とかからの見地から言うと、根拠が無いって事になるんでしょうけど、動物行動学的見地から言うと根拠はあるとも言えるみたいですよ。
そのあたりの詳しい事は、「小さな悪魔の背中の窪み -血液型・病気・恋愛の真実- 竹内久美子」を読んでいただくと、いいと思います。

かなり以前に読んだので、多少間違ってるかもしれないですけど、簡単に説明すると、
血液型によって、風土病に対する抵抗力に差がある。
日本の風土病にはO型は強く、A型は弱い。
その結果、O型の人の中では精子をばら撒いた(いろんな女の人とHした)人が多く遺伝子を残す事ができ、O型の人には社交的で、遊び好きの人が多い。
また、政治家にO型が多いのは性格が社交的である事に加えて、体が丈夫なため、政界で実力者になるまで、長生きする事ができるから。
A型の人は日本の風土病に弱いので、あまり精子をばら撒いたりせず、特定の人とまじめに付き合って、子供を作った人の方が、多く遺伝子を残す事ができた。このため、日本のA型の人はまじめで、内向的な人が多い。
って言うような感じだったと思います。

科学的根拠とかってよくいいますけど、同じ事柄について、ある分野の科学者が否定しても、他の分野の科学者は肯定するって事がよくありますよね。


  • 回答No.6
レベル7

ベストアンサー率 58% (10/17)

以前に、日本テレビ「特命リサーチ200X」という番組で この問題が取り上げられたことがあります。 確かに、血液型の決定と、その人の性格には何の関連性もありません。 しかし、別の考え方をすると、そうともいえないのではないか? というような内容だったと思います。 例えばA型の人は几帳面である、ということを説明するのに、 A型の人間は感染症などにかかりやすいとすれば 長い年月の間に、そうい ...続きを読む
以前に、日本テレビ「特命リサーチ200X」という番組で
この問題が取り上げられたことがあります。

確かに、血液型の決定と、その人の性格には何の関連性もありません。
しかし、別の考え方をすると、そうともいえないのではないか?
というような内容だったと思います。

例えばA型の人は几帳面である、ということを説明するのに、
A型の人間は感染症などにかかりやすいとすれば
長い年月の間に、そういったことに対して敏感になり、
結果として几帳面になる、といった考え方もできる、
といったような話だったと思います。

日本テレビのホームページから番組ホームページでご確認ください。
1997年11月2日放送分です。
  • 回答No.4

血液型と性格については、先の方たちの回答のように根拠がありません。 最近は、血液型ではなく人の性格によりA型人間・B型人間などと分けています。 これは、性格による分類なので、根拠は有ります。 ...続きを読む
血液型と性格については、先の方たちの回答のように根拠がありません。
最近は、血液型ではなく人の性格によりA型人間・B型人間などと分けています。
これは、性格による分類なので、根拠は有ります。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 62% (6258/9976)

まあ、典型的な日本人ですね。 性格の違いが血液型からくるという根拠がないですし、数十年の研究をしてもいまだに確証の「か」の字も出ていませんから・・・ 確かに、糖の分類で違うのではないかという、人もいますが、たとえば自分で几帳面だといいますが、それなら他の血液型の人はA型より几帳面ではないというのでしょうか? それが当てはまるなら良いですけど、ただおおざっぱに何型はどうである、といえばそれを信じている ...続きを読む
まあ、典型的な日本人ですね。
性格の違いが血液型からくるという根拠がないですし、数十年の研究をしてもいまだに確証の「か」の字も出ていませんから・・・
確かに、糖の分類で違うのではないかという、人もいますが、たとえば自分で几帳面だといいますが、それなら他の血液型の人はA型より几帳面ではないというのでしょうか?
それが当てはまるなら良いですけど、ただおおざっぱに何型はどうである、といえばそれを信じている人は思いこむしおおざっぱなら当たる確率も高い、結果・・・となる。
しかも、確か分類基準の数がたくさんありますから一つぐらい当たるでしょう。(その分いくつかははずれます)
が私が考える物ですね。
日本人はとくに人と同じ意見などを求める同調型ですから、みんながそうであるといえば固く信じるタイプです。

まあ、通常研究するのには向かないですね。
海外でも簡単に調べた人がいますが、性格との一致は認められなかったので、研究まで行かなかったという例もあります。これらの調査は幾度となく行われていますから、現状では証拠もなければ、あり得ないです。
まあ、会話になる楽しみ程度ですよ。

それと最後に、日本には信じて研究をしている人もいますよ。
  • 回答No.1

血液型による性格分類は、科学的根拠はまったくありません。 元は、戦前、当時の日本の陸軍が、無敵の精鋭部隊を作るためにどうしたらいいかという研究の中で、検討された方法の一つが血液型だったことから、わが国では、この方法による分類・分析が広まっていますが(当時の結論としては、「B型は精鋭部隊には向かない」といったものだったそうです)、これも、単なる統計学的なアプローチによるもので、生物学的な根拠に基づくも ...続きを読む
血液型による性格分類は、科学的根拠はまったくありません。

元は、戦前、当時の日本の陸軍が、無敵の精鋭部隊を作るためにどうしたらいいかという研究の中で、検討された方法の一つが血液型だったことから、わが国では、この方法による分類・分析が広まっていますが(当時の結論としては、「B型は精鋭部隊には向かない」といったものだったそうです)、これも、単なる統計学的なアプローチによるもので、生物学的な根拠に基づくものではありませんでした。
今でも、血液型と性格を結びつけるのは、世界の中で日本だけです(まあ、日本のサブカルチャーの影響を受けている台湾や香港でも信じる人はいるかもしれませんが)。

まあ、普段の会話の中のネタとしてはいいかもしれませんが、生物学の分野として、血液型と性格を結びつけるのは、お止めになった方がよろしいかと思います。
  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 38% (10/26)

血液型と性格の間には何の関係もありません。 私は学生時代にグループでこれの調査を行なったことがあり、800件ほどの調査票を作成し、「実際に相関があるか」「どういった人間が信じているか」「性別は」「霊魂・UFO等を信じるか」を調べ統計処理を行ないました。 その結果、「相関はない」「信じている人間に際立った特徴はないが、他の超常現象等を信じやすく、やや高等教育を受けたものはやや信じにくい」といった結果が出 ...続きを読む
血液型と性格の間には何の関係もありません。
私は学生時代にグループでこれの調査を行なったことがあり、800件ほどの調査票を作成し、「実際に相関があるか」「どういった人間が信じているか」「性別は」「霊魂・UFO等を信じるか」を調べ統計処理を行ないました。
その結果、「相関はない」「信じている人間に際立った特徴はないが、他の超常現象等を信じやすく、やや高等教育を受けたものはやや信じにくい」といった結果が出ました。
ちなみに、この件はあらゆる心理学者も「血液型と性格の間には相関はない」として結論付けられていますし。
また、日本でもっとも豊富な血液型と性格のデータを持っているのは、「アルトマン等の結婚相談ビジネス会社」ですが、これらも当然相関係数を求めてみたことがあり、その結果「相関は無い」と発表しています。
統計上はまったくランダムな関係であるものが、有意性があると信じられてしまうのかというと、人間は自分のもつ予想や主観に合致した結果の方を強く記憶するからです。
  • 回答No.7
レベル7

ベストアンサー率 38% (10/26)

竹内久美子に関して若干の意見を述べますと、この人物の著作はと学会でトンデモ本として紹介されているように、間違いだらけで科学的根拠はまったくありません。 タネ本にしているドーキンスの考えを理解している形跡はまったくありません。 そもそも現代の遺伝学を統計データや解析も行なわずに、可能性だけで演繹するという基本的姿勢そものが、完全に科学の領域から逸脱しています。 特命リサーチにしてもそうですが、現実に相 ...続きを読む
竹内久美子に関して若干の意見を述べますと、この人物の著作はと学会でトンデモ本として紹介されているように、間違いだらけで科学的根拠はまったくありません。
タネ本にしているドーキンスの考えを理解している形跡はまったくありません。
そもそも現代の遺伝学を統計データや解析も行なわずに、可能性だけで演繹するという基本的姿勢そものが、完全に科学の領域から逸脱しています。
特命リサーチにしてもそうですが、現実に相関がないものを、可能性としては影響をあたえる可能性がありうるなどと論じることの意味がりかいできません。(バラエティー番組やエッセイストを相手にそうした議論をすること自体無意味ですが)

純粋に理論上の可能性を言えば、例えば厚さ5mの鉄板を人間が通り抜けたり、
コップの水が突然空中に飛びだしてピカチュウの形を保ちながら沸騰するといった現象も起こりうるわけです(量子力学はこれを原理的に可能、確率的にありえないとしています)血液型に関しても同じでしょう。
なお、UFOの存在を検証している科学者や、霊魂の実在を検証している科学者同様に、当然血液型と性格の相関を調べている学者もいます。しかし彼らはそれを「信じているから検証している」わけではないはずです。(そういう人物もいるにはいるかも知れませんが)いずれにせよ、相関は発見されていません。
まあ、いずれも検証されたり、発見された方が面白いのは確かなんですが・・・。

それと、血液型ベースの性格分類はその分類パターンの有効性が不明です。
性格分類といった、恣意性の高い分類は、有効性や統計データなどが伴わなければあまり意味はないと思います。
  • 回答No.9
レベル11

ベストアンサー率 16% (68/404)

No.5の回答者nobor3です。 rx78さん、Astroiaさんの意見に一言言わせてください。 まずrx78さん、 >例えば厚さ5mの鉄板を人間が通り抜けたり、・・・ >コップの水が突然空中に飛びだしてピカチュウの形を・・・ 論理のすり替えのように思えます。 >・・・確率的にありえないとしています)血液型に関しても同じでしょう。 どう同じなんでしょう? まず、仮説を立てて、それを検証す ...続きを読む
No.5の回答者nobor3です。
rx78さん、Astroiaさんの意見に一言言わせてください。
まずrx78さん、
>例えば厚さ5mの鉄板を人間が通り抜けたり、・・・
>コップの水が突然空中に飛びだしてピカチュウの形を・・・
論理のすり替えのように思えます。
>・・・確率的にありえないとしています)血液型に関しても同じでしょう。
どう同じなんでしょう?
まず、仮説を立てて、それを検証するのが科学だと僕は思っていました。
ドーキンスにせよ竹内久美子にせよ仮説を立てているわけでしょう?
過去にも突飛な仮説が、その後の検証によって、現在では常識となっているものも多いのではないかと思います。
現段階で学会で認められていないからと言って、「間違いだらけ」と決め付ける姿勢こそ、「非科学的」だと思いますよ。

次にAstroiaさん
>幼少のころから周りの人に「やっぱりA型だから几帳面だねぇ」と言われて
>育つと、元から几帳面かどうかに拘らず、自分で几帳面に行動することを求
>め、また思い込むようになるかもしれません。
この事が本当だとすれば、血液型による性格の違いはあるって事じゃないですか?
生物学的には血液型によって性格が左右される要素は無いけど、社会学的見地から見れば、周りの人の扱いによって後天的に性格が変わる事があるという事をあなたは言ってますね。違いますか?
  • 回答No.14
レベル8

ベストアンサー率 8% (3/34)

赤血球から出ている糖で性格が決まるというのは考えにくいとおもいます。でも、逆に考えてみてください。どうして同じ人間から違う糖が出てくるのか。その辺に答えがあるかもしれません。私が聞いたことあるのは、A型は大昔狩人だったので、神経質で寡黙な性格、B型は農耕民族だったので、おおらかだと聞いたことあります。
赤血球から出ている糖で性格が決まるというのは考えにくいとおもいます。でも、逆に考えてみてください。どうして同じ人間から違う糖が出てくるのか。その辺に答えがあるかもしれません。私が聞いたことあるのは、A型は大昔狩人だったので、神経質で寡黙な性格、B型は農耕民族だったので、おおらかだと聞いたことあります。
  • 回答No.15
レベル3

ベストアンサー率 0% (0/1)

あくまで個人的な意見で申し訳ないのですが、 他のみなさん同様、血液型と性格との関連性はないと思います。 自分のこういうところは父親に、こういうところは母親に似てるっていう感じで親の性格を受け継いでる(?)ことってありませんか? 血液型は、遺伝されるA,B,Oの3種類の因子によって決まると習いました。と、いうことは自分自身の血液型は両親からの遺伝によるものですよね? 仮に親が二人ともA型で神経質だと ...続きを読む
あくまで個人的な意見で申し訳ないのですが、
他のみなさん同様、血液型と性格との関連性はないと思います。
自分のこういうところは父親に、こういうところは母親に似てるっていう感じで親の性格を受け継いでる(?)ことってありませんか?
血液型は、遺伝されるA,B,Oの3種類の因子によって決まると習いました。と、いうことは自分自身の血液型は両親からの遺伝によるものですよね?
仮に親が二人ともA型で神経質だとします。そしてその子供はO型で神経質になるとします。(あくまで例えです。)こういう場合は赤血球からでている糖によって決まるとはどうも考えられません。血液型とは関係の無い、別の遺伝子によって性格が決まると考えるのが自然だとは思いますが、血液型と性格の関連性、いつか立証されたらおもしろいですよね。
ちなみに僕の両親は二人ともA型、僕はO型で、兄と弟はA型です。両親はA型というよりむしろO型の方が近いと思うし、兄はけっこうずぼらで、弟は唯一A型と思われる性格な人です。
15件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ