• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ステンレスに貫通タップ加工M20・厚み40ミリ

ラジアルボール盤1300で、カトウ工機のだいぶ昔のタッパーですが、通常問題なく使用出来ます。ステンレスで厚みがあり、加工数も45あるので、取りあえず、一か所、標準17,5キリで開け、ポイントタップで試すと1回で抜けました。それで全て17,5で開けてタップ加工になると4回目位で20ミリ入っ位でタッパーのクラッチで止まります。新品のスパイラルタップがあったので試してみましたがだめでした。 依頼者に下穴を少し大きくする了解もらい、ポイントタップ新品の注文しました。 品物納期に余裕があるので、何か、アドバイスお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数370
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

そのサイズ深さなら特に 美しい加工とは言えません カトウタッパーの昔のをという話なので 先に答えたようにトルクリミッターがおかしくなっている可能性があります うちの場合は24時間稼働しているので 半年もしくは1年に1回交換してメーカーに点検を依頼しています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

美しいは謝り 難しいが正解 音声入力にて チェック不足でした

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは、何度も回答有難うございます。

  • 回答No.2

カトウ工機のタップコレットでしたら、 被削材別に安全装置の設定が異なります。 「標準」    …一般用  ←SC等 「イエロー」  …軽切削材用 「レッド」   …難削材用 ←SUS等 「ロール」   …転造用 「安全装置なし」 まずはカトウ工機に相談されると良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。

  • 回答No.1

間違いなくトルクリミッターが弱っていると思われますメーカーに修理に出しましょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答頂き、有難うございます。古いタッパーなので、トルクリミッターが弱っている可能性ありますね。・・・下穴を18キリで開けなおし、最初のポイントタップで、食いつき?からタップを押えて・(ラジアルボール盤のハンドルを押えつけて)・30箇所位まで1回で貫通出来ました。ボルトを入れてネジ山正常です・それ位でタップがかけたので、中止しました。使用のタップは、SS財では、結構長く使ってます。・・・新品のポイントタップがが入って、残り問題なく加工出来ました。・・・こちらは、ラジアルボール盤と古い道具の加工ですが、ステンレス厚み40ミリにM20貫通加工は、一般的??難しい加工じゃないのでしょうか・??・・・今回は、回答有難うございます。

関連するQ&A

  • 難削材のタップ加工について

    質問させていただきます。 ラジアルボール盤でのタップ加工についてですが、加工するものは浸炭焼き入れされた17CrNiMo6の材質の歯車です。 たてるタップはM20で下穴17.5mmで深さ45mm、タップ有効深さは40mmで一応タップを立てる部分は防炭されています。 材質の硬さはHs36~48です。 一度加工した際はOSGのSUS用タップを使用してみたのですが刃先が欠けて全然持ちませんでした。 そこで質問ですが、タップの選定としてほかに良い物はないのでしょうか? 教えてください、よろしくお願いいたします。 ちなみに一度加工した際は、SUS用ポイントタップをタッパーにつけて深さ10mmくらいだけボール盤で加工し、あとはタップにハンドルをつけて手作業で有効深さまで入れました。タッピングオイルはステンレス用を使用しました。

  • ラジアルボール盤のタップ加工

    ラジアルボール盤でタップの芯出しで皆様に教えて頂きたいのですが、自社ではタップ加工するときにラジアルボール盤の主軸の回転を停めてから下穴にポイントタップ(ガンタップ)を合わせて芯出しを行います。 例えばM6×p1の場合、 ドリルФ5で何箇所か下穴加工後、主軸の回転を停めてから一ヶ所づつ、ポイントタップのテーパー部(不完全ねじれ部)で下穴5キリにはめ合わせて芯出しを行います。 聞いた話しでは、主軸を回転させたまま下穴にタップを食い込ませタップ加工しても大丈夫らしいですが。 一般的にはどっちなんですかね? 入社してまだ2ヶ月なんですが、ラジアルボール盤を担当している同僚に聞いても経験が浅くよく分かっていません。 板厚は10ミリ位です。 主軸を回転させたままタップ加工が出来れば、作業時間の短縮出来るのですが…。 自分も素人なのでよく分かっていません。

  • タップ加工の不具合

    M36のタップをラジアルボール盤で、トルククラッチ型のタッパーを使い 加工しましたが、ねじ山が正規のものよりも山が薄くなり、止まり側ゲージが入ってしまうという不具合が起きました。 このような現象は、どういうときに起きるのか、またその対策をご存じであれば教えて頂ければと思います。

  • M6のタップの貫通子加工について

    はじめまして。初質問させていただきます。 今MCでM6のタップの貫通加工をしているのですが五〇穴くらいで折れてしまってこまっています。ひどい時は10穴くらいです。板厚は20mmです。 スパイラルでの加工をしていましてこのサイトを見てピンポイントのタップでの加工に切り替えようと思うのですが先輩が「下穴貫通後に表と裏面両方面取りすればスパイラルでもいける。」といいスパイラルでの加工を押しています。 MCでの加工なので表と裏両方の面取りだとワークを一旦取り外してボール盤でとるかひっくり返して面取りだけ加工するかになりどちらにしても2度手間になってしまうのでできればピンポイントを使用したいのです。 あとお恥ずかし話なのですが今までピンポイントタップを使用したことがなく貫通穴の加工に適しているとのことなのですが裏面の面取りをしなくても折れることなくいけるものなのでしょうか? 素人の質問ですいません。よろしくお願いします。

  • タップ加工

    マシニングでのタップ加工でタップの寿命が悪く困っています。 水溶性切削液(エマルジョン)、タップOSG-TINコートで切削速度810m/minで加工しています。 ポイントタップやスパイラルタップなど試したのですがひどいときは2030個で刃先が欠けてしまいます。ツールは日研のフロートタッパーを使用しているのですがタッパーではなくチャッキングしての同期タップの方が良いのでしょうか。 教えてください。

  • 鋳物FC25材・孔・穴・キリ加工で、径が大きくなる

    ラジアルボール盤でのM5~M10・タップの下穴加工です。SS材では、下穴径、大きくなりませんが、鋳物FC25では、0,1~0,2ほど大きくなります。鋳物加工用のきりの研ぎ方とかあるでしょうか??・・・・ラジアルボール盤の主軸に、キリを簡単に交換できるアタッチメントを付けると。キリ先が結構?振れます・が加工場所ポンチに入ると、安定してます・・・主軸にストレートシャンク?でキリを付けるとキリ先の振れはあまりありません。・が孔径は、大きくなりがちです・・鋳物タップ加工の下穴径マイナス目は、結構?ある?加工でしょうか??

  • タップ

    NC機械にて、タップ加工を行いました。G84を用い行いましたが、しっかり出来ませんでした。調べたところ、カトウ工機のタッパーを使用すれば出来るということです。値段もそこそこするので、購入しようか迷っています。使用したことがある方がいましたら、どうなのか教えて下さい。SA-R型を購入予定です。 説明不足ですいません。他のタッパーは使用していません。行った内容は、M3タップをチャッキングし、G98G84Z-?R?F?で行いました。リジットというのは、M29のことでしょうか?初心者ですいません。回転と送りのバランスが取れないのは確かです。回転はだいたい400回転位に合わせ送りをF360にしてやりました。見た目は、たっているように見えたのですが、ネジゲージが入りませんでした。 みなさんいろいろありがとうございます。逆転はするので、SA-?等でもよいのですが、付け替えが大変と思い、ストレートシャンクの物にこだわっています。 ネジピッチ・・・0.5 下穴径 ・・・2.5 下穴深さ ・・・8.5 有効ネジ ・・・6 タップ深さ ・・・6 タップの種類・・・スパイラル 使用油剤 ・・・油性 被削材・・・アルミ で行う予定です。

  • アルミのタップ加工について。

    技術の森の皆様のお力を貸して下さい。 今、アルミのM4×0.7のスパイラルタップで加工をしているのですが一発目で必ず折れてしまいます。 前は順調にタップ加工できたのですがタップの種類を変えたらうまくいかなくなりました。 前はYAMAWAのSUとゆうステンレス用のタップでアルミにタップ加工していたのですが、工具屋にタップを注文したらOSGのEX-SFTでもアルミにタップ加工できるからと言われ購入したのですが必ず折れてしまいます。 何か良い方法ありますか? タップはやはりアルミならアルミ用、ステンレスならステンレス用と加工する材質に合った物で加工した方がいいのでしょうか? 皆様は材質ごとに使い分けてますか? 皆様のご意見などお聞かせください。

  • ネジバリが出ないタップ加工って?

    知っていたら教えてください。 竪型マシニングにてタッパーでアルミキャスト品を切削タップ加工で量産実施してますが タップの切粉?(前工程かもしれない)がタップ入口面取部に圧着されてしまい品質不良を招いています。加工プログラムやタップ仕様変更等で実施してますがイマイチです。 今の所転造タップへの検討をしつつ切削工具の設計をしているのですが タップの食い付き部の面取り角度の変更とかでバリの発生を防ぐ考えってあるのでしょうか? 大体食い付きは45度ですが メートルネジだと60度なのでタップ形状に合せた角度の方がバリ発生しずらくなったりとかって有り得るのでしょうか? ちなみに対象内容として ?水溶性切削液 ?ネジはM14 ?竪型マシニングでタッパー使用(コンプレッションゼロ テンション3?) ※リジット機能無しなので周速15メートルほど送りはピッチ ドウエルはタッパーメーカー推奨計算値より算出=カトウ工機 ?切削タップはスパイラル(OSG) ?被削材はAC4CH シリコン入ってるアルミキャスト品で粘い材料かな? ?タップ加工前に一時停止して確認するとかは考えていない ?加工は竪型で止め穴 ?下孔は段付きバニシング超硬一発 こんなとこです。 今のところは転造タップ化+食い付き形状変更でなんとか逃げたいとこなんですけど・・。 他に良いアドバイスがあればご伝授ください。

  • 【タップについて】

    (1)厚さ50mmの物にM10タップ深さ35mmをたてないといけません。 先輩にはM10+深さ35=(10+35=)の計算をして出た答え(45→45mm)の下穴深さをあける。 と学びました。 未経験から鉄工所で務めて半年感は教えられた、やり方でやってきました。 ある日、先輩から下穴45いれなくても42ぐらいいれといたらM10深さ35はできると学びました。 3mmも浅くしても作れるのでしょうか? もし良ければ、どういった計算をしたら、下穴深さの答えは出るのでしょうか? (2)止まり穴?はスパイラルタップの方がいいと聞きました。が、スパイラルタップをやる時は逆回転を途中でやってキリ粉を切ったりしないとキリ粉が噛んで折れると学びました。ただボール盤の位置が高く身長の低い僕にはタップがはいっている途中に逆回転のボタンが押せない(届かない)です。 左手はバイスを持って、右手はレバーを持っています。スパイラルタップは逆回転なしで必要分の下穴深ささえあれば一発で作れますか?M5.M6.M8タップを主に使います。普段は止まり穴でもポイントタップを使っています。