• 締切
  • 暇なときにでも

ブレーカー スイッチ

  • 質問No.9703102
  • 閲覧数208
  • ありがとう数0
  • 回答数4

お礼率 4% (1/21)

ブレーカーを丸のこのモーターのスイッチとして使いたいですが可能でしょうか?
テーブルソーをつくる為手元のスイッチを設けるためです。
家庭用のコンセント→ブレーカー→モーター
といった形です。

また、家庭用の小ブレーカーは一般的にスイッチの代用はいけないとのことでしたがその理由も知りたいです。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 19% (161/812)

普通にスイッチを買ってくることをお勧めします。
スイッチを開閉するとアークが発生しますが、容量の大きいスイッチはこのアークを逆手にとって、接点表面を長期間維持するためにアークを利用しています。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 58% (341/581)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
家庭用の小ブレーカー:
昔の家庭用分電盤に使われていた「安全ブレーカー」を手元開閉器として利用すること
前の回答者さんがご指摘のとおり、開閉回数が少ない(寿命が短い)ことを承知の上で、自己責任で使う分には大きな支障はないと思います。安い製品ですから、故障したら交換すればよいだけです。

仕様書を貼っておきます。
https://www2.panasonic.biz/ideacontout/2019/03/01/2019030100220165.PDF
  • 回答No.2

ベストアンサー率 50% (778/1533)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
所謂、ハイブロ配電函
https://www.monotaro.com/g/00354666/
https://www.monotaro.com/g/00443630/
いにしえの昭和時代にはよく使われてましたね
絶滅危惧種と呼ばれながらも未だに生き残ってる
まぁ、昭和時代はブレーカでなくヒューズでしたけど

回答1さんの通りブレーカは接点寿命が短いので頻繁にON/OFFしていけない
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieiej/26/9/26_687/_pdf
2/6ページ 表1 MCCBの配給試験
100A以下で1時間に360回開閉で6000回

少なくないじゃん?
って思う方も多いでしょうけれど
あくまで耐久試験であって保証値ではない

電磁開閉器の100万回開閉と比べればとっても短い
ハイブロ配電函は1日に1回開閉で10年くらいの使用
概ねコンプレッサの電源とかの使用を想定してる
  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (6223/18904)

他カテゴリのカテゴリマスター
接点の構造が違います。

スイッチの接点というのは、電源の入り切りを行った時に、電気火花が発生します。この火花とともに、高い温度が発生するために、スイッチの接点は溶着(くっついて離れなくなってしまう)や、接点の部分がダメになって、抵抗値が高くなる(接触不良などを起こすことがあります)

ブレーカーなどは、そもそも緊急時に回路を遮断するものですから、接点の寿命をスイッチの様に大きく作る必要がありません。

なので、そういうスイッチとして、ブレーカーを使うと、接点が消耗して接触不良や溶着などを起こしてしまう危険性があります。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ