• 締切
  • 暇なときにでも

運動大嫌いですけど、何か問題ありますか?

  • 質問No.9751666
  • 閲覧数98
  • ありがとう数0
  • 回答数8
子供の頃から運動が大嫌いで、大人になった今ももちろん必要以上に体は動かしません。
体育の授業なんて毎回憂鬱でしかなかったし、部活も小中高大ずっと文化系を転々と。

運動らしい運動なんて軽くストレッチするぐらい。
あとは近くのスーパーまで歩くとか、通勤で最寄りの駅やバス停まで歩くぐらい。
ちょっと遠い所はバイクや車で行くし、ジムや体育館なんて全く行きません。

このまま運動と無縁の生活を送ってると、何か問題ありますか?

回答 (全8件)

  • 回答No.8

ベストアンサー率 21% (716/3337)

他カテゴリのカテゴリマスター
高齢者になって危ういのは、
大腿骨頚部骨折です。最悪の場合、
寝たきりの生活になってしまいます。

そうならない自身があるのであれば、
いまの侭の暮らしを続けていれば
宜しいのではないでしょうか。

自身の人生ですので、
自分の好みで暮らせば宜しい訳で、
後悔のないように
暮らしてくださいませな。
Good Luck.
Adios.
  • 回答No.7

ベストアンサー率 62% (17/27)

団塊の世代のジジイです。
「子供の頃から運動が大嫌い」等、私も全く同じです。
でもこの年まで大病も無く、(小病はほどほどにあります。)普通にすごしてきました。
でも極端な引きこもりはしてません。普通の生活が出来ています。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 24% (7/29)

老いてくると運動不足による弊害は血液検査や尿検査で色々数値になって現れてきますのでお薬を処方されるとこまでいくと意識も変わってくるのではと思います。よく一日20分以上歩くようにと指導されますね。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 30% (6499/21470)

他カテゴリのカテゴリマスター
運動の習慣があるからといって、寿命が延びるわけではありません。そのことははっきりしています。ただ、運動の習慣がある人とない人の間で明らかに違うのは死ぬまでの間の寝たきりの期間だそうです。
運動の習慣がある人は、寝たきりの期間が短い。つまり死ぬギリギリのところまで寝たきりにはならないで済むわけです。また認知症との間にも相関関係はありそうです。

杖を両手でついて四本足になったり、乳母車にすがって歩いているようなお婆ちゃんがいますが、あれは運動不足と関係はあるでしょうね。
皆さん指摘するように、40代以降は運動の習慣の有無で見た目にも中身にも差が出てくることは間違いないですね。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 19% (2060/10756)

運動しなくても生きていけますよ。日本人の生活をしていたら巨大デブにはならないし、都会に住む限り結構歩きます。

大都市に住む人は世界中どこでも車が停められないので全て交通機関を使い歩き倒します。パリなどはエレベーターのない古い建物も多いので4階や5階まで毎日歩いて上がります。

ただ職業上座っていることが多い人はもっと歩いた方がいいでしょうね。座ったままの仕事というのは江戸時代にはほぼなかったので、これはデジタル時代以降の弊害だと思います。

また和式トイレと床の生活ではたったり座ったりだけでかなり筋肉を使いました。洋式トイレとソファや椅子の生活様式ならば意識して外を歩くようにしないと体を立てておくこともないクラゲになってしまいます。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 15% (362/2289)

40才後半から、現状の体形維持が難しくなりますね。
筋肉量が足りないから、基礎新陳代謝も低いのだと思います。
ま、デブでも健康なら問題無いですけどね。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 31% (1760/5630)

40代以降、
いろんなことが出来にくくなると思います。
歳をとっても自分の脚で歩きたい、
自分の歯で食べたい、
自分の耳で聞きたい、など思うなら
若い頃から少しずつでも
メンテナンスはしたほうがいいです。
なんでも、いまの自分が
将来の自分につながるからです。
ジムに通ったり
運動系のサークルに入ったり、
ということまではしないとしても
普通に生活しながら取り入れられることは
しておいた方がいいと思います。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 12% (833/6639)

定期的に血液検査を受けていれば大丈夫なのでは。老齢になるまえに少し動かす習慣を付けておいた方が良いと思います。意外に大きいのが毎日の通勤の効果です。おそらく今の健康を支えている大切な項目だろうと思います。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ