• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

自己破産する時の生命保険

至急回答お願い申し上げます。 自己破産する時に、生命保険の返戻金がある保険でそれが返礼金額35万円のものがあったとします。 しかしながら、その保険は若い頃に入った保険なので掛け金も安く、そのまま継続して解約せずに保険を掛けていきたい場合は、本来なら、20万を超えるものを残すことになるので、少額管財で取り扱うのでしょうが、例えば、それを担当弁護士にその保険があるのを言わずに、申告せずに、20万超えるものはない、という扱いで、同時廃止で進んだ場合は、後々、その保険があることは調べられて分かってしまうものでしょうか? それとも調べられることはなく、本人の申告意思の問題で分からないで、やれるものでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数90
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • e1077
  • ベストアンサー率23% (113/489)

保険会社からは現金ではなく口座振替により返金されるので、バレますね。 うっかり忘れていた、というなら、別でしょうけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 自己破産時の生命保険について

    自己破産時の生命保険について 自己破産時の生命保険について質問いたします。 契約者は私なのですが保険金の支払いは親が行っており、証券も親は保管しています。 返戻金のある保険(恐らく20万以上は戻ってきます)のため、事前に解約をしなくてはいけないと思っています。但しそれをやってしまうと親にばれてしまうと思われます。 そこで事前に契約者名を妻に変更し私に返戻金がでないようにした場合、所得隠しになってしまうのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 自己破産時の簡易生命保険の取り扱いについて

    恐れ入ります、近日、東京地裁に自己破産の申立をする予定です。 私自身の失業と父親の高額医療費が原因です。 私名義の郵政公社の簡易生命保険があり、解約返戻金が約28万円あります。 自己破産をする場合、一般に解約返戻金が20万円を超えるときは同時廃止にはならず少額管財事件になると聞きましたが、調べたところ、 ”簡易生命保険については差押禁止財産とされているので破産財団に属さない。” という一文を見つけました。これは本当でしょうか? 父の医療請求が来ており、月末までに約40万円支払わなくてはならず、この保険を解約して充当するしか手段が無いのですが、同時廃止による自己破産手続きに影響はありますでしょうか? 何卒ご教示お願い致します。

  • 自己破産をするのですが生命保険を解約したくありません。

    自己破産の申立てをする予定です。 生命保険の解約返戻金が34万円あるのですが、どうしても生命保険を解約したくありません。 どうにかして生命保険を解約しなくても良い方法はないでしょうか? それから生命保険を絶対に解約しなければいけない場合は、34万円の全額を破産財団に支払うことに なるのでしょうか?それとも34万円の一部でしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 自己破産時の生命保険について

    自己破産した場合、破産者の契約している生命保険の返戻金がある一定額以上ある場合は解約させられますが、名義を他人に(夫婦なら妻)した場合でも解約させられるのでしょうか。 どなたかご存知の方が見えましたら是非教えてください。 よろしくお願いします。

  • 父親が自己破産した場合の生命保険について

    父親が自己破産した場合は、積立型の生命保険の解約返戻金も財産とみなされるため、解約しなければならないのでしょうか。

  • 自己破産 生命保険は?

    アドバイスよろしくお願いいたします。 死亡した父親の借金で、母親に支払い能力がないため、弁護士さんに相談していますが、自己破産・・・も念頭にということで、自己破産をするという前提で 教えて下さい。  生命保険の支払いが大変になったこともあり、解約を考えたんですが、現時点で保険の解約をすれば、所得隠しとみなされるのか、解約金をそのまま現金でおいておいて、申告すればもんだいないのか・・・  それか保険会社に支払いをしないで、失効扱いにしておいておいた方がいいのか? 多額の借金のため、免責を受けることが出来なくなるのが 心配です。 (2010年10月末 父親死亡、 母 生命保険、数件加入 他貯金なし) また、自己破産をすれば、医療保険(掛け捨て)は解約されてしまうのか? 又、解約になった場合、再度収入を得られるようになった時、生命保険並びに医療保険に加入する事はできますか? 質問ばかりで すみません。よろしくお願いいたします。

  • 自己破産した場合の敷金・電話加入権・生命保険の扱いについて

    何度も皆さんにお世話になり有難うございます。 1.管財人がつく異時廃止による破産をした場合、当然敷金・電話加入権は財産とみなされて回収対象になってくると思いますが、敷金として支払っている金額は全額支払わなければいけないのでしょうか?また、支払うとした場合には破産宣告が出た後の新得財産から支払うのでしょうか?それにより大家に知れることもありうるのでしょうか?また電話加入権についても新得財産から支払うということで許していただけるのでしょうか? 2.また、妻が契約者で被保険者は私,受取人は妻となっている二年前から契約した生命保険・医療保険(解約返戻金なし・支払いは私の給与からしています。)に加入していますが、それは破産申し立て・免責を受けるにあたって問題となることはあるのでしょうか? うまく質問できなくて申し訳ありませんが、教えてください。

  • 自己破産時の生命保険について

    自己破産の申請中です。その為に生命保険の解約をしたのですが、次に保険に加入出来る時期はいつ頃でしょうか?免責が下りてからでしょうか?その間不安なので、、教えて下さい。

  • 自己破産と生命保険

    夜逃げや本舗を見て疑問に思ったんですが自己破産したら、生命保険って解約されて返済に充当されるんではないですか?

  • 自己破産時の保険について

    父親が連帯保証人になっている会社が倒産し 農協 銀行2社 信用金庫 合計4社で総額約1億円になります。父は年金暮らしで払えるあては当然なく、弁護士さんに自己破産の相談をいたしました。自己破産の陳述書記入にあたり、持っている財産を記入する項目があるのですが、父親が契約者の生命共済の解約返戻金が300万少しあることが分かりました。そのことを弁護士さんにお話したところ、50万を超えるので破産管財人がつきます。別途50万位の費用がかかりますとのことでした。父親は破産管財人の費用を払い(払える現金は持っていません)、その解約返戻金を債権者に差し出さないといけないのでしょうか?しかしその保険は第一債権者である農協が持っており、命にかかわる生命保険だから最後(自己破産免責時)にはどうなるか分からないができるだけ続けられるように努力しますと言ってくれています。ご回答よろしくお願いします。 解約せずに続けられるよう努力すると言ってくれてます。ご回答よろしくお願いします。