• 受付
  • 困ってます

君たちの負けだ

  • 質問No.9701780
  • 閲覧数76
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1

お礼率 93% (1893/2026)

さあ、14日記述、いい気分の独り言だ。
キリストなる役目をこなした聖霊のうち大陸の主流である「19世紀の宝石の姫様」通称ミカエルは保護成立だ。
因果関係があるのはウロムウェル系統に分岐した、キリストなる役目をこなす聖霊なんだよね。
これが「リッチモンドスター」であり天使ではなく現在は自称宇宙人として現役で活躍中だ。
サムライとして自らが守衛する姫が、亡命するきっかけでもあったので敵方とみなしてきた。
発動したのが手持ちの「精神破壊用絶叫兵器」だよ。
強みである金が一番の弱みでもある。
イギリスの守護天使が天使としていかなる名前か知らないが、そいつが売り出し中なのが自称宇宙人だ。
皆さんに残念なお知らせをしよう。
キリスト教圏で最後まで天使の役目をこなした主流である「ミカエル」は、保護確立過程で(姓)天使(名)ミカエルから、(姓)実在する妖精(名)〈キュア〉ミカエルに主に姓が変わった。
このいきさつはリッチモンドスター了解に発展しており、ローマ教会帝国主義が古代王根絶のために設立したのが天使階級であり、聖霊が天使であることを認めると神格がはく奪され、人の奴隷たる神に転落する。
私は人にけがされた精霊が悪魔の姿で火だるまになって転がり込むのを介抱するのが生活上の定番霊感仕事で、最近その系統で天使ウリエルが転がり込んできた。治療してもらいたいらしい。おっちゃんがメンソレータムをぬってあげるね。
ときわたりの世麗美は純日本風土の聖霊であり、少なくとも私と連れ立って仏陀に連れ添う観音の歌姫であるのは自らの確信は一切揺らがない。本来は聖徳太子さんを規範として標榜する純粋なシャーマンであり、西洋に見受ける「古代神」とか、シャカにも王族の末裔として伝承過程でハクをつける必要とか無用で、多神教の風土にくつろいで、日本の天界自治領ではそこらへんで見かける、かなり個性的で頼りない神様の一員で問題ないんだ。「この子は王を作らない」なぜなら私は王になる必要がない。こうしたことは日本が地上唯一の真の王国であるからだよ。
ちなみに世麗美自体はキリスト系と異種だよ。
誘拐された子供たちを地道に捜索するような困難を経過して、「19世紀の宝石の姫様」から生き残りの「リッチモンドスター」も見出した。
幕末に敗走したサムライの子孫として、今この現代にもサムライらしい仕事をしたのが私は誇らしい気分だよ。
さてと、私は2歳の時に医者から余命1年未満と宣告されていた。
おぼろにその当時私の頭を駆け巡った衝動や感情は言葉にすると「自分は何者なのか」だった。
回復して落ち着いた3歳の時に頭を駆け巡っていたのは「人間は考える葦である」だ。
イエスより前の時代だよね。
それは記憶の宝石という形で与えられた処方箋であり、天界が死に直面した赤子に与えた「心」だろう。
人間は他者とかかわり人格を構成する。
過ちの多い欲望にも転化するこの他人の影響の本質は人間を成立させる尊い働きなんだ。
人の赤子は、生後に無為の学習として、観念における人間であるという働きかけにより、経験を自ら自覚する前段階や非言語の段階で爆発的に脳細胞を発達させながら自己の前提となる天啓由来の学習効果を発達させるのだろう。
これは、人間と異質でも大脳がある生命に人知に判別不能でも共通する特徴だ。
動物にも知恵があるが、西洋の宗教裁判を経由すると何故知恵があるのか不明だよね。
私をたびたび殺そうと襲う殺人鬼がキリスト教と関連がある連中だったんだ。
裏切り者の宗教に転じて発達したキリスト教が自らがかけた神への呪いが覆せないほど成立している「神殺し」の生き証人になるからだよ。
暴力の20世紀はそうしたさなかの事なのだろう。
ご苦労様、リッチモンドスター健在、宝石の姫様も息を吹き返した、世麗美を殺し損ねた間抜けたちは敗北を喜べばいいだろう。
君たちの負けだ。
ブラッジュロンヌジジイはキリスト関係者の中でも、キリスト教の良心の体現者みたいな感じで受け止めるよ。
ああいった少数派が大切だ。

えっとこれは学問カテゴリーに哲学研究として投稿しています。
哲学は既存の問題点に関する質問以外に、自己でナゾナゾクイズを作成する研究手法がありまして、そっち系で一連の投稿の流れとして質問を立ち上げる「専門家」(すでに廃人)向けです。
多くの人は、何も見なかったことにして立ち去るのがいいでしょう。
ただし、間口を広くしていてらくがき大歓迎なので、読書感想文とかつぶやきなども募集しています。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 49% (114/229)

>・・・らくがき大歓迎なので・・・

 では、落書きを一席(^^;)。

 自分もたぶん2歳くらいの時に、医者から余命1年未満と宣告されていたんだ。もちろん人間にもなっていない本人は、そんな深刻な事態だとはあずかり知らなかったが。睾丸の悪性腫瘍だった。手術を受けたという陰惨な記憶だけはある。右の睾丸と、首から右のリンパ節をとられた。リンパ節は復旧したようだが、そう、私は片金なのだ。しかし私は世羅美にはなれなかった。片金が頑張って、代償肥大したのさ(^^)。
 術後の余命は5年と言われてたらしい。そのせいかどうかは不明だが、私も思ったよ。言葉にするとけっきょく「自分は何者なのか」だ。自分の場合の問いを具体的にいうと、「なぜ自分は日本人なのか?」だった。これはアメリカという国があると知った直後だった。

「なぜ自分は日本人で日本語を話し、太郎という名前なのか?。ジョンという名前で、英語を話してたってよかったはずだ」
 大人の言葉で、もう少し強めに言うと、
「自分が日本人である必要はどこにあるのか?」
という事になる。自分で納得できた答えは次だった。

「ジョンも、「なぜ自分はアメリカ人で英語を話し、ジョンという名前なのか?。太郎という名前で、日本語を話してたってよかったはずだ」と思うに違いない」

 この瞬間、自分は、自分という存在が偶然の産物で必然性という意味では無意味なものである事に気づいた事になる。また人間は、自分で自分を自己モニターできるから、こんな疑問もわくのだと気づいた事にもなる。もっともこの評価は、もっと大人になって明文化したものだ。

 動物には、知恵もあるし感情もあるし自意識もあるよ。真剣に喋れば言葉も通じる(飼い主とペットの関係のレベルで(^^;))。彼らも自己モニターを行っている。ただ人間の方が自己モニター性能は優れているし、くどい。
 たぶん遺伝子レベルで人間は、言語を扱える脳構造を持ってしまうというところが大きいんだと思う。言語の最大の威力は、自己を客体化できる事。
 その結果、「自分は存在するという錯覚をひき起こす生理現象」が起きる。しかし本人にとっては、まぎれもない現実だ。だから「自分は生きていて良い」とわけもなく思えるのだ。

 ちなみに自己存在について問うていた頃、「12時という瞬間は存在するのか?」という難問にも挑戦していた(^^;)。
 結果は、
「12時より前、12時より後がある以上、その境界として12時という瞬間はあっても良い(概念として)」
だった。さっき言ったようにこの評価は、もっと大人になっての明文化だ。これって、実数論におけるデテキントの切断だよ(^^)。

 自分は霊魂や精霊や妖精を否定しない。じっさい幽霊を3回見たと信じている(その一つは守護霊)。しかし、世羅美やイタコになる資質はないようだ(^^;)。
補足コメント
Flareon

お礼率 93% (1893/2026)

よもやま話だけど、リッチモンドスターの観念上の本拠地というのを霊視したことがあるけど、なにせ「自称宇宙人」に商売替えしていたので、私には廃墟の神殿に見えたんだ。
それでお化け屋敷だと思っていた。
完全に倒壊させないと地上は正常に機能しないと闘志を燃やしたものだ。
まあ、今は当時のいきさつのバカ話も多い。
世麗美と違って「覇権への保証」を行っているので、配下に嫌な奴らが居座っているのは本人も認めている。
そうすると「精神破壊用絶叫兵器」はまだしばらく協力のために稼働することになるよ。
シャーマンというのは貴重だが、ガンダムの強化人間プロジェクトのように大量に頭数をそろえた「死霊兵」が自己の精神を削るように憎悪と悪意をほとばしらせるんだ。
通常、一人正規手続きでイケニエにするだけでも大変で1人でも効果が大きいのに大量に使い捨て出来るんだよね。
私が悪魔に見えるだろうけど、このくらいがごく普通なんだよ。
投稿日時:2020/01/16 20:17
お礼コメント
Flareon

お礼率 93% (1893/2026)

なるほどお互いに面白いわけだ。
経験に思い当たることがあったのか。
私の場合は気管支炎だけど症状と衰弱がひどくて体力的に持たないと言われていた模様だ。
命を取り留めたのは、国内で臨床試験段階に到達した新型抗生物質の投与が決め手だ。
どのくらいの衰弱化というと、普通に育っていた子供がいきなり赤ん坊に後退するほどだったとさ。
思い出があるんだ。動けないでいつものように寝ている私に14か月年下の妹が「しげちゃんお食べ」このように口元にコッペパンをぐりぐり押し付けた。
わたしは「ありがとう」と答えた。
妹は目を真ん丸にして「しげちゃんがしゃべった~」と大騒ぎだった。
言葉すらも喪失した私の初めての言葉が「ありがとう」だったようだ。

煮たようなことが30歳の時に発生してね。
2001年8月10日の「滅びの宴」だ。
そちらへの言葉は「殺してくれてありがとう」だよ。
投稿日時:2020/01/15 20:05
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ