-PR-
解決済み

おしゃれになるにはどうすれば・・

  • 困ってます
  • 質問No.974745
  • 閲覧数3402
  • ありがとう数31
  • 気になる数1
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 81% (191/233)

25歳女性です。イマイチです。
どうすれば、おしゃれな人になれるんでしょうか??
昔からそうでしたが、はやりに乗れません・・

ウェブアクロスとか、ショップのサイトを見たり
ショップにおいてあった雑誌(In Red)を買ってみました。

シンプルなおしゃれをしたいのですが・・
アドバイスよろしくお願いします。
通報する
  • 回答数8
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 18% (2/11)

やっぱりお洒落になりたいならお洒落を身を持って感じることが一番だと思います。
あなたの街のお洒落なお店などそういった所に足を運んで店員さんやそこに来るお客さんのファッションを見る。
お洒落なお店に行くには自分のお洒落も気にして出かけますよね?
雑誌などを見るよりもそれが一番だと思います。
お礼コメント
5858

お礼率 81% (191/233)

お店に行くのは好きです♪
気軽な方法で簡単にできそうです。
ありがとうございます。
投稿日時 - 2004-08-25 02:13:14

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.7
レベル12

ベストアンサー率 42% (322/753)

お洒落になるには、まず 自分をよく知ることです。
自分の体格や好みによって、ラフな感じが好きだったり、可愛い感じ、大人っぽい感じと女性の美しさは千差万別。
自分のイメージにあった自分の好きなディテールや色・形を用いたお洒落のできることこそ一番だと思います。
そのためには、ある程度 色々な知識も必要ですよ。

 ファッションには、色・形・イメージ・ディテール・素材などの上にトータルバランスが大切です。
 いくらひとつひとつのアイテムが素敵でも、組み合わせによって、ださくもなるし、素敵にもなりえます。そのあたりが、難しいということでしょうね。

知識として知るべきことは結構あるので箇条書きにしてみます。
1、色について知ること
本屋さんに行けば色彩辞典があり、色の組み合わせや色の特徴、イメージなどを詳しく解説しているのでそれを参考にして、実際自分のワードローブを点検してみるといいですよ。

2、肌の色で決めるワードローブ
人はそれぞれ肌の色・目の色・髪の色などによって、合う色、合いにくい色と言う物が存在します。
それを知ることです。
これに関しても、本屋さんに行くと色彩辞典があり、貴方の肌の色から判定してくれる物がみつかりますよ。

3、見ること
ファッション雑誌、テレビのファッション情報やウィンドーショッピングなどでみかけたものやセンスがいいと思った人をよくかんさつすることです。
街角ウォッチングなどで、自分の実力・観察眼をやしないましょう。

4、流行は自分なりにアレンジ
流行は自分なりにアレンジし、好きだと思えるテイストだけ取り入れるようにしましょう。
すべて、真似るだけでは、センスは磨かれません。

5、トータルバランス
ファッションは全体の雰囲気を整えることが大切です。イメージにしても、ナチュラル・エレガント・クラッシック・ロマンティック・ドラマティックなどといった風に様々です。自分の好きなテイスト・ディテールを知り、それを活用するすべを研究していきましょう。
それとともに、化粧も身に着ける色によって、パステル系・オークル系など、色味をあわせることがとても大切です。
たとえば、グレーの服に おれんじの口紅・おれんじの頬紅ではピエロになってしまいます。グレーにはピンク系の口紅やほほ紅をあわせるという基本的なことも知っておきましょう。

6、シルエットの基本
ファッションの流行を決めるのに大切なのがシルエットです。ストレートライン・ボックスライン・テーパードライン・トラベラーズライン・フィット&フレアーライン・ワイングラスライン・ベルライン・アワーグラスライン・シャンペングラスライン・ベッグトップライン・マーメイドライン・バルーンラインなどとたくさんみられ、それに付随して、ネックラインの種類・スリーブ(袖)の種類が存在します。
ここまで詳しくならなくても、せめて、タイトスカートならば、上はどうするといいのかとか、フレアースカートならば、トップはどうするかなどを知っておく必要があります。それが、やぼったくみえるか、素敵に見えるかをわけていくのです。

7、小物の使い方を知るべし
細く見えるから、らくだからということで、全身を黒で統一してしまう人がいますが、これはとても危険です。野暮ったく見えることこの上ないからです。
一色・一素材で統一するのでは面白みにも欠けます。
そのときに活躍するのが、小物。かばんやくつ、帽子や時計、指輪、ネックレス、ピアス、スカーフ・ストール、手袋がそれにあたります。
すべてみにつけろというのではありません。
服のイメージを損なわないようにしながら、そのなかから、減らしていく感覚で、チョイスするといいです。

8、ワードローブの基本を決める
自分のワードローブの基本となるべき色を決めましょう。闇雲に服を買うのではなく、基本となるべき色を決め、それに合わせる形で他の物をそろえていくようにしましょう。
私の場合は、圧倒的に黒が多いです。とはいっても、白も多く、そのときのイメージにあわせて組みあわせをします。そのためには、あくの強すぎるものより、ベーシックな基本的なものをそろえると、アレンジしやすいですよ。

9、ある程度、できるようになったら、自分らしさを意識しましょう。これはよくて、これはいやみたいな自分なりのバランス感覚を大切にしていきましょう。
なにも高級なブランド品に頼る必要はありません。

10、その場にあった服装、自分のイメージを確立する手立てとしてのファッションであることを意識して

TPO、その場に合った服装と言うのもあるので、それに自分を合わせていくのも大切です。
最近はキャミソールがはやり、若い子は誰も着ていますが、元来 肌を見せるのは夜あるいは社交の場などある一定の場所にかぎられていたはず、それがいつのまにか日常にはいってきているのは あまりいい傾向とは思えません。
ファッションは周りに見せる物かつ、自分を主張する物のはず。それならば、周りの人の目も意識してしかるべしだと思います。
 キャミソールで背中を見せるのも、ミニスカートで脚を露出させるのも、みせるのであれば、手入れを怠らないのがエチケット。
手入れもしていないにきびの浮いた背中や、打ち身や掻いた後の見える皮膚など 見栄えのよくないものを人目に触れさせないのも最低限のエチケットではないでしょうか?
お礼コメント
5858

お礼率 81% (191/233)

かなり詳しく書いてくださってありがとうございます♪
アクセサリー持ってないんですよね・・
勉強してみようと思います。
投稿日時 - 2004-08-26 00:53:09


  • 回答No.8
レベル10

ベストアンサー率 33% (23/69)

服に関してはもうアドバイスがいろいろ出ているので(♯3,4の方の意見はかなり納得です)、もう一つ追加で。
オシャレだなって思う人は髪型に差が出ます。
どれだけ服を頑張っても、伸ばしっぱなしだったりカラーも適当だとハッキリ言ってダサいです。
髪型を頑張ってると、服が少しずれてても許される部分ってあるんですよ。
私は5858さんはタイプじゃないかもですが、巻き髪でセレブを目指しています(セレブではないです^^;あしからず…)ですが、ダルイ時はどうでもいいジーパンに、何でもないTシャツですがそれでも「あえてシンプルにしてるんだ」って勘違いしてもらえます。
まぁ髪型きめるなら服もきめろって感じですが。
とにかく髪型は重要ですよ~!!髪と化粧(濃い薄いではなく、手をかける)を頑張ると、服のセンスは普通でもオシャレにみえます。
これは確実なので、メモってくださいね。では。
お礼コメント
5858

お礼率 81% (191/233)

メモりました♪
ありがとうございます。
投稿日時 - 2004-08-26 08:27:34
  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 25% (622/2471)

自分の体型や顔つきが近いタレントさんで、あなたが見て好感が持てる人いますか?

その人のオシャレを真似してみたらどうでしょう。
まったく同じものでなくても 色使いやデザインが同じようならいいと思います。

最初は真似からですが、だんだん自分の物に出来るかも知れないですよ。
頑張ってね。
お礼コメント
5858

お礼率 81% (191/233)

ありがとうございます。
まねしてみます。
もう少しやせなくちゃ・・
投稿日時 - 2004-08-25 02:23:31
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 13% (53/387)

例えば、服屋へ行って、マネキンが着ているやつを真似たり、もし、気に入ったスカートがあったとすると、店員に「このスカートには、どのような服が合いますか?」って聞いたりしてはいかがでしょう?私は、結構、そうやって店員にコーディネートしてもらいます。
あと、街中で「この人のファッション、感じがいいなぁ」と思ったら、それを真似るとか。とにかく真似するのは結構、効果があると思います。あとは、やっぱ、ある程度、お金をかけることも必要だと思います。安いポロシャツよりは、少し高価なポロシャツのほうが、着たときに綺麗に見えるし、洗濯しても形が崩れにくいですよ。
お礼コメント
5858

お礼率 81% (191/233)

ありがとうございます。
私も店員さんにコーディネートしてもらったりします♪
流行に乗れないのはまねるのが下手なのかな?と思ってるんですが、がんばります!!

ラコステのならもっているのですが
あれくらいでいいのかな?
投稿日時 - 2004-08-25 02:19:52
  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 13% (5/37)

なんと言っても「真似る」ことです。
おしゃれとおしゃれじゃないとは紙一重だと思います。

たとえば、パリコレとかでの発表会でモデルが着ている服はおしゃれなのでしょうが、あんなのを街中で着ていたら大変なことになりますよね。

おしゃれとは奇抜さではなく、「決して間違わないこと」です。シンプルな組み合わせから始めてください。(誰かのを真似して^^)
お礼コメント
5858

お礼率 81% (191/233)

ありがとうございます。
間違わないように真似していこうと思います♪
投稿日時 - 2004-08-25 03:14:12
  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 29% (27/93)

私はおしゃれな人って自分の中でこだわりがあると思います。
漠然とおしゃれになりたいから、流行ってるからと言って服を選ぶよりも、自分はこれが着たい、とかこういうスタイルがしたい、という具体的なイメージが自分の中にある人っておしゃれに見えます。
実際おしゃれな人ってどこかしらそのセンスの中に自分らしさがあるように感じます。

他の方が回答されているように、真似をしたりとか店員さんに聞いたりとかすごくいい方法だと思います。
でもその前にご自分がどういうスタイルが好きなのか
細かく研究されてみるといいと思います。
例えばシンプルなスタイルでも着てる人によって多種多様ですよね。
雑誌などで気に入ったスタイル、着こなしを見てみて
自分はこれのどこが気に入ったのか、どこに惹かれたのか、っていうのを見つけながら見ていくと、ただ眺めていたときより自分の真似したいポイントが分かると思います。気に入った全く違う着こなしでも共通点があったり。
そうしていけばより自分の中でのおしゃれのイメージが得られやすくなって、おしゃれさんに近づけるのではないかと思います。

長くなりましたが参考になれば幸いです。
お礼コメント
5858

お礼率 81% (191/233)

こだわりですね♪
研究してみようと思います。
ありがとうございます。
投稿日時 - 2004-08-26 00:57:02
  • 回答No.6
レベル12

ベストアンサー率 20% (155/751)

色々タレントから外人モデルさんまで観察して見た
おしゃれの勝手な定義です。

「いかに自分に合った、自分を知り尽くした、
自分の魅力にマッチした姿をしているかです」

それには背丈、髪型、スタイル、派手なタイプ
か地味なタイプか。

たまに背の高いモデルのような大人っぽい人が
プリプリなカワイイお洋服を着たりしています。

無い物ねだりなんですね。

また、いくらブティックの店員に勧められても
似合うか似合わないかキチンと見極めないと
買ってもなかなか着こなせない場合があります。

飾ってあっていざ試着したらやたら太って見えたり
とか多々あります。出来るだけ試着する事です。

あと色によってイメージが変わります。特に
シンプルなのが好みですと色が限られます。
茶色やベージュでエレガントやシックに写る
人もいれば、5歳老けて見える場合もあります。

綺麗な感じから、カワイイ、スポーティー、
カッコイイ、子供っぽい、何が自分に似合うか
それを探られた方がイイですね。

生れた時からオシャレな人はいません。
タレントもデビューしたての頃は普通です。
自分で意識して初めておしゃれになっていきます。

頑張って自分らしさを見付け、自分の持つ魅力を
最大限引き出してみてください。
お礼コメント
5858

お礼率 81% (191/233)

タレントはスタイリストがついているからおしゃれなのかなぁと思っていました♪
私もスタイリストが欲しい。
いろいろ探ってみようと思います。
投稿日時 - 2004-08-26 00:55:40
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ