• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ドキュメンタリー

数年前に、あるドキュメンタリー番組で(たしか日テレだった気がしますが)、イルカなどの動物のロボットを作ってる方の話を特集していました。その方はたしか、海洋学が好きな方だったのですが、なにかの病気を抱えてる方だったと思います。詳細がわかる方、教えてください。よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数58
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

林正道さん 肺がん のことでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 昔NHKで放映されたイルカのドキュメンタリー

    昔みたドキュメンタリーでイルカの生態について を紹介した番組がありました どうしてもその番組名が分からないんですが わかる方いらっしゃったら教えてください 記憶では 1、案内役でロビン・ウィリアムス(俳優)が出てきた 2. 家の庭が海に繋がっていてイルカが来る?(うろ覚え) 3. 水中でダイバーみたいな人がドーナツ型の気泡を口からだしているのをイルカが見て体を上下に動かしながら喜ぶ たしかそんな感じだったんですが もし心当たりあればお願いします 販売されていれば是非手に入れたい作品なんです

  • 「小さな桜の木の下で」というドキュメンタリー番組の挿入歌

     ずいぶん前の話になってしまうんですが、フジテレビのドキュメンタリー番組で「小さな桜の木の下で」という、北海道の別海町というところの別海高校3年生を特集とした感動的な番組がありました。細かい話になってしまうのですが、番組内の挿入歌で、たぶん臨時の国語の先生だったと思うのですが、その先生が別海高校を離れなくてはならなくなり、新幹線に乗り込もうとしている駅のホームでの場面だったと思います。その時に流れていた挿入歌が印象的で是非聞いてみたいとずっと思っていました。歌詞が「私だけがひとり ただ夢を見てる~♪」というものなんですが、タイトルと歌手名がわかりませんでした。フジテレビのホームページや、歌詞検索サイトで調べたのですが、出てきませんでした・・・  どなたかご存知の方、お願いします。

  • 神奈川県で古海図を販売しているところ。

    本来は海洋学や趣味などのカテゴリで質問すべきなのでしょうが、うまく見つけられなかったのでこちらで質問させてください。 数年前にTVで古くなった海図を画用紙大で販売している博物館か何かの情報を放送していました。 それがどこかわからないので教えてほしいと思っています。 神奈川県内だったと記憶しているのですが間違いかもしれません。 よろしくお願いします。

  • ここがヘンだよ日本人

    数年前まで「ここがヘンだよ日本人」っていう番組やってましたよね?確か日テレかTBSかテレ朝で。いつ頃番組打ち切りになったんでしたっけ?後理由はなんでしょうね。

  • チンバンジーが、死んだ自分の子どもを背中におぶるという話を知ってますか

    チンバンジーが、死んだ自分の子どもを背中におぶるという話を知ってますか?  数年前、テレビのドキュメンタリー番組で, 子どもを亡くしたチンバンジー(オラウンターかも)の母が, 死んだ後も干からびるほどになるまでその死体を手放そうとせず, 異動する時には背中におぶっているという報告を アフリカから日本の霊長類の研究者がしていたように記憶しています。  もしご存じの方がいれば, いったいなんという種類の動物を どこの大学の先生が研究しているか教えてください。

  • イルカなどの世話をする学校

    イルカなどの海洋動物の世話をするような職業をなんと言うのでしょうか? またそのような学校は何という名称ですか? 高校生の知り合いが知りたいと言っているので教えいただければうれしいです。 よろしくお願いいたします。

  • AKBがドキュメンタリーを出すことをどう思いますか

    http://www.youtube.com/watch?v=VKkhGW1LQrA AKB48のドキュメンタリー映画が話題になっているようですが、 (公開前だが各種メディアで取り上げられている)皆さんはどう思われますか? ちなみに第2弾だそうです。 私はAKBの熱烈ファンというわけではありません。 TVで見ていてかわいいな~と思う程度です。 もともとアイドルや芸能人のドキュメンタリー番組や特集は好きではなないです。 やはりアイドルはアイドルで舞台での輝かしい姿だけを見せるべきだと思ってしまうのです。 裏でこんなに頑張っている…というのをプロは見せてはいけないのでは?と感じます。 もちろん、彼女たちはとても頑張っていると思います。 過呼吸になりながらもステージで笑顔を見せる姿には感動します。 ですが世の働いている方はみんな頑張っています。 当たり前、な事だと思うのです。 比べられないくらい大変だとしても、それ相応の給料を貰っているはずだし自分で選んだ道です。 それを「私たちこんなに大変だけど頑張ってます」と同情してくれといわんばかりの 映像の数々、にはすごく疑問を持ってしまいます。 私の体験なのですが 以前、アルバイトをしていた居酒屋に あるアイドルと関係者らしき人たちが入ってきました。 当時、TVで見ない日はないってくらいに大人気でした。 居酒屋の座敷に入るなりそのアイドルは倒れこむように眠りこけました。 目の周りは落ち窪み、顔色も青いというより土気色でした。 結局、2時間の滞在時間全て寝ていて、時間になると急いで出て行きました。 次の日の朝、ニュース番組の生放送でそのアイドルを見たときには驚きました。 とても爽やかな笑顔で疲れなど微塵も感じさせない雰囲気でした。 プロってこういうものじゃないでしょうか。 数年、数十年経ってから「実はあの頃はこんなに大変だった…」 と言うのはまだ分かるんですが、まだまだ人気の真っ最中。 こんな時にドキュメンタリーってどうなんだろうかと。。 もちろんAKBというより、企画を考えた方…秋元さんかな? に疑問を感じます。 売れるという理由が大前提だと思いますが。。 肯定派、否定派、どちらでもかまいません。 ご意見お待ちしております。

  • なんて名前だっけ

    数年前に 芸人さんのドキュメンタリーみたいな感じで密着する番組があって それは全部うそで 嘘800(?)みたいなタイトルだったような・・・ 名前覚えている方いますかね・・・

  • 小児病棟で入院中の子どもたちの姿を描いたオススメのドキュメンタリー番組

    小児病棟で入院中の子どもたちの姿を描いたオススメのドキュメンタリー番組をご紹介下さい! 小児病棟での入院生活の様子や治療の様子(手術や検査など)が分かるようなものがよいです。 できれば、入院中の子どもの心理面が伝わってくるようなものがよいです。 時間が長いものでも、5分程度の短いもの(ニュースでの特集くらいのもの)でも構いません。 できれば、放送局等に問い合わせてVTRを手に入れたいので、 いつごろ、どこの放送局での放送だったか(番組名)なども分かれば教えてください。 宜しくお願いします。

  • なぜ地上波の紀行もののドキュメンタリー番組や特番は減った?

    ここ数年テレビを見ていて思うことがあります。 10年ほど前、特に90年末ごろまでは年に何回か、ネイチャーもの、または紀行もののドキュメンタリー特番をよく放送していた記憶があります。 僕の印象に残っている番組では、TBS系の「新世界紀行」や「神々の詩」、また特番ではテレビ朝日系の「ネイチャリングスペシャル」や、フジテレビ系の「グレートジャーニー」などがあります。またその他のTV系列でも何らかの紀行もののドキュメンタリーを放送していた記憶があります。 ただ、2000年代に入ると、そうした番組の数が圧倒的に減った感がします。 バブル崩壊後の「失われた10年」とか長引く不景気の影響で番組の制作費をスポンサーから集めにくくなった事情があったのかもしれませんが、そのほかにもTV局が余計に視聴率偏重の姿勢に変わり、よりコストの安いバラエティ番組などを量産するようになったのかと自分では推測してます。 で、最近BS放送を見ていると、こちらのほうがより良質なドキュメンタリー番組を放送しています。 地上波のゴールデンタイムでくだらないと思うようなバラエティなどの番組ばかり増えたような感じがして、最近はBS放送に切り替えることもしばしばあります。 視聴率の取り難い番組はBSへ追いやる傾向にあるんでしょうか? なんだか最近は、地上波でまともな紀行もののドキュメンタリーをやってくれるのはNHKスペシャルぐらいになったような気がします。 非常にさびしい限りです。 皆さんはどのようにお考えでしょうか? この質問を設けたのには、僕が思春期を過ごした90年代で、こういった番組を見て育ってきたことがあり、これがきっかけで旅行に出かけることが趣味になった経緯もあって、最近のTV番組の質が低下していることを感じ、こうした時代を懐かしむ一方でなんとなく憂鬱な気持ちを感じるようになったことにきっかけがあります。 ネット上でメディア批判をしょっちゅう見かけるようになった昨今で、ネットユーザーの方々がどうした思いを持っているのか、いろいろご意見を伺ってみたいと思い、投稿いたしました。 たまたま質問を拝見いただきました皆様、ぜひともご意見よろしくお願いいたします。 ※なお、質問の関係上、「反日メディア」等のある種思想的なメディア批判などの書き込みなどはご遠慮いただけますようよろしくお願いします。