解決済み

去年の収入はないのに半額免除・・・??

  • 困ってます
  • 質問No.972755
  • 閲覧数204
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 68% (1434/2088)

去年の3月に会社を退社し、
9月からの職業訓練を受け、
今はそれももう終わり、
仕事内容にこだわりたいため、今はまだ求職中です。今30です。
去年の4月から今年の6月分までは、年金の免除申請をして全額免除でした。
まだもうしばらく求職活動がかかりそうなため、
7月に免除申請に行きました。
本日、新たな払い込み用紙が届きまして、それによると半額です。
今収入がないのに雇用保険を受給していたときより高くなるなんて・・・???となってしまいました。
ちょっと調べましたところ、受給中はその現在の状態を考慮して免除されるが、そうでない場合は昨年の収入が参考になるのだとか。
確かに去年の3月までで、70万ほど収入がありました。
この金額で、今無職で、半額免除というのは妥当なんでしょうか??

そういえば、学生のときも収入がないのに満額請求されてましたね・・・。免除制度の基準って結構いい加減なのでしょうか??
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 36% (1050/2908)

全額と半額の判定は「向こうで勝手に決める」ですので…
行政不服審査法による不服申し立てはできますが、質問者の場合にはあまり全額になる見込みは無いようです。

なお、全額免除も半額免除も納付期間としては100%算入されます。
たとえば、全額免除を25年間経過しただけで、1度も納付しなくても65歳になったら年金は貰えます。

ただし、全額免除の期間に応じて、受け取る金額が1/3になります。
たとえば45年納付した場合で1年間全額免除だと、受け取る年金は満額の44/45+1/45×1/3となります。
45年のうちの1年の分だけ、減るというだけです。
45年間全額免除だと、受け取る金額は満額の1/3ですけど。
半額免除だと、1/3ではなく2/3の計算になります。
お礼コメント
azicyan

お礼率 68% (1434/2088)

実はちょっと疑問の点をずばり教えていただけてよかったです。
具体的な説明ありがとうございます。

で、免除のほうなんですが、
いろいろ調べましたところ、
前年の収入が30万あるともう通らないそうです…
それでも半額が通りましたからまだましなのかも??

半額でも年額8万ほどになります。
前年の収入30万で8万徴収するとは・・・

貧乏人ということ自体が犯罪なのですね。
投稿日時 - 2004-08-24 10:19:54
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 12% (344/2655)

免除については明確な基準がありますので、下記のHPで確認してみてください。
あと全額免除期間は、年金加入期間としては1/3しか加算されませんので将来の支給額に影響が出る可能性があります。
その事も含めて考えてみては如何でしょうか?
           
補足コメント
azicyan

お礼率 68% (1434/2088)

ところで、この7月分が納付期限が8月末になっているのですが、
これまでに払わないと未納ということになるのでしょうか?
投稿日時 - 2004-08-23 18:42:14
お礼コメント
azicyan

お礼率 68% (1434/2088)

回答畏れ入ります。

参考ページ見させていただきました。
家族構成は母、姉、私です。
母親はパートに出ていますが、所得税のかからない範囲です。
姉は正社員ですが、ほとんど家にお金は入れていません。
姉と同居しているがために半額になってしまったのでしょうか^_^;

今の私にとって半額でも大きいです(T_T)

回答ありがとうございました
投稿日時 - 2004-08-23 18:42:09
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ