• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

現場での制御理論の使い方

実際に現場で制御理論を使った経験がある方に質問します。私は大学で制御工学を一通り学びましたが、まるで木を見て森をさまよっているようで全体が理解できず、制御理論がどのように現場で使われているのかいまいち想像ができません。以下の点を中心に、現場での制御理論の使い方についての経験を差支えのない程度で教えてください。 ・どのような現場で制御理論を使いましたか? ・どのように制御理論をつかいましたか? ・制御理論のうちどのような手法を使いましたか? (古典制御、現代制御、モデリング、伝達関数、安定性判別、ボード線図、ラプラス変換、Z変換等) ・どのように実装しましたか? (理論と実装の間にギャップがあり、実装がよくわかりません。ラプラス変換で表現した伝達関数をZ変換し、それを差分方程式で表現してプログラミングする方法が使われているらしいのですが本当でしょうか。) ・その他、現場がわかるアドバイスはありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>・どのような現場で制御理論を使いましたか? プラント計装 https://www.m-system.co.jp/mstoday/plan/serial/2005tale/01/index.html https://www.yokogawa.co.jp/solutions/products-platforms/control-system/controllers-indicators/single-loop-controllers/ https://www.m-system.co.jp/products/pid/pid01.html サーボモータ https://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/drv/servo/pmerit/index.html http://www.e-mechatronics.com/product/servo/index.html インバータ https://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/drv/inv/items/fr_a/index.html http://www.e-mechatronics.com/product/inverter/index.html 温調制御 https://www.fa.omron.co.jp/products/category/control-components/temperature-controllers/ https://www.rkcinst.co.jp/products/ >・どのように制御理論をつかいましたか? PID制御 https://www.compoclub.com/products/knowledge/jidou_seigyo/pdf/_jidouseigyo.pdf?download >・制御理論のうちどのような手法を使いましたか? 古典制御 >・どのように実装しましたか? 自分で実装するなんてコスパ最悪だしそんな時間は無い、なので既に実装してある機器を使用する >・その他、現場がわかるアドバイスはありますか? まぁ、↑に挙げたメーカサイトのカタログ&マニュアルを全部ダウンロードして読破しましょう PIDパラメータ以外のパラメータを触る事は無い そもそもPID以外のパラメータを決定する手段が存在しないし まぁ、サーボアナライザ等、超高価な機器を使用すればそれも可能かも知れないが サーボアナライザでPIDパラメータ以外のパラメータを出力してくれない https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/keisoku/data/ds3000_servo.html なのでサーボアナライザを使用した事は有りません ただのPIDパラメータならサーボアナライザを使用せずともオートチューニング機能で済むし https://www.fa.omron.co.jp/guide/technicalguide/53/103/index.html オートチューニングが使えない現場ではジーグラニクラウス法しかないし https://www.m-system.co.jp/mstoday/plan/mame/b_control/9904/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。大変経験豊富な方のコメントがいただけて恐縮です。これまでメーカーのカタログやマニュアルに目を通したことがなかったのですが、確かにそれを拝見すると図が豊富で、これまでの制御の何が問題か、どのように解決したかなどがよくわかりました。カタログから背後で使われている制御理論の検討がつけられますし、もっとはやくからカタログなどに目を通しておくべきでした。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • ohkawa3
  • ベストアンサー率58% (781/1342)

現場でロボットを使っていれば、最も簡単な1軸ロボットでも、複数の関節があって3次元の動きができるロボットでも、そのモーション制御には制御理論を下敷きとしたプログラムが実装されています。 部屋のエアコンの温調システムにも、PID制御などに基づいた制御プログラムが実装されています。 温度制御、モーター制御ほか、各種の制御系でパラメーターの自動チューニングを行うプログラムが提供される場合がありますが、このような自動チューニングを行うということは、まさに制御理論に基づいていると言えます。 ユーザーが意識していない場合が多いと思いますが、現場でも制御理論は大いに活用されているとお考えになることがよさそうに思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。PID制御やそのパラメータの自動チューニングプログラムが実装された機器を使っているのですね。確かに機械学習の分野でも、勉強以外でいちから実装することはほとんどありませんし、ライブラリをつかうような感じで実装された制御を使うのが効率的に思いました。ということは逆にロボットやエアコンそのものを設計・研究する現場では、より制御理論を活用するスキルが求められるのではと思いました。

  • 回答No.1

現場がどの現場か知らないが 普通の社会では 算数程度しか理解してないやつらだらけです 要するにだれも使ってない 隔離政策も理解してない奴らや 知っ種を買い占めるあほたちばかりなのは リアルlに起こってるでしょ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。オンオフだけで事足りてしまうことも多いですし、制御理論を使わない現場もあると察しました。

関連するQ&A

  • "制御"に関して

    ※制御工学の質問なんですが、ないので物理で失礼します。 気軽に受けた仕事(論文に基づくプログラム実装)なんですが、"制御系"の知識が不可欠であることが判明。 "制御工学"、"ラプラス変換"に関して色々読み齧ってみたものの、 どうにもそうした教科書的な知識だけでは実装に結びつきません。 中でも悩んでいるのが、以下の二点です。 1)実測時系列データの空間   伝達関数"S"は論文中所与で、教科書通り、複素変数sの有理式で表わされています。   独立変数、従属変数ともに"t"ではなく、"s"空間であることは明らか(だと思います)。   そこで、実測時系列データを"s"の関数にするためラプラス変換(正確にはZ変換)し、   伝達関数"S"を掛けた後、逆ラプラス変換し直すべきと考えました。   ラプラス変換とフーリエ変換の類似性から、   ラプラス変換の数値的解法を適用すれば済むと、、。   しかし、、     ・時系列データ全体をラプラス変換(Z変換)すべきか?     ・"制御"というのはそもそもリアルタイム制御可能であるべきで、      エンドレスにデータが来るかもしれないから時系列データ全体はありえない。     ・では、どうやって時間範囲を区切って変換すべきか?     ・いや、それとも時系列データ全体をラプラス変換すること自体間違っている?   と堂々巡り。 2)"フィードバック"の実装法   教科書どおりの逆戻りの矢印が書いてあり、何となく分かった気になっていたのですが、   実際にプログラムに落とすとなると、     ・1ステップ前(i.e.,Δt前)のOutを今回の入力にするような漸化式   ではなさそうなのです。   どうするのが常道なのでしょう? どなたか、お知恵を貸してください。

  • 制御理論以外での伝達関数

    私は制御関係の講義で伝達関数について学びました。 しかし異なる講義で 「伝達関数は制御理論に使われる関数だが、制御理論以外でも有益な関数として知られている。その例を具体的に示せ。」 という課題を与えられました。 伝達関数について調べても制御理論、制御理論という情報が溢れ、何を調べたら答えに近付くのかすら分かりません。 知ってる方がいましたら答えでなくてもいいのでヒントのようなもの(どのような本を読め等)がいただけたら幸いです。

  • ラプラス変換と自動制御

    自動制御には何故ラプラス変換を利用しますか。例えば、ブロック線図を解くためにラプラス変換の使う理由は何ですか。どんな特徴を持つのか。他の定理、例えばフーリエ変換などがあっても何故ラプラス変換を使うのか。

  • 自動制御/安定性判定

    大昔、50年も前に自動制御の授業で制御システムの安定に関し色々な手法を習いました。例えば、ラプラス変換、ナイキストの線図。 当時はコンピュータを手軽に使用する環境にはありませんでした。 さて質問です。現在、工業界に於いて制御システムの解析に上記あるいは類似の手法は活用されているのでしょうか。自分でも質問の意味を明確にするのが難しいのですが。 1.コンピュータがあれば、微分方程式の数値解は求められる。 2.ラプラス変換の実行にコンピュータが活用できる。 3.線図を画くのにコンピュータが使える。 4.別の理論、手法が開発されている。 それ故、・・・・ そして。今の授業でも、ラプラス変換などは、実用価値のあるものとして、あるいは歴史的価値のあるものとして、教えられているのでしょうか。

  • 制御の伝達関数・ボード線図についての質問です

    制御工学のテストが迫っているのですが、ボード線図について質問です。 伝達関数Gが二つの伝達関数の積で表せるときは、それぞれの伝達関数のボード線図の和で、目的のGのボード線図が描けるというのですが、教科書を読んでもグラフの足し合わせかたがよくわかりません。 具体的な問題ではG(s)=4/(s^2+2s)などです!

  • 制御、安定性の判断

    制御対象のステップ応答からパラメータを求めた後、安定性を判断したのですが、 sの有利関数の伝達関数 G(s)=1/{s(0.065s+0.336)} の安定性を判断するのに、 1、ラプラス逆変換 2、特性方程式 3、ボード線図 の方法でやってみたんですが、1は不安定、3は安定になってしまいました。a=0.336、b=0.065として 1は逆変換 = (1/a)t + (-b/a^2) + (b/a)^2 で、t→∞のとき1項目→∞で不安定 3はG(s) = (1/a) * (1/s) * 1/{(b/a)s+1} に分解して出しました。 2はG(s)/s = 0 とした際の解に0がはいるので不安定だと思うのですが良くわかりません。 長々とすいませんが、どれがどうなのか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

  • システム制御のことで・・・

    システム制御の中に伝達関数の要素として、「むだ時間要素」の内容を教えてもらいたいのです。式は調べて分かったのですが、電気回路の場合とブロック線図を教えてもらえたらと思ってます。 よろしくお願いします。

  • 制御系としての性能指標とは何なのでしょうか?

    モータ制御系の実験をしていたときに、制御系の性能指標(例えば,開ループ伝達関数の周波数応答や閉ループ伝達関数の周波数応答など)を求め評価しなさいと言われたのですが、普通どうやって求めるのでしょうか? ボード線図をMatlab/simulinkなので計算して解くのでしょうか?それとも実験から求めるのでしょうか? 判る方いらっしゃいましたらお教えください。

  • 制御工学 M-α線図

    大学の学部4年です.制御を独学で勉強しているのですが,M-α線図についての理解が以下のようなもので正しいか教えてください. ある(フィードバックを含む)制御系において,さまざまな周波数に振幅比と位相遅れのM-α線図に書き込むことで,その制御系のフィードバックなしの伝達関数を予想することができる.

  • 2自由度PID制御の伝達関数の逆変換

    制御工学では、伝達関数がsを用いた複素領域で記述されています。 これを見ても、実際の制御プログラムをどう書けばよいのかよく分かりません。 やっぱり、ラプラス逆変換を行って時間領域に戻して、、とやるのでしょうか。 このあたりのことが書かれたWebサイトや書籍をお教えいただけたらと思います。 どうぞよろしくお願いします。