-PR-
締切済み

土地売買と鉱業権

  • すぐに回答を!
  • 質問No.971700
  • 閲覧数1271
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 64% (9/14)

土地売買の話があるのですが、この土地に穴が掘られていたので、聞くところ、第三者の鉱業権(鉱業番号000号)というものが設定されていました。土地を買い受け後、この鉱業権者に対して、どのような対応ができるのでしょうか。例えば、鉱業権設定者は、所有者に対して強い権限とかあるのでしょうか。また、融資のために土地に対して抵当権設定ができるのでしょうか。(強い権限があれば抵当権設定も難しい、つまり融資がとりにくいのかと思いました。)
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 36% (145/399)

土地所有権と鉱業権は法律上は「別個の権利」のようです。

判例のページを参考URLに記入しておきます。
あと、「鉱業権とは」でグーグル検索するとたくさん出てきます。
お礼コメント
doteraya

お礼率 64% (9/14)

たびたびのご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2004-08-24 22:16:46
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『法律や相続』の悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

弁護士畑中 優宏

質問する非公開

相続診断士河東田 桃子

質問する非公開

行政書士石川 裕也

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 46% (2277/4890)

鉱業権又は鉱区権と云うもので、ある土地に、例えば、金山を発見した場合、その区域を経済産業省に届け登録すれば「採掘権」が与えられます。(試掘もありますが)その区域は誰の所有であってもかまいません。ですから、その土地の所有権はかわりませんので抵当権の設定など可能です。しかし、採掘を拒絶することはできません。
今回は「穴が掘られていた」と云うことなので採掘権ではなは「試掘権」かも知れません。試掘権なら確か2年だったと思います。経済産業省で調べればわかると思います。
お礼コメント
doteraya

お礼率 64% (9/14)

ご回答ありがとうございました。関係省庁でいろいろ聞いてみます。
投稿日時 - 2004-08-24 22:16:03
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ