-PR-
締切済み

高気密高断熱について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.974061
  • 閲覧数681
  • ありがとう数21
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 80% (44/55)

はじめまして。現在念願だったマイホームを建てようと本気で情報収集しています。そして、数あるメーカー、工務店の中から三社にやっと絞ることが出来ました。なにぶん難しいことは常に頭の中から排除して来ましたので私の頭の中は???だらけです。今、FPの家、一条の夢の家、富士ハウスで迷っています。それぞれの高気密高断熱24時間換気システムのちがいってあるのでしょうか?バカな質問かもしれませんが宜しくお願い致します。
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全7件)

  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 50% (4/8)

首都圏で数年前に三井ホームのフルDSPパネルで家を新築したものです。
高気密高断熱に拘って色々研究しましたが、実はこのセールスポイントである「高気密高断熱」に関しては、次世代省エネ基準のような明確な業界基準は設定されておらず、各社のカタログを横並びにして性能比較をする事は非常に困難でした。
私がとった方法は、同じ間取り図を用意して、その家を建てた時のQ値を計算して貰うこと。Q値は計算で出るのですが驚くことに、高気密高断熱を売り物にしているメーカーでさえ「個別には計算できません」とギブアップところもありました。(未だに信じられませんのでセールスマンの怠慢かもしれませんが)
「高気密高断熱」ってのは数あるセールステクニックの一つですから、会社によってはそれを売り物にしている割りに意外と数値が悪かったり、違うポイントで売っている割りには良い値を出してきたりします。但し、あくまでも自己申告なので本当にそれが正しいのかは永遠に謎ですが。

余談ですが、高気密高断熱といわれる家に住んでみたら、
確かに、冬は以前住んでいたマンション並に暖かいです。戸建てはどんなに作っても寒いというのは嘘でした。が、夏は室内からの廃熱が篭って非常に暑いです。勿論エアコンをつければ快適なんですが・・・。設計段階では、熱の出入り口である窓を制限しましょうという提案を受けるかもしれませんが、夏対策として忘れてはいけないポイントは各部屋の風通しだったと痛感しております。
お礼コメント
yaba

お礼率 80% (44/55)

はじめまして。アドバイスとても参考になりました。なかなか家創りは難しいと言うのが実感です。ある意味開き直って自分が其処にいるだけで癒される空間創りに没頭したいです。ああ・・・予算と言う壁が高く立ちはだかっているのが辛いです。風通しについてはこだわって行きたいと思います!ありがとうございました。
投稿日時 - 2004-08-25 01:27:08
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『住まい』の悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

建築士米村 和夫

質問する非公開

不動産コンサルタント福田 景子

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る


  • 回答No.7

富士ハウスは詳細知らないのて割愛します。

一条工務店の高気密工断熱は評価する評論家も多いですね。
家としての性能は優れていると思います。ただお値段も優れているのがネックですが。。。

FPの家はメーカー住宅ではなく地元工務店が施工するものですが、このFPを作り上げたのは、現在の高気密高断熱住宅の基礎を築いたといっても過言ではない北海道の工務店である松本建工が開発したものです。
この会社は昔高気密高断熱で手痛い失敗をした経験を生かして生み出したのがFPなので、性能的にはぴか一です。私ももし北海道に家を建てるのであれば間違いなく選んでいたでしょう。
で、このFPのフランチャイズはとても変わっています。会員料は年30万程度で特に高くないのですが、代わりに工務店に勉強を押し付ける、勉強しない工務店には卸さないというポリシーを持っています。
そもそもFPはフランチャイズの為に始めたのではなく、自分達の為に初めて、評判を聞いた東北地方の工務店やユーザーからの要望で外にも出すようにしました。

ただいかんせん高性能だけどその分価格が高いので、低コストの工務店で作っても結構よいお値段になります。(それでもメーカー住宅よりはコストパフォーマンスは良いですが)

お住まいが寒冷地でなければオーバースペックというのは間違いありません。

あと高気密についていうと、最近流行で無知な工務店が多い中で、FP工務店は非常に厳しい基準と検査に合格しなければならないため、重要な換気計画についてはきちんと出来ています。(一条も大丈夫です)
FPは第三種換気(フレクトを使う)、ダクト方式ですが、この方式が一番工務店でも換気計画と現場での換気量調整がしやすいのです。(FPでは全部換気量を測定して調節することが義務になっています)

で、もし温暖な地域にお住まいで、安く家を建てたい場合、FPの工務店でかつFPを使わない普通の高気密工断熱を施工しているところがあれば、そこであれば重要な換気計画についても、気密のとり方についても、高断熱の施工方法についても良くご存知なので、割安で良質の家を作れると思いますよ。

あと、コストを度外視するのであればスゥエーデンハウスというのも有名です。
お礼コメント
yaba

お礼率 80% (44/55)

この度は適切なアドバイスありがとうございます。安く家を建てたいのはもちろんの事です!換気計画の方が大切なのではないかと言う事も最近では思っている所です。とても良いアドバイスを頂きました。ありがとうございます。また何かありましたら宜しくお願い致します。
投稿日時 - 2004-08-25 16:05:50
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 38% (52/134)

 一条のI-HEADで建築中のものです。
 FPの家も考えたのですが、扱っている工務店が良いかどうかわからなかったので、一条にしました。
 
 富士ハウスが高気密高断熱住宅を作っているとは知りませんでしたので、私の場合は当初から対象外になっていました。富士ハウスについてはわかりませんので割愛させていただきます。

 FPの家とI-HEADは構造は大体同じで、内断熱方式のパネル工法です。
 断熱材はFPが硬質ウレタンフォームで105mm、I-HEADがポリスチレンフォームで90mmで断熱性能はFPの方が良いようです。
 気密性能は棟梁の腕次第です。
 換気システムはFPが第3種換気でI-HEADが第1種換気です。私は第3種よりも第1種の方が良いように思いました。
 全体的な総合評価としてはどちらも同じくらいの性能と思われます。
お礼コメント
yaba

お礼率 80% (44/55)

ご親切にアドバイス頂きありがとうございます。同じような方がいらっしゃるなんてとっても嬉しいです。私はまだ思案中ですが、素敵なお宅に仕上がると良いですね。また、何かありましたら宜しくお願い致します。
投稿日時 - 2004-08-25 01:15:25
  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 53% (64/120)

高密度住宅は住宅メーカーの完成品ではありませんよ。
各社が防湿フィルムを使用した「密封型ハウジング」のしっかりとした「評価」各回答者がいうように定まってはいません。
わたしも多くの疑問を感じています。

むしろ「密封型ハウジング」はかなり疑問が多く、この工法は「あなたと建物が健康であること」という目的より、温かい!経済的!といったまるでエサを撒いている釣り人の作戦といった気がします。

これらの工法の特徴は一言でいってしまいますと、悪口になってしまうかもしれませんが、「ビニールハウス工法」と呼ばれるものです。
ポリエチレンフィルムで床、壁、天井ょすっぽり覆うため確かにすきま風は入りませんし、断熱効果は非常に高いと言えます。

しかし反面「計画換気が建物の寿命を決する」と言われるほど換気が大きなカギとなります。私が見るところ残念ながら計画換気を十分理解している国内の業者は殆どいない
と言えるほど、ひどい建物が殆どなのです。

ビニールハウスと言う室内の湿気を換気扇で排出するから大丈夫というのが業者の言い分なのですが、換気口の取付や開口部の位置などは正直お粗末なものが多く、これが日本のメーカーのレベルなんだな、と思うばかりです。

過去数年に渡り、住宅調査のため北欧の住宅を見て回りましたが、北欧圏のある国は「密封すれば湿気は当然起こる」という逆の考え方で家を建てていたことを思い出します。
室内に水道管を縦の格子状に回し(結露帯を作っていました)、水道管に水滴が一杯出きるようにし、水滴が一箇所に集まりように工夫されており、完成度の高い住宅性能を目の当たりにしました。

繰り返しますが、日本の計画換気等というシステムは、高気密高断熱、24時間換気システムの命綱です。そして考えてみてください。高気密高断熱24時間換気システムがあなたと建物の健康を守ってくれるのか?と。

高気密高断熱とはあなたがビニールハウスで暮らすことを意味します。(本当に家族が健康でいられると思いますか?。)
24時間換気システムは、「住む家族に換気による健康を与えるのではなく、建物のダメージを少なくする」だけだと言うことです。

結論として現在の日本の住宅は、本当に信用できる工法を模索中なのです。(つまり実験中と言うことです)

個人的なアドバイスとして、「日本の住宅に多くの夢を持つべきではない!」というのが私の意見です。(ごめんなさいね)
100点満点の住宅はありません。
しかしメーカーの営業マンの知識の無さと、新工法の文化の低さには大きな期待は禁物だと思います。

ダメだダメだばかりが目立ってしまった回答になってしまいましたが、建築の世界の1人としてネットでは本当のことを言いたくて書き込みました。
長々と申し訳ありませんでした。
お礼コメント
yaba

お礼率 80% (44/55)

親切なアドバイスありがとうございました。ninjinsan様の「日本の住宅に多くの夢を持つべきではない」の言葉には正直打ちのめされました。多くの人は多分一生に一度と全労力を使い永い人生の大半過ごすであろう大切な場所創り・・・少しの妥協もしたくはありません。ですが、少々疲れてきたのも正直な所です。また振り出しに戻るのかと思うとつらいな~。ちなみにninjinsan様に少し頼ってしまうのですが、それでもまだマシだなんて思われる工法や何かありましたらアドバイス頂けませんでしょうか?宜しくお願い致します。
投稿日時 - 2004-08-25 01:09:59
  • 回答No.1

今年の様に暑い夏場、エアコンの電気代もバカになりません。住宅の省エネ対策はかなり光熱費を節約できる事になります。

お住まいの、冬場/夏場の最低気温並びに最高気温、そして風通し等々の立地条件が日本中で違いがありますので、お住まいの場所の立地条件や気象条件を加味して、各々の住宅メーカーが、ウリとしている特徴を検討されるのが宜しいかと思いました。

叉、その断熱工法に掛かる費用が、お住まいの気象条件にあっており、恩恵に被る技術であれば、値打ちのある物と思います。反対に、コストがかかる物で、恩恵に被らない物であれば、その予算は、キッチンとか住宅設備機器の高級化に予算を配分するなどの事が、宜しいかと思います。

『それぞれの高気密高断熱24時間換気システムのちがいってあるのでしょうか』

開発段階では、24時間換気システム/有り・無しの違いはハッキリとあります。

叉メーカーによって採用工法が違いますから、それぞれ、クセの様な特徴が出ます。

yaba様が、その技術に魅力を感じられるか否かになります。

一般的には、生活スタイルとお住まいの地域の気象条件で選択されるべきです。

例/日曜休日は、外出して殆ど家にいない。且つ平日は、夫婦とも仕事に出られ、夜帰宅。昼間不在の事が多い。高齢者の在宅が無い。来客が少ない。
このケースですと、日中の断熱等の対策に、相当予算をさくと言うのは。意味が無いと言えば言い過ぎですが、通常の性能があれば、極端な話ですと、各社同じ。と言う事になります。

逆の場合は、光熱費の具体的な省エネ。湿気等の対策による生活快適度等の、向上を検討されるのが良いと思います。
お礼コメント
yaba

お礼率 80% (44/55)

こんなに早くアドバイス頂いてとても嬉しいです。そうですね自分の生活スタイルも考慮しながらどんな家を建てるのかという事はとても大切な事だと気づきました。それと同時に今のスタイル、今後のスタイル、将来夫婦二人きりに(今子供は2人)なった時、そんな事を思いながらの家創りをして行きたいと思います。ありがとうございました。
投稿日時 - 2004-08-25 01:44:41
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 43% (20/46)

こんにちは。私の働いている工務店は、昨年までFPの家の会員でした。今は脱会しましたが・・・。
富士ハウスの高気密高断熱は聞いたことありませんが、一条もやりはじめたんですよね。よく、トステムのスーパーウォールとはかちあいました。

一条工務店でもFPでも機能的には似たような物(?)だと思いますが、外観や内装でオリジナルさを出したければFP、一条の外観が好きなら一条でいいと思います。(かなり寒いほうにお住まいならFPの方がいいかも。。。)

一条は一条のイメージの家をたてますが、FPやスーパーウォールは会員の工務店が建てるので、いろいろ希望を聞いてもらえると思います。
お礼コメント
yaba

お礼率 80% (44/55)

早速のアドバイスありがとうございます。富士ハウスは高気密高断熱住宅ではなかったのでしょうか?すみません、思い込みなのかも知れません。ですが・・・mocochya様の工務店ではFPの家の会員を脱会したとありますが非常に気になります!宜しければ理由などを教えて頂けないでしょうか?
投稿日時 - 2004-08-25 01:34:58
  • 回答No.6
レベル9

ベストアンサー率 43% (20/46)

あらためましてmocochyaです。
うちの工務店がFP会員を辞めたのは、決してFPの家自体がヤバイとかいうことではありませんのでご安心を。

理由は、会社が極寒地でも極熱地でも無い中部地区にあるので、お客さんがFPほどの高気密高断熱の家を真剣に必要としてないので、当然建ててくれるお客さんが少ないから。でもFP会員の費用は払わなくてはいけないので会社としてメリットが少なかったからです。

FPは日本全国どこで建てても同じ工法で通用するのですが、トステムの場合、極寒地ではスーパーウォールではなくてスーパーシェルという別の商品があります。
基本的には断熱材(硬質ウレタン)の厚みが違ったりするみたいです。厚みが違えば価格も違ってくるわけで、みなさんお手ごろなスーパーウォールにされてしまわれる方が多かった気がします。

建物としてはFPしっかりしてます。2×4工法でも在来軸組み工法でも建てれます。
脱会したということで不安にさせてしまいましたね。ごめんなさい・・・。
お礼コメント
yaba

お礼率 80% (44/55)

再度アドバイス頂きありがとうございます。当方、北関東地区に在住しています。夏は暑く冬もそれなりに寒いので高気密高断熱にとても魅力を感じてしまいました。お忙しい中、親切にお答え頂いて本当にありがとうございます。また、何かありましたら宜しくお願い致します。
投稿日時 - 2004-08-25 15:59:50
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
家選びの決め手、契約時に気をつけたこと。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ