-PR-
解決済み

ボダム社「メリオール」かロンネフェルト社「スリーピングポット」

  • すぐに回答を!
  • 質問No.973849
  • 閲覧数1618
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (10/10)

結婚のお祝いに紅茶のポットをいただこうと思います。
私は雑誌でボダム社の「メリオールティーポット」を見て、いいな~と思っていたのですが、ポットを贈ってくれる友人に「スリーピングポットをあげたい」と言われ、どちらにするかとても迷っています。

実際にこれらを使われている方、使ったことがある方、使用感等をお聞かせください。

ちなみに私は、これを機に紅茶をポットで淹れてみようと考えている初心者です。普段はティーバックを使っています…。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル5

ベストアンサー率 66% (2/3)

ご結婚おめでとうございます。
紅茶のポットを新生活のプレゼントにするなんて素敵ですね!
是非ダンナ様と美味しい紅茶を飲んでください(^-^)

ティーポット選びのポイントですが、

・ボダムの商品は、デザインは良いのですが、全体的に注ぐときの安定感(安心感)がないものが多いです。(蓋が外れやすい、ステンレスのため熱くて押さえられない等)注ぎやすさも、注ぎ口の長いポットにはかないません。しかし手入れは簡単です。

・スリーピングポットは、数ヶ月の補償がつきます。(詳しい期間は忘れました。ごめんなさい。)
使用感は普通のティーポットと変わらないと思いますが、構造がよくできており、美味しい紅茶が楽しめます。なんと言っても、置いた姿がユニークでかわいい!内部が少し洗いづらいのが欠点ですが、ツウの人は臭い移り等を考慮し、もともと洗剤を使用しないくらいです。(販売店でもそう指導されるでしょう。)

一言でまとめると、
   ボダム   … 使い勝手やデザイン重視
 ロンネフェルト … 誰でも本格的に淹れられる
といった感じでしょうか?

紅茶を茶葉で淹れるのに慣れていないなら、ボダムの方が簡単に使える(透明で中が見えるし、茶葉の処理が楽ちん)と感じるかもしれません。
でも、ロンネフェルトは時間がたっても紅茶がポットの中で濃くなり過ぎない構造なので、普段ティーバックの薄い味に慣れている方が、本格的なリーフティを楽しむには良いポットです。

専門的に言えば、ロンネフェルトのほうが構造上では美味しく淹れられると思いますよ。
もちろん、ボダムでもある程度の美味しい紅茶ははいります。

でも、せっかくの新生活ですものね!
デザインやイメージでご自分の好きそうなものを選んだらいかがでしょう。まだ初心者とおっしゃっている事ですし、初めは好きなポットで楽しみながら淹れてみて、慣れてきてからいろいろ検討してみてもよいのでは?
ポットやティーカップを選ぶのも、ティータイムを楽しむ上では重要ですよね♪

勝手なことばかり書いてしまい、すいません。
少しは参考になりますでしょうか?

やっぱり最後には、
美味しい紅茶を淹れる一番大切な要素は、愛です!!!
(ホントですよ~)
お気に入りのポットに出逢えるよう、お祈りしております(*^-^*)
お礼コメント
asso0906

お礼率 100% (10/10)

早速の回答ありがとうございます!
わかりやすく書いて頂いて、とても参考になりました。
紅茶初心者の私ですが、これからが楽しみになってきました(^^;)
がんばってスリーピングポットで淹れてみようかな。
あのデザイン、かわいいし素敵ですよね。
本当にありがとうございました!
投稿日時 - 2004-08-25 08:36:11
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ