• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

他動詞の直後には目的語が必ずくるんじゃないですか?

put onを辞書で調べたら 他動詞+副詞と書いてありました 他動詞の直後には目的語が必ずくるんじゃないですか? 他動詞+副詞+目的語の形は他にありますか? よろしくおねがいします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数80
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ponyo7
  • ベストアンサー率18% (120/647)

take off, put up, see off・・・ 目的語が名詞の場合は両方OKですが、代名詞の場合は×になります。 put on a shirt・・・〇 put a shirt on・・・〇 put it on・・・〇 put on it ・・・×

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます こういうのもありましたね昔やった記憶があります

関連するQ&A

  • 他動詞なのに目的語はどこにあるのか

    SVOOの文章で、どの語が目的語になるか分かりません。 他動詞の目的語は名詞(系)となるはずです。ところが、他動詞の性質しか持たない動詞の直後に、前置詞が置かれている文章をよく見かけます。 前置詞に導かれる句は、副詞か形容詞の性質しか持たないはずです。 文例をあげますと、 I am recommending to the board that a special $10.00 assessment be added to everyone's membership. 訳:私は、全ての会員から10ドルづつ会費を追加してもらうように、役員会議で提言します。 recommendは他動詞のみの性質しか持っていません。 この場合、am recommending toをV部分としてカウントして、toまで他動詞の影響を受けていると考えてもよろしいでしょうか? そして、the boardを1つ目の目的語としてカウントしたら良いでしょうか? そして、that以下を2つ目の目的としてカウントしたら良いでしょうか? それとも、to the boardは前置詞が導く副詞句としてカウントして、that以下を目的語としてカウントしたらよろしいでしょうか? 以上、よろしくお願いいたします。

  • 他動詞なのに目的語がない?

    他動詞のあとに目的語がなくてもいい場合はありますか? haveは他動詞ですが、 Have you gone there? Yes,I have. と、haveだけで終わっていますよね?目的語を置かなくていいのでしょうか? もう一つ、エアラインパイロットが自分が操縦をするときに、 I have You have といいます。これも同様に目的語がありませんがいいのでしょうか?

  • 目的語なしで他動詞を使用することは普通でしょうか。

    英語を勉強するのは大学以来の者です。 最近必要に迫られ、ビジネス英語の参考書を頼りに、独学で学んでいるところです。 そこでお知恵をお貸しください。 手元にある参考書には、make sure は自動詞のため目的語なしでもよいが、confirmは他動詞のため必ず目的語を置かなくてはならない、と記載があります。 しかし、最近観たある映画の中では、他動詞が目的語なしで使用されているようでした。 もしかして口語では、目的語なしでも他動詞を使用することは普通なのだろうか?という疑問を持ちました。 (以下 ネタばれあり、「パイレーツオブカリビアン、生命の泉編」より 人魚が、自分をかばってくれた神父に対し、次のように言います。    「you protect.」(あなたは私をかばってくれる) protectの後ろにmeがありません。 辞書を引くと、protectはやはり他動詞のようです。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • SPS700
  • ベストアンサー率47% (14633/31067)

1。他動詞の直後には目的語が必ずくるんじゃないですか?  いいえ。 2。他動詞+副詞+目的語の形は他にありますか?  はい。 3。例えば、下記などがあります。 bring about  誘起する bring up   育成する call off    中止する carry out   実行する make out   理解する put off    延期する put on    装着する  turn on    点灯する

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 他動詞+副詞のかたち覚えます

関連するQ&A

  • 他動詞の目的語と前置詞の目的語の違い

    I bought a book yesterday.という文があった場合、 私はS 買ったV 1冊の本をO 昨日M のように、買ったという他動詞の目的語として、何を?という目的語が来るという意味はわかるんですが、 I went to the office.自動詞等の場合、英語の参考書等では to前置詞の目的語のthe office等という説明がされていますが toの目的語という表現がいまいち理解できません。 目的語を取るのは、他動詞などの 動詞 が目的語をとるものではないんでしょうか? せめて、went toの目的語等という表現をなぜしないのでしょうか?

  • 目的語を取るものを全て教えてください

    私は目的語を取るものは他動詞だけだと思っておりました しかし、調べてみると 他動詞の目的語 前置詞の目的語 動名詞の目的語等 私が調べられた限りだとこの3つがありました 他に目的語を取るものはありますか?

  • (困ってます。)動詞句においた目的語の位置

    (困ってます。)動詞句においた目的語の位置 OKWaveには質問への補足がないので先程の質問を言い換えて質問します。 解体英熟語を勉強していて思ったのですが 動詞句には <自動詞 副詞> <他動詞 副詞> <自動詞 前置詞> <他動詞 前置詞> と種類がありますが  学校では<他動詞 副詞>の場合  名詞なら[副詞の前][副詞の後]どちらでも  人称代名詞なら[副詞の前]のみ  とだけしか教わりませんでしたが、  前置詞ではどうなんでしょうか?  また自動詞(副詞.前置詞)ならどうなるのでしょうか? PS 解体英熟語では<動詞 前置詞>において自動詞、他動詞の区別がされていなかったのですが、 これはこの句においてはとりわけ区別しなくてよいということなのでしょうか....

  • 群動詞の直接目的語

    I give the book back to him.・・・(1) =I give him back the book.・・・(2) と辞書にありました。(正確には「I」はなかったのですが) 「give back」は動詞+副詞の群動詞だと思います。動詞+副詞の目的語は動詞の後ろでも副詞の後ろでもよい、と参考書にありました。しかし目的語が代名詞の場合は動詞の後ろに置く、とも書いてありました。 ここで言ってる目的語とは直接目的語のことを言っているのでしょうか?「him」も目的語ですが、間接目的語だから(1)も可、ということでいいですか。直接目的語が「it」であれば I give it back to him.・・・(3)は可能だが I give him back it.・・・(4)は不可ということでいいですか? そこまで親切に書いてあるのが、見つからないので悩んでいます。 わかられる方おられましたら回答よろしくお願いします。

  • 他動詞で目的語をおかないで終わる文章はありますか?

    文の最後に他動詞をおいて、その後ろに目的語を置かないで終わる文章はありますか?

  • meanは他動詞なのに目的語がない?

    What does this phrase mean? この例文のmeanの意味が他動詞として英和辞典に載っていましたが、 mean のうしろに目的語にあたるものがありません。 なぜ他動詞の目的語がないのに文が成立しているのでしょうか?

  • 他動詞loveの目的語

    他動詞likeで「~が好きである」というときは、目的語の可算名詞を複数形にしますが、他動詞loveの場合も同様に考えてよいのでしょうか? また、目的語が「かわいい犬」などの限定された可算名詞の場合はどのように表すのが正しいのでしょうか? 次の例文では、どれが正しい表現なのでしょうか?よろしくお願いします。 (1)I love a dog. (2)I love dogs. (3)I love a cute dog. (4)I love cute dogs.

  • (困ってます。)英熟語の目的語の位置について 

    (困ってます。)英熟語の目的語の位置について  解体英熟語を勉強していて思ったのですが  tell on~ などは目的語が代名詞でも on の次に置くのでしょうか? 他動詞、自動詞、前置詞、副詞と目的語の関係がわかりません  どなたか丁寧に教えてもらえないでしょうか? 困ってます。 ちなみに自動詞と他動詞の区別はわかります。

  • 人を目的語に取れない動詞

    人を目的語に取れない動詞にはどのようなものがありますか? 他動詞だけれど人を目的語に取れない動詞(explainなど)の整理ができていません。

  • 他動詞の目的語が主語の場合の形容詞のあるなし

    他動詞の目的語が主語になる という項目で    注 他動詞の目的語に形容詞がつかない場合:      attentionのほかにも他動詞の目的語に形容詞がつかない場合がある。         Mention should be made of his strange go behavior.          (彼の奇妙な行動について言及すべきだろう)         Care must be taken of livestock.          (家畜の世話をしてやらなければならない)          * 口調に左右されることも多い。 と書いてあったのですが、 Detailed mentionとかKind careとはならないという意味ですか?