• ベストアンサー
  • 困ってます

緊急小口資金と今後住宅ローンを組む際への影響

個人事業主をしております。 今後のコロナ禍がどのように仕事に影響を与えていくのか不安で なるべく現金を多く手元に置きたく、 とりあえず緊急小口資金を融資を受けようと思っています。 使わずにとっておいて、もし緊急時が無ければそのまま返そうかと。 お聞きしたいのは、今後住宅ローンなどを組む際への影響です。 緊急小口資金はどちらかというと、 言葉は悪いですが収入の不安定さがある場合に受けるという印象がなくはありません。 今後住宅ローンを組む際、銀行側はこういった融資を受けた事を 与信に対しマイナス要素として扱うものでしょうか? もし、ローンを組む際マイナスに影響するのであれば、 止めようと思っています。 住宅ローンにお詳しい方いましたら 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数101
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

そもそもこのコロナショックを乗り越えられなければ住宅ローンもへったくれもないと思いますが、いかがでしょうか。大切なのは今の嵐で船を沈ませないことであり「この嵐で船に傷が付いたら後で売るときに値段が下がる」なんて心配している場合じゃないだろうと思います。 借りなくても乗り越えられるなら、無理に借りる必要もないと思います。もちろん、経営判断として「手元に多くの現金を用意する」というのは正しいです。あの前澤友作さんもTwitterで「金を借りまくって多くの現金を用意しろ」とアドバイスしています。 経営者として正当な判断をしたものをそこで借金をしていますからローンは出せませんなんていうくらい見る目がない金融機関なら、むしろ願い下げなのではないでしょうか。 個人事業主なら、事業が上手くいってれば金融機関のほうが頭を下げて金を借りてくれっていいますよ。金融機関つうところは、晴れた日に傘を貸すのが商売ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 住宅ローンの金消契約後について

    住宅ローンの事についてお伺いします。 先日、住宅ローンの本審査に無事通り、金消契約を締結してきました。 今後、融資の実行を控えるだけなのですが、色々検索して調べてみると、金消契約を締結しても融資実行前に審査を再度行って、融資実行されないときがある。と聞きました。 そう言うことはあるのでしょうか? 実際、融資が実行されない場合は、直前(たとえば、前日とか)に知らされるものなのでしょうか? 幸い、審査時の与信枠には余裕が有ったようですし、新たなローンやカードは作っていません。 個人的にはあまり心配していませんが、ちょっと気にはなりますので、教えていただきたいです。 与信枠に余裕があったと判断しているのは、審査時に借りていたカードローン(150万円位)を返済しなくてもいい、無条件で通します。と言われたからです。 ただ、ローンが何本にもなるのは嫌なので、そのローンは完済かつ解約しました。 ちなみに、年収565万でローンの契約は2800万円です。

  • お給料の領収書と緊急小口資金

    業務委託で働いていましたが、コロナショックの影響で大幅に減収してしまいました。 市町村の福祉協議会で申請できる「緊急小口資金」を申し込もうと思いますが、減収したことを証明する業務委託のお仕事の給料(報酬)の証明になるものが手書きの領収書でハンコがありません。自分のハンコもお店のハンコも押してありません。 各自退勤する前に自分で店名を上に書き、自分の名前を下に書いて控えを持って帰っています。 自分の字で書いたものでハンコがなくても、そうした申請に付けて通るものなのでしょうか?

  • 住宅ローン

    水回りのリフォームを考えています、 自己資金が少なくローンを組むつもりですが住宅ローンが二年ほど、70万、残っておりこの分を返済しなければ融資を受けられないのでしょうか、どなたかお教えください。

  • 住宅ローンの審査への影響の有無

    数年後、住宅を購入しようと考えています。まだ先のことなのですが、住宅ローン(銀行からの融資)を組む際に、以下のことが影響するのではないかと心配をしています。 これらが影響して、融資を受けられないor融資額が減ることなどはあるのでしょうか? (1)10年ほど前にローンを組んでいて1度だけ残高不足で返済が一ヶ月ほど遅れたことがあります。 (2)半年ほど前にもクレジットカードのリボルビング払いで(1)と同様、残高不足で2日間返済が遅れました。 (3)リボルビング払いをよく利用しています。(返済は(2)の時以外滞りはありません。) よろしくおねがいします。

  • 住宅ローンの金利について

    低金利時代の折、各銀行で1%などかなりの低金利で住宅ローンが組めるようですが、 私の場合、個人事業主だった為、優遇できないと言われ、昨年の夏に2.4%ぐらいでローンを組みました。 その後、有限会社を起こして給与所得者となったのですが、今住宅ローンを組んだとしたら金利は変わるのでしょうか? ちなみに有限会社といっても実質1人でやっているので個人事業主時代と規模は変わりません。 もし変わるとしたら、組替えるのにどれぐらいのコストがかかるのでしょうか?

  • 住宅ローン資金組み込み融資

    自己資金、頭金なしで建売住宅を申し込みしました。 仲介業者さんが作成した資金計画表には 売買価格3150万円 諸費用270万円 自己資金0円 --------------- 借入金額3420万円となっています。 住宅の購入申込書には 自己資金50万円 住宅ローン3370万円となっていて 支払方法は 手付金 現金50万円 残代金 住宅ローン3100万円です。 手付金50万円は、融資実行の際に 口座に残る金額と同じなので、実質0円ですとの説明です。 もし引越し費用も必要なら口座に残る額をあと100万ほど 増やせるけれどどうするかとも聞かれました。 これは仲介業者さんだからできる融資の方法なのか それとも個人でも銀行さんに持ちかけてOKがもらえる方法なのか 教えてください。

  • 主人が住宅ローンを組みたがりません

    子どもが大きくなってきたので そろそろ住宅を購入しようかという話しになっているのですが、 主人が、 『自分は個人事業主なので将来事業資金を借入する可能性がある。 自分名義で住宅ローンを組むと事業資金が借入できないと困るので名義人にはなれない』 と言ってローンを組みたがりません。 じゃあ、私(妻)がローンの名義人になるから連帯保証人になってほしいと 頼んでも、 『事業資金を借入できなくなると困るから保証人にはなれない』 と言います。 住宅ローンを組むと(または住宅ローンの保証人になると) 本当に事業資金の借入ができなくなる(できにくくなる)のでしょうか??

  • 白色申告でも住宅ローンが組めるの?

    こんにちは。 夫がこのたび独立して、個人事業主となりました。 いろいろ勉強して「青色申告」をするべきなのだと知り、 開業届と青色申告の届けを出し、帳簿のつけかたを勉強しています。 青色申告というのは、節税にもなるし、 社会的にも「正しく働き帳簿をつけ税を納めている」と 認めてもらうためのものだと思っていました。 将来、事業資金の借入や賃貸住宅の契約、 住宅ローンなどを利用する必要に迫られたとき、 「青色申告をしている」ということが融資を受ける際の 「最低限の資格」…になるのだと思っていました。 (あくまで独学の私の、勝手な考えですが) ところが最近、家をローンで買った知り合いが、 「うちは10年以上ずーっと白色申告」を言っているのを聞いてしまいました。 従業員を数名抱えているような個人事業主です。 従業員を抱えるようなひとは、当然青色申告をしている思っていたのでショックでした。 そして、そんな状態でも住宅ローンの審査に通るということにも驚きました。 そういうものなのですか?

  • 住宅ローンに借換について

    離婚し、住宅を元妻に譲渡しました。 そうは言っても、ローンがあるため、現実的に元妻は売ることができないので、私に住宅の評価額を現金で支払ってほしいと言うようになりました。 私としては住宅が手元に残るのであれば、賃貸に出すこともできるので構わないのですが、問題は、元妻に支払うお金がないことです。 ちょうど、金利見直しの時期に来ていますので、他銀行の住宅ローンに借換をしようかと考えているのですが、ローン残額以上に貸してくれるところがあるのかと思っているところです。 不動産担保ローンも考えましたが、あと22年のローンが残っているので担保としての価値がないと言われてしまいました。 どこかいい融資先、または方法があればご伝授いただけないでしょうか?非常に困っております。

  • 手元資金の使い道、住宅ローンの繰上げ返済か自動車購入か?

    手元資金の使い道、住宅ローンの繰上げ返済か自動車購入か? 現在手元に500万円の現金があります。これを住宅ローンの繰上げ返済に回すか自動車購入資金に回すかで悩んでいます。  「金利の高いほうから優先的に払い込む」   という説と  「残高の高いほうから優先的に払い込み、金利の圧縮効果を狙う」   という説が混在しているようで、頭の中が整理しきれずにおります。 具体的には、 手元資金(余裕資金):500万円  ⇒ この資金を住宅ローンの繰上げ、自動車購入のどちらかに充てたいと思います。        住宅ローン     マイカーローン  金利:   2.1%(3年変動)  2.4%(半年見直し、+0.2%ずつ上昇とみなす)  返済期間: H.34.10(17年後)   H.27.10(5年後)  残高:   1530万円      500万円  返済金額: 12万円/月     9万円/月  # 住宅ローンは10月に金利見直しとなりますが、金利据え置きと考えます。  # 見直し時点で繰り上げ返済を行う場合の手数料は無料です。 試算:  ・住宅ローンの繰り上げ返済に充てると:    ・金利分が約114万円の節約    ・支払い期限が8年弱短縮  ・自動車購入資金に充てると:    ・金利分として約31万円の節約 上記から、500万円の手元資金は明らかに住宅ローンの繰り上げに充てたほうが有利かと思われますが、いかがでしょうか。 なお、月次支払い金額は、  (1) 住宅12万円+自動車9万円 = 21万円/月  (2) 住宅12万円 となりますが、自動車ローン期間の5年間は21万円が支払えるものと考えます。 恐れ入りますが、以上よろしくご教授のほど、お願いいたします。