締切済み

うつ病は脳の前頭前野(?)と海馬と扁桃(?)が関わっていると聞いたのですが

  • すぐに回答を!
  • 質問No.971426
  • 閲覧数1463
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 98% (350/357)

 知り合いから、うつ病は心の病ではなく、脳の機能の失調だと聞きました。心の病だとばかり思っていたので意外でした。脳の、前頭前野(?)と海馬と扁桃(?)が関わっているそうですが、どう関係しているのでしょうか。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 54% (6/11)

 お話のとおり、うつ病は脳の病気です。その症状が「感情」「気分」の変調として現れるため、一般的にはこころの病と言われるのですが、これは病気の症状を指してそのように呼んでいるに過ぎない、と言うことになります。

 現在の精神医療では、うつ病は「気分障害」の一症状として分類されており、これは広い分類で言えば「精神病」の一種です。精神病とは、脳の機能不全が精神的・心理的症状の原因と考えられる病気の総称です。うつ病の原因としては「モノアミン仮説」が唱えられており、脳内で神経伝達物質として働く「モノアミン」という物質が減少する事により、症状が現れることが知られています。そのため、いわゆる「抗うつ剤」は、そのほとんどがモノアミンの減少を防ぐ為の薬物です。(ちなみにモノアミンという名前は、セロトニンやドーパミン、ヒスタミンやアドレナリンなどの総称です。これらの物質名は聞いたことありますよね?)

 では、なぜモノアミンが減少してしまうのでしょう?それはいまのところ、明確なことはわかっていません。遺伝要因もあるらしいことはわかっていますが、ご両親がうつ病だったとしても、その子どもで発症しない人はたくさんいます。逆に、家族にうつ病の人が全くいなくても、発症する人は発症します。うつ病の罹患率は日本でも5%と言われますので、20人に一人は一生のうちに一度は発症する、非常にポピュラーな病気です。(さらに言えば、軽度のうつ病なら、10人に1人は経験すると言われていますので、私もあなたも誰でも、いつなっても不思議ではありません。)

 また、今のところ、脳内でのうつ病の原因箇所は見つかっていません。仮説は色々あるようですが、決定的なものはまったくありません。おそらく、脳の全体的な機能低下が原因なのでしょう。ちなみに、ご質問にある脳部位については、「前頭前野」は高度な思考能力をつかさどっていますし、「海馬」は記憶をつかさどっています。また「扁桃核」は本能行動や情動とのかかわりが強い事が知られます。

 そして、前置きが長くなりましたが、うつ病が「心の病」と呼ばれるのは、うつ病の発症が「心理的ストレス」と強く関わっていることが理由と考えられます。転居や離別、あるいは結婚や出産も、うつ病発症のきっかけとなります。ただし、実際にうつ病になる人は、いわゆる「気が弱い人」や「弱気な人」、「心配性の人」だけではなく、それまでそんなそぶりも見せなかった人が突然うつ病にかかることも珍しくありません。

 ですので、ひと言でまとめると、脳がもともとモノアミン不足になりやすい人が強いストレスを受けたとき、うつ病が発症する可能性が高いと言うことになります。そのため、うつ病の治療には、抗うつ薬の投与だけではなく、ストレスに対処するため、カウンセリングや行動療法などの心理学的治療が必要となってくるのです。

 ちと長くなってしまいましたが、うつ病は正しく理解すれば怖い病気ではありません。誰がなっても不思議ではありませんし、適切な治療をうければ、時間はかかるかもしれませんが、治る可能性が高い病気です。そのことをご理解いただければ幸いです。
お礼コメント
kwantrojp

お礼率 98% (350/357)

回答ありがとうございます。はっきりしたことはわかっていないのですね。
投稿日時 - 2004-08-25 23:03:43
感謝経済
  • 回答No.2

ベストアンサー率 31% (558/1780)

お礼コメント
kwantrojp

お礼率 98% (350/357)

アドバイスありがとうございます。HP参考になりました。
投稿日時 - 2004-08-25 23:01:41
  • 回答No.1

ベストアンサー率 25% (86/344)

心というのは体のどこにあるとお思いですか?
胸ですか?胸にあるのは確かに「心臓」という臓器ですが、これは血液を循環させるための臓器であって、ここでいろいろなことを思ったり感じたりしているのではありません。

わたしたちは普段の会話の中で、心と頭という風に切り離して、あたかも別の物であるかのように話題にしていますが、どちらも脳の中で起きている神経作用や脳内伝達物質の働きによるものなのです。思ったり、感じたり、悩んだり、考えたり、試験問題を解いたりするのもすべて脳の中で行われています。

おっしゃるように、前頭前野と海馬と扁桃体が関わっていると言われていますが、詳しいことはまだ解明されていません。
実際に生きている人間の脳を解剖して調べることが困難なので、なかなかこの分野の研究は進まないのです。
お礼コメント
kwantrojp

お礼率 98% (350/357)

回答ありがとうございます。未解明なのですね。
投稿日時 - 2004-08-25 23:00:25
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ