• ベストアンサー
  • 困ってます

住宅ローンと生前贈与

  • 質問No.9737079
  • 閲覧数88
  • ありがとう数3
  • 回答数4

お礼率 82% (95/115)

息子が中古住宅(木造築20年以上)を購入する方向で検討中で、約3,000万円の住宅ローンを組もうとしています。
不動産屋のパンフレットには、「住宅ローン控除の対象」と記載されていますが、木造築20年以上なので本当に対象なのか気になります。
質問1.
木造築20年以上でも対象になるのでしょうか?

質問2.
親として生前贈与を考えているのですが、住宅ローン控除を考慮した場合、頭金として贈与して住宅ローンを減らした方が良いのか、住宅ローン控除の対象期間後に贈与した方が良いのでしょうか?

ご助言をお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 70% (1686/2386)

マネー カテゴリマスター
1.築20年を超えた木造住宅でも耐震改修されていれば住宅ローンの対象です。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1214.htm
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1215.htm
木造住宅なら一律に築20年以下でないと対象にならなかったのは、平成26年よりも前のことです。
耐震改修されていることを不動産屋さんに確認してください。

2.贈与されるなら、購入前がいいと思います。

「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税」特例があります。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4508.htm
今なら、1,500万円または1,000万円まで贈与税はかかりません。
対象となる住宅かどうかご確認ください。(不動産屋さんもご存知かと思います)

さらに、「相続時精算課税制度」を利用されると、当面2,500万円まで贈与税はかかりません。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4103.htm
もっとも、相続時に精算されますので、予想される遺産額などご検討の上、使うかどうか選択されるのがいいと思います。

なお、上記の2つの制度は併用できますので、3,000万円の贈与なら十分メリットがあると思います。
補足コメント
green1112

お礼率 82% (95/115)

耐震基準適合証明書を有償で発行してもらうそうです。
投稿日時:2020/04/21 13:57
お礼コメント
green1112

お礼率 82% (95/115)

大変参考になりました。
ありがとうございました。
投稿日時:2020/04/21 13:58

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 70% (1686/2386)

マネー カテゴリマスター
No3です。

1か所、訂正させてください。

1.「住宅ローンの対象です。」→「住宅ローン控除の対象です。」
  • 回答No.2

ベストアンサー率 50% (349/688)

他カテゴリのカテゴリマスター
》木造築20年以上でも対象になるのでしょうか?

木造で築年数が20年を超えているなら住宅ローン控除は出来ません。

》頭金として贈与して住宅ローンを減らした方が良いのか、住宅ローン控除の対象期間後に贈与した方が良いのでしょうか?

住宅取得資金非課税制度の受贈者要件として、「贈与を受けた年の翌年3月15日までに住宅取得等資金の全額を充てて住宅用の家屋の新築等をすること」とされています。
購入してから繰り上げ返済として贈与した場合には非課税制度は使えず、基礎控除の110万円を超えると贈与税が課税されます。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4508.htm
お礼コメント
green1112

お礼率 82% (95/115)

早々にご回答いただきありがとうございました。
投稿日時:2020/04/21 14:00
  • 回答No.1

ベストアンサー率 44% (457/1025)

木造中古住宅の場合は築20年以下ですので、対象でない可能性が高いです。
不動産屋によく確認したほうが良いでしょう。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1214.htm

金額にもよりますが贈与をする場合は頭金として贈与し、
非課税の特例を使ったほうが良いと思います。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4508.htm

贈与の額が少なく贈与税に比べて住宅ローン控除の恩恵が大きい場合は、
ローン控除が終わってから繰上げ返済用に贈与したほうが良い場合もあります。
お礼コメント
green1112

お礼率 82% (95/115)

大変参考になりました。
大規模なリフォームを行っているようなので、減税の対象になるのか不動産屋に確認させます。
頭金として贈与したいと思います。
ありがとうございました。
投稿日時:2020/04/19 09:23
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ