• ベストアンサー
  • 困ってます

某国の肉体労働者が昔サイドワインダーを避ける為に履

  • 質問No.9756367
  • 閲覧数40
  • ありがとう数4
  • 回答数2

お礼率 94% (98/104)

某国の肉体労働者が昔サイドワインダーを避ける為に履いていたズボンを何故日本人がビンテージなどといって履くのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 30% (6520/21546)

他カテゴリのカテゴリマスター
現代ファッションの歴史なんて、ここ100年程度のことですよ。

今の女性ファッションの基本を作ったのは、ココ・シャネルです。彼女が女性服に革命を起こしたのは第一次世界大戦が終わったような頃ですよ。彼女は初めて、女性服をコルセットから解放しました。女性が社会進出できるようになったのも、第一次世界大戦とシャネルの服のおかげだったといって過言ではないと思います。

一方の男性ファッションの中心ともいえるスーツは、それより少しだけ古いに過ぎません。19世紀末のシャーロックホームズの服装は、今のスーツとはちょっと違いますよね。当時の英国紳士の服装はああいうものでした。
だけど、アメリカ人があんな仰々しい格好は面倒くせえとスーツを簡易にしたのです。それが世界中に広まりました。つまりスーツもアメリカ発祥なのです。

だから質問者さんが「シャネルにジーンズ、嘆かわしい」っていうのは、おそらく質問者さんは意図しなかったと思いますが、本質を突いているんですよ。
現代ファッションというのは、パリとアメリカが発祥なのです。
補足コメント
dikofok

お礼率 94% (98/104)

日本の商業の伝統的企業の歴史は存じてました。
他の国にも負けてないと思います。
従っておもてなしの気持ちの有り難さよくわかります。
投稿日時:2020/06/03 20:28
お礼コメント
dikofok

お礼率 94% (98/104)

どうもありがとうございます。
以前はブランドの服着てました。
今デパートの売り上げは危機的状況でしょう。
そしてジーンズを履かなくなってるそうですね。
倣うのではなく自分の意思でファシャン選びます。
エルメスは歴史ある馬具の会社だと思いました。調べたら1837年創業でたったそれだけの歴史でした。
ココシャンネルは映画など見てある程度存じてました。女性たちの服に改革をなされた方でした。
日本の着物の文化が何故世界的に認められてるか分かりました。
着ると動き難いと思いますが伝統の芸術品です。
投稿日時:2020/06/03 19:59

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (6309/19203)

ビンテージとは、ファッション業界では、「古着」を意味する言葉で、ジーンズを意味する言葉じゃありませんよ?

サイドワインダーを防ぐために履いたのではなく、あの色の染料をサイドワインダーが嫌ったから、あの染色材を使った結果、あの色になったということです。

また、材質の綿が厚いのは、丈夫であり、荒っぽい乾かし方(焼けた鉄板に押し当てて乾かすことで、すぐに乾く)などをしていたため、あのような材質で厚さがあったわけです。

うーん、質問の中の蛇避けになってるのは、生地でもないし、古いからでもないし、単に蛇が嫌がる物で色付けしていただけ。って話ですね。

そして、ビンテージには、ベビ除けの意味はないです。。。

ダメージジーンズのような、ファッションの一つでの、古着ということですね。


まぁ、日本だけの話じゃないですよ。
補足コメント
dikofok

お礼率 94% (98/104)

ジーンズにエルメスのバックの文化恥ずかしいとは思いませんか。
投稿日時:2020/06/03 09:11
お礼コメント
dikofok

お礼率 94% (98/104)

ありがとうございます。
アメリカの浅い歴史文化を世界中に売り込んでると思います。
洗脳された人々象徴が以前はジーンズだったのではないでしょうか。
恥ずかしい芸能人などがいます。
反体制などの象徴の意味はもうどこかに行ってしまったように思います。
投稿日時:2020/06/03 09:10
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ