• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

コロナウィルスと製造業について

  • 質問No.9752409
  • 閲覧数122
  • ありがとう数2
  • 回答数2

お礼率 100% (8/8)

コロナウィルスの影響で製造業や各業種の企業
思考錯誤しながら景気対策を打ち出したり
持ちこたえられず倒産や廃業に追い込まれていますが

飲食店がデリバリーで方向転換を図っていますが
製造業は大切な工作機械の売却やリストラしか
生き残る道はないのでしょうか

皆様のご意見をお聞かせ下さい。

宜しくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 52% (508/974)

他カテゴリのカテゴリマスター
 よく言われるのが「製造業への景気の波は半年遅れる」ですからね。医療系とかに繋がってる案件をこなす会社は影響少ないでしょうが、車関係とか、飲食店関係の案件は間違いなく減るでしょうね。
 対策といっても、根本的に国内の活動が停滞した以上は一定数の倒産・廃業・規模縮小に陥る会社は出るでしょう。

 ただ個別の会社としては、自分達はそうした「一定数」にならないように足掻く必要のある、余裕のない会社なのか、現状ではそうした状態にはない会社かによって、とるべき対応は変わる気がします。

1.余裕のない会社の場合
 ともあれ製造業としてはお金になる案件で機械を稼働させない事には始まらないので、今まで自分達が不慣れな業界や案件についても『加工・検査する能力があるなら手を出す』というスタンスでかき集めに行く。

2.余裕はある(でも仕事は減った)会社の場合
 手が空いた部分で作業者のスキル向上とか、属人性の高い業務の引継ぎとか、惰性でやっていた業務フローの見直しとか・・・いわゆる『改善』を進める事で組織としての地力をつける。

 個人的には製造業あるあるだと思ってるんですが、製造の担当者が「いつもの仕事は出来るけど、理論面の理解は追いついてない」というパターン。特に、先輩たちがある程度定型化させた仕事を引き継いだ、若い担当者にありがちですよね。
 定型の仕事をやってる限りは問題ないけと、いざトラブルが起きたり、新しい仕事を受注したり、という際の対応力が足りなくなっていく・・・こういうスキルの先細りを防ぐためにも、この空いた時間を活用するのはアリだと思っています。

 まあ現実的には「1」「2」の両面で、受けられる仕事は別業界でも受けつつ、手すきの時には改善活動、ですかね。あとは新規案件について、どれだけかき集めに行くか、どれだけ無理な条件でも受けるか、という部分になると思います。
お礼コメント
machinesales

お礼率 100% (8/8)

ありがとうございます。
投稿日時:2020/05/24 08:17

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 18% (263/1438)

規模によるが

下請け商売なら
下請け商売からの脱却ですね
有名なのはフライパンですが

ネタとアイデア次第です
https://www.youtube.com/watch?v=C6zOwIa6Gz4

まだ稼げないだろうが
公開するとbanされるぐらいの秘密ですが
https://ytranking.net/blog/archives/6719
一本30万


大手なら今回の一件で脱中国は進むでしょう
忘れがちですがあそこは共産圏です
共産党が止めるといえば 止まるのです


ちなみに今売れるものは 銅の塊
http://www.jcda.or.jp/feature/tabid/88/Default.aspx
ウイルスに効く と 謳ってはいけないが
殺菌効果はあるので うまくいけば ぼったくりバーが (インセンティブくれ)

ステンレスはダメ
お礼コメント
machinesales

お礼率 100% (8/8)

ありがとうございます。
投稿日時:2020/05/24 10:00
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ