• ベストアンサー
  • 困ってます

ドリルの加工方法について

ドリルの段差加工方法についてお聞きします。 10ドリルz-20 5ドリルz-30( 貫通) 1、 もみつけ→5ドリル→10ドリル 2. もみつけ→10ドリル→5ドリル どちらが正しいのですか? ちなみに横型マシニングです

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数519
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
noname#244033
noname#244033

6の方がおっしゃっているのは 抜け時は折れやすいから、送りを落とすやり方のことでしょうか。(違ったらすみません。) 私は加工時間も考えるので、下穴開けてドリルっていうのは大幅な時間のロスだと考えます。 やはり10ドリル→5ドリルだと思います。 たまに送りが遅すぎてドリルに切粉が巻きまくってる人いますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。無事加工できています

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

この場合は10→5 5で6Dはかかりすぎ 両面加工するなら 裏から5 厚さが10ぐらいなら 5→10 抜けるといってるやつは 押しすぎ 中心部の切削抵抗がなくなるので ドリルが食い込みひっぱらっれる 俗にいう2番が当たってる状態 https://www.monotaro.com/s/pages/readingseries/kakougenba_0602/ 切れ刃の角度以上 回転と送りで生成される角度が大きいと  切れ刃の面が切削面にぶつかり抵抗になる 適切な切削条件で削れば 真ん中抜けてた方が 楽 ボール盤でやってみれば一目瞭然 切り先は円錐形に見えるが 円錐ではないので(芯厚の部分はシンニング形状による) 径の違いがありすぎる場合 細いドリルだと逃げちゃうので 裏から加工する

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

把握はドリルチャックはダメです ミーリングチャックでね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#244033
noname#244033

振動もですが引っ張られますので、 下穴が開いているということは常に ドリルの抜け時の状態と言う事、 非常に折れやすいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

機械は横マシですね キリコは出るので 10からの5ですね 因みにマシニングで適切な付きだしであれば下穴は振動の要因は少ない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#244033
noname#244033

間違いなく2番です。 ドリルは下穴が開いていると非常に条件が悪くなります。 ボール盤で手作業で開けたらすぐにその理由がわかりますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

この程度の工具径長さ比率ならでクロスシンニング、付きだし必要最小限の長さなら、もみつけは不要です オイルホールドリルならキリコのはけは心配ないので 10開けて5ですね  外部給油なら 5のキリコが10の穴から出なくなる可能性有るので 5~10ですね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ドリル加工方法

    マシニングのドリル加工について。 今度6ミリキリをあけるのですが、抜けぎわに段差があります。 4キリ→6キリで加工します。 穴曲がりすると思います。大丈夫ですか? ハイスドリルで加工予定です。よい加工方法ありましたら対策教えていただきたいのですがよろしくお願いします。

  • センタードリル加工

    NC旋盤でセンタードリルのもみつけ加工をするときに、ドリルチャックを使っていますが、芯だしがうまくいかずに困っています。何か良い方法またはホルダーなどあるのでしょうか?宜しく御願いします。 機械の芯は出ていました。

  • センタードリル加工

    NC自動機を担当しています。ドリル前に2×90°×6のセンタードリルを主に使っていますが、かなりいいかげんで、もみつけ部2ミリの1.5~3倍が適応ドリル径で2ミリの半分がもみつけ量としてやっています。(一応、3ミリ・2.5ミリ・1.5ミリ・1.0ミリ0.8ミリとそろっています)鉄や非鉄もこんな感じです。これまで悩んだことがないのでこんな感じで加工していましたが、「技術の森」の先輩方はどのようにされているのでしょうか?センタードリル加工が詳しく載っているサイト等があれば、教えていただけると幸いです。

  • ドリル加工

    NC旋盤のドリル加工で貫通孔をあけています。孔の抜け際にフタができて裏面加工した時に、そのフタが孔の中に入ってしまって困っています。被削材にもよるとおもいますが、フタができにくくする方法をおしえてください。材料はSUS13A ドリル径はΦ6です。お願いします。

  • 段付ドリル

    お世話になります。 現在、アルミ材の段差孔(φ6×φ10 深さφ10部14mm、φ8部貫通)を段付ドリルで1発加工しております。 この際にφ10部にムシレ(恐らく30μ以上)が発生して困っています。 原因としてはドリルの段差部に絡まる切粉が考えられるのですが、この切粉を排除する良い方法はあるでしょうか?ちなみにドリルフレは根元で10μ程度です。 また、段付ドリルでの段差部1発加工のムシレ対策などのアドバイス等ありましたら御教授下さい。

  • ドリル加工穴あけ

    マシニングセンタのドリル加工でワークはSS400で板厚が19ミリあります。 3.4のドリル加工を貫通穴でハイス ドリルで加工しているのですが、時間もかかるので超硬ドリルで19ミリは一発加工はできるのでしょうか? おすすめの3.4超硬ドリルはありますか?

  • ドリル加工でのセンタもみの必要性

    マシニングでは、みなさんどんなセンタドリルをお使いですか? そもそも必要ないのでしょうか? 私が勤めている会社はレーザー加工がメインでして、今後新たな売上を 作るべくマシニングセンタを今年の2月に導入しまして、 オペレーター、データ作成者ともに機械加工未経験者な為、 毎日四苦八苦しております。 そこでマシニングセンタをお使いの方にお聞きいたしますが、 穴加工時のセンタドリルはどんなものでどのくらいの条件でお使いですか? うちでは「Bigのセンターボーイ」を使っているのですが 「送りが遅い、材質が弱い・・・」などこの工具の持ち味である センタもみと面取りの工程を一つにできるメリットが相殺されてる気が している今日この頃です。 加工する主な材質は鋼(ss400がほとんど、たまにSUS304) 現在の切削条件は、切削速度50-送り0.08として 回転723、主軸送り57で使用しています。 切削油は水溶性。 マシニングはキタムラのBRIDGEcenter-10です。 検討中の対策案 ?YAMAWA等の超鋼ポイントドリル (φ16なのでそれ以上は面取り工具を加える) ?高剛性・高精度の機械であれば、そもそもセンタもみは不要という内容の意見も・・・があったので、センタもみを無しにしてあとから面取り加工だけする。 なにせ経験不足な為、機械加工に従事されてる方にとっては”常識”的な ことがほとんど知らない状態です。 ご経験豊かな方のさまざまなご意見お願い致します。 ワークの上面はフラットがほとんどで、穴の深さは貫通で板厚25mmくらいまでが多いです。 ドリルは三菱の超鋼とハイスを使ってます(求芯性はいいらしいです)。 皆様、さまざまなありがとうございます。 実際の使用工具、条件、またその理由を教えていただけると幸いです。 宜しくお願い致します。

  • Uドリル加工

    NC旋盤にてUドリルで穴あけ加工を行なっていますが、機械から離れないで何かあればすぐに非常停止を押すように指示されました。みなさんの会社でも、Uドリルを使用する場合は、機械に張り付いているのでしょうか?その他の仕事がまったく手付かずになっており困っています。アドバイスお願いします。ドリル径は、φ17~φ50までと多種多様で、すべて貫通穴加工です。

  • インコネル601ドリル加工方法

    インコネル601の2.0・2.5ドリル深さ20mm貫通加工 現在ハイスドリルS1330F27(2.0)S1500F30(2.5)ステップQ0.6で加工しているのですが穴数2030ぐらいで折れてしまいます。最低6070ぐらい明けたいのですが良いドリル材質、切削条件等ありましたら教えてください。ちなみに超硬ドリルで加工したところ抜け際で刃が欠けてしてしまいました。

  • ドリル加工について教えてください

    こんにちは、いつもお世話になっております。 ドリル加工の初歩の初歩と思われる質問で恐縮ですがお教え下さい。 加工される材料が「ジュラコン(ポリアセタール樹脂)」で、厚さ3.3mmに貫通穴φ5.0を作りたいのですが、 部品の圧入による貫通穴となるために、寸法公差を 設定したいと思っています。 この場合、穴の指定寸法を基本寸法5.0に対して プラス公差0.05 マイナス公差0と プラス公差0  マイナス公差0.05ではどちらが 「基本的」「理想的」「現実的」と言えるのでしょうか? 樹脂ではありますが、ドリルの摩耗を考えればマイナスとも思うのですが、 以前、ドリルの加工穴は加工によってプラス方向に なってしまうと聞いたような記憶もあります。 ご助言をよろしくお願い致します。