• 受付
  • すぐに回答を!

生化学実験

  • 質問No.9701746
  • 閲覧数37
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1

お礼率 0% (0/1)

総コレステロールは整体成分の中の
何の総和を表しているか。
そして、なぜ総コレステロールというのか
教えてください!

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 33% (3947/11904)

栄養・サプリメント(健康) カテゴリマスター
医者が簡単に答える場合は
「総コレステロールの中には,動脈硬化を促進する悪玉コレステロールと動脈硬化を防ぐ善玉コレステロールの2種類があります。この2種類を合わせたのが,総コレステロールです」と言います。
動脈硬化を促進する悪玉コレステロール
動脈硬化を防ぐ善玉コレステロール

脂質も栄養成分のひとつですが 細胞のために必要な物質です。
脂質は脂肪ですから 水に溶けません。血液も水が主成分ですから脂肪は溶けません。溶け込まないので 肝臓から体全体の細胞に送るためにはそのままではできないので タンパク質と合体させて水溶性にして血液の中に入れて送ります。
それがLDLコレステロール。
そこで余ったものは 別のタンパク質と合体して肝臓に戻されていきます。
それがHDLコレステロール。
体に必要なコレステロールだから LDLのほうを善玉コレステロールと呼び
不要になったHDLのほうを悪玉コレステロールと呼ぶ。
両方の合わせたものを 総コレステロールと呼ぶ。
血管の中を流れている量のことです。
基準値は1デシリットルの血液のなかに150~219ミリグラム
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ