解決済み

浄水器の値段

  • 困ってます
  • 質問No.972602
  • 閲覧数135
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 89% (95/106)

浄水器を購入しようと思うのですが、1万円以下のじゃ口に取り付けるタイプの物は付けても付けなくても一緒と言うふうに聞いたのですが、本当なんでしょうか。
アルカリイオン水を作らなくてもいいので、塩素やごみが取れたらなあと思っているのですが、あまり安い物は付ける意味がないのでしょうか。
では、どれぐらいの値段の物を付けるといいのか教えて下さい。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

ベストアンサー率 62% (256/409)

アルカリイオン水を作らないのであれば、1万円以下でも全然大丈夫と思います。

活性炭やセラミックスを使えば、残留塩素や鉛、残留農薬などが除去できると思います。
中空糸膜は細かいものまで取れますが、水量がチョロチョロなのと、お湯を通すと壊れるのが難点ですね。

気をつけた方がよいのは、ランニングコストです。
カートリッジを〇ヶ月に1回交換、と出てますが、その期間を計る前提条件(1日の使用水量)がまちまちですので。
勿論、たくさんの水量が使えるにこしたことはありません。
カートリッジをいつまでも交換しないと、有害物除去能力が極端に落ちますので、こまめに交換が必要です。

あと余談ですが、カートリッジは横型よりも縦型の方がよいそうです。
お礼コメント
mako_

お礼率 89% (95/106)

nikuudonさん、ありがとうございます。ただ、私昨日nikuudonさんを読ませて頂く前に買いに行ったので、横型の方がデザインがすっきりしているかなと横型を買ってしまいました(-_-;)今ちょっと大丈夫かなと・・・。1万円足らずで自分の納得出来た気に入った物を購入しましたが。ありがとうございます。
投稿日時 - 2004-08-24 09:31:38
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

 値段は関係ありません。活性炭のフィルターなら塩素が取れますし、中空糸膜フィルターなら大腸菌も通しません。両方付いていて、有名メーカーの物でも3000円程度の物もあります。
 安い物でもカートリッジを頻繁に変える方が結果的には、高い物でカートリッジも高く頻繁に変えないより良いと思います。
お礼コメント
mako_

お礼率 89% (95/106)

みなさんのおかげで本当勉強になりました。何がどう言うことなのか本当よく分かり、納得して商品を購入しました。ありがとうございます。
投稿日時 - 2004-08-24 09:26:05
  • 回答No.2

 別にそんなこともないです。
 商品によって当たり外れはあるものの、ちゃんと出来てればフツーに浄水できます。

 長期にわたって使うのであれば、フィルターを交換できるタイプのものもありますし、どうしても性能にこだわりたければフィルターを早め早めに買い換えていけばいいのです。
お礼コメント
mako_

お礼率 89% (95/106)

問題はフィルターの早めの交換なんですね。値段の違いは形状や機能の違いなのかな。自分で納得が出来て浄水器を購入することが出来ました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2004-08-24 09:23:12
  • 回答No.1

高価なもので安心できるなら買えばよし。
手ごろなお値段でもフィルターが高額で買い替えに躊躇するようなら付ける意味がないし。
使い捨てでも毎月交換可能なお値段の方が新鮮な水を飲んでいるようで私は安心。¥1000/3ヶ月で交換のものを存分に使って毎月交換しています。しかもたまに¥500以下で購入できたら買いだめします。

¥100ショップの活性炭フィルターでもこまめに変えたら十分だと思いますよ。特にゴミには。
お礼コメント
mako_

お礼率 89% (95/106)

皆さんに教えて頂いたことを参考に売場に行って、値段の違いとか形状の違いがよく分かりました。自分で納得したものを購入する事をが出来ありがとうございました。
投稿日時 - 2004-08-24 09:20:27
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ