• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

契約の解除について(試験勉強)

債務不履行における契約の解除で、こんな問題が出てきました。 以下の2つの設問の違いがよく分からないのですが、 アドバイスをいただけないでしょうか。 問題をそのまま記載します。 (問題) Aを売主、Bを買主とする甲土地の売買契約に関する次のそれぞれの記述は、民法の規定および判例によれば○か、×か。 (設問1) 「Bのローンが不成立のときは、契約を解除できる旨の特約がある場合、ローンの不成立が確定すれば、Bが意思表示をするまでもなく、当該契約は解除される。」 (答え=×) 解説を読んでみると、ローン不成立の場合、解除するかどうかはBの自由意志に掛かっており、解除権を有するBが意思表示をしなければ契約は解除できないということらしいのです。 (設問2) 「Bのローンが甲土地の引渡し期日までに成立しないとき、契約は解除される旨の特約がある場合、当該期日までにローンが成立しなければ、Bが意思表示をするまでもなく、当該契約は解除される。」 (答え=○) この場合は、Bの意志に関係なく解除されるとあります。 ローンが成立しなければ契約が解除されるというのは「停止条件」のことだと思うのですが、停止条件の場合解除する権利はBにだけ発生して、Aには発生しないということがあるのでしょうか? また、「ローン不成立の場合、契約は解除する」という特約がある以上、自動的に契約は解除されると考えるのが自然だと思うのですが、どうなのでしょうか? よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数154
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • souhou
  • ベストアンサー率33% (4/12)

この設問1の場合は約定解除の問題で、設問2は失権約款の問題ではないでしょうか。 解除権には民法等の法律で解除権の発生要件が定められている法定解除権と、当事者が合意で契約中に解除権発生事由を定めておく、約定解除権があります。 どちらもその権利行使方法は民法540条によって意思表示で行うことになっています。解除権は形成権であることから一方的な意思表示をするだけで、解除の効果が得られます。もちろん行使は自由です。 設問1では「Bのローンが不成立のときは、契約を解除できる」と特約を定めているため、約定解除権が発生しているものと考えられます。 設問2では「~成立しないとき、契約は解除される」としているため、特約でもって、解除の意思表示を不要として、解除できるよう定めていると考えられます。契約中に解除の意思表示不要としている以上、Bの意志に関係なく解除されるのでしょう。このような特約を失権約款といいます。 AがBの代金支払方法が必ずローンでしてほしい現われなのか、Bがどうしてもローンでなければその目的物がほしくないのかよく分かりませんが、このような違いではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。解除のための意思表示が必要な「約定解除」と、意思表示の必要がなく不成立と同時に解除される「失権約款」があるわけですね。 それに問題をよく読んでみると「解除できる」「解除される」の違いがあるので、そこを見落としてはいけませんね。 ご丁寧にご回答を頂きまして、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • こんにちは!宅建の問題について質問です。

    いつもこちらでお世話になっています。 いつもご協力ありがとうございます! 宅建資格取得めざしてるものです。 もうすぐ試験、夏休みも頑張ります!! ところで質問です。 居住用不動産の売買契約の解除又は取消に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか 。 選択肢のうちのひとつです。 買主のローン不成立の時は契約を解除することができる旨の定めが当該契約にある場合において、ローンが不成立となった時は、売主がその事実を知っていても、買主が解除の意思表示をしない限り契約は解除されない。 解説には、 ローン不成立の時は契約を解除できるという条件が成就しているから、契約は解除されなくても契約は効力を失う。 とありますが、どういうことなのでしょうか? ローンは確かに不成立、解除はまだ誰もしていない。 でも、自動的になにもなくても効力ってなくなるんですか? よくわかりません。 解説をお願いしたいです。 よろしくお願いします!!

  • 助けて下さい。いい加減な工務店なので、売買契約解除したい

    現在、注文住宅に近いかたち(建売契約)で家が完成しましたが(表示登記中)、ここまでくるのに施主に断りもなく勝手に仕様変更したり、見積もりも出さず勝手に工事したり、何度も見積もり請求し、やっと送ってきたものには料金2重取りされたり、もう嫌になりました。支払いは建売仲介手数料全額と頭金80万済んでいます。(銀行ローン本契約はまだです)銀行融資不成立の場合特約で白紙解除できることになっているので、他の家を今から買ってローンを組んだ場合。無事に白紙撤回できますか?

  • 業務委託契約の解除の意思表示について教えてください。

    業務委託契約の解除の意思表示について教えてください。 毎月ルーティンの作業を行っていただいている、あるプロフェッショナルとの業務委託契約を解除したいと考えています。 業務委託契約書には、契約終了の3ヶ月前までに甲乙どちらかの解除の意思表示がない限り自動契約する旨記載されています。 今月末がその3ヶ月前だということに先ほど気づいたのですが、解除の意思表示というのは具体的にどのような手続きを踏むべきなのでしょうか。同じような状況を経験された方、教えていただけたらとても助かります。 民法上、口頭でも意思表示として成り立つことは存じておりますが、相手がしらばっくれる可能性があり、また、弊社の電話には録音の設備がなく、口頭での意思表示には証拠能力として疑問が残ります。 書面でやはり何かお伝えすべきでしょうか。 メール・・・というのはあんまりでしょうか。

  • 停止条件と解除条件

    現在2件の土地を売る予定です。相続の関係で、2件の契約はどちらか片方ではだめで、両方がほぼ同時期に契約する必要があります。 買手はそれぞれ別人で別個の契約なのですが、1つは他方の契約成立を停止条件とした売買契約、もう1つは他方の契約不成立を解除条件とした売買契約とすることを希望されています。 このように方式がバラバラでもいいのでしょうか? こちらとしましては、どちらも停止条件にしたいと考えています。 しかし、解除条件を希望する買手は、契約の効力が発生しないうちに手付金を払いたくないと言っています。 停止条件にするにはどのように説得したらよいでしょうか?教えてください。 停止条件を希望している買手さんには反目できない立場ですが、解除条件を希望している買手のほうが遥かに高額な取引という事情があるのです。難儀です。

  • 契約当事者と意思表示について

    現在、民法を勉強している者です。契約当事者の解釈と意思表示の有効性の議論が分からなくなる時があります。以下、具体例を挙げます。 具体例 Aさんが、甲土地を購入したいと考え、所有者にその話をしようと考えました。Aさんは甲土地の所有者はBさんと思い、Bさん宛てに、甲土地を買いたいという内容のお手紙を送付しました。しかし、実際の所有者はBさんのお兄さんのCさんでありました。ただ、BさんとCさんとは同居しており、Bさん宛のお手紙をCさんも一緒に読み、Cさんとしては、甲土地を売っても良いと考え、Aさんに電話にて連絡をとり、甲土地を売ることを伝えました。もっとも、Cさんは、Aさんに対して、自分がBではなくCであることを伝えなかったため、Aさんは最後までCさんをBさんだと思っており、契約の当事者(甲土地の売主)はBさんだと考えておりました。なお、都合上、契約書等は作成されていないとします。 以上のような経過があった後、Cさんは、甲土地を売るのがおしくなり、Aさんに対して「やっぱり、甲土地を売るのをやめる」と一方的に言ってきました。それに対し、Aさんは「売買契約は成立しているじゃないですか。そんなことは認められませんよ。」と反論したところ、Cさんから、「あなたは、Bさんに対して、売買契約の申込をしたじゃないですか。だから、私に対しては意思表示などしていないんですよ。だから、私とあなたとの間では売買契約の成立などしていないんですよ。」ということを言い出しました。このような場合、AさんとCさんとの間で甲土地に関する売買契約は成立するのでしょうか?初学者の私が特に疑問に思っている点は以下の点です。 Aさんは宛名を「B」にして、売買契約の申込をしております。そうすると、「C」に対してはやはり意思表示は行ってはおらず(その後のCとの電話でのやりとりも、AはCのことをBと勘違いしていたわけですし)、結局、AとCには売買契約は成立しないようにも思います。一方で、Aの立場とすれば、単に「B」に対して売買契約の申込を行ったのではなく、「甲土地の所有者」に対して売買の申込をしており、「甲土地の所有者」が「B」と勘違いしたために宛名が「B」になっているに過ぎないのであり、真実の所有者がCであり、かつ、C自身がその通知を受け取っている以上、Cに対して有効に売買の申込の意思表示があり、それに対し、Cが応答してきたのだから、仮に、最後までAがCのことをBと勘違いしていたとしても、「甲土地の所有者と売買契約をする」という点においては一致しているのだから、契約は成立するのだと思います。 このような事案につき、理解できず悩んでいます。どなたかお分かりの方、ご教授ください。よろしくお願いします。

  • 宅建の過去問についての解説をお願いします!

    いつもお世話になっています。 みなさん、解答をいつもありがとうございます!! 宅建の過去問について、解き方に自信がないので確認です。 問題文です。 A所有の甲土地についての AB 間の売買契約に関する次の記述のうち民法の規定及び判例によれば正しいものはどれか。 選択肢のうちのひとつです。 A は甲土地を1千万円で売却するという意思表示を行ったが、当該意思表示は A の 真意ではなく B もその旨を知っていた。 この場合 B が1千万円で購入するという意思表示をすれば AB 間の売買契約は有効に成立する 。 これは、 a b 間の売買契約は無効になるのでそもそも追認ということはできないという解釈でよろしいのでしょうか? お答えよろしくお願いします!

  • 【緊急】停止条件付契約その後

    http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2520009.html続きです。もう一度詳細を書きます。 新築物件を、既存の所有物件があったため査定の●円で停止条件付の契約を結びその3ヶ月の期限が11月末でした。以下その契約書の内容です。 「買替特約合意書」 甲と乙は8末付で売買契約(原契約)を締結したが売買代金の一部に甲所有不動産(手持物件)の売却代金を充当することに付以下のとおり合意した。~中略 第1条(媒介契約)1.甲は指定の仲介業者と選任媒介契約を締結したときのみ本特約が適用される 2.有効期限は11末 3.媒介契約が解除、期間満了による終了、手持物件の売却が決定した場合には、本特約の効力は消滅する。第2条(停止条件価格)1.本特約の適用される手持物件の売却加減価格(停止条件価格)●円(査定価格)とする 2.売り出し価格については1の価格に基づき、甲及び指定業者が協議の上決定する 3.善行の売り出し価格が不相当と指定業者が判断した場合には、査定価格を加減として売り出し価格を逐次引き下げることに同意する第3条(原契約の解除)1.甲は第1条の期限内に手持物件の売却が成立せず、原契約の履行に不都合が生じたときは甲乙協議の上、本特約の有効期限を延長するか、または原契約を解除することが出来る。第4条(手付金の返還)1.甲が前条により原契約の解除を行う場合は、甲は受領した手付金および中間金を所定の手続き終了後甲に返還するものとする でその期限が過ぎ、連絡がなかったので、こちらから専任媒介者に電話をしました。 「停止条件価格まで下げていないので手付金は戻りませんとのこと!」 で担当の営業に電話したら明日、契約部に話してそことやり取りしてくれといわれました。 さて、手付金は無事戻ってくるのでしょうか。また、ごねてきたら泣き寝入りしなければならないのでしょうか。皆様のご知恵をください。なにとぞよろしくお願いいたします。

  • 印鑑を押していない契約解除

    昨日友達に、「エステに行ってカウンセリングを受けてみないか」と言われて行ってきました。 その場の雰囲気で、契約をしてしまったのですが、やっぱりローンは恐いと思って、解約しようと電話をしてみました。 書類を破棄するのに、今日来てくれと言われたのですが・・・ 印鑑はまだ押してません。 解約出来ますか? ローン会社の確認の電話でも、解約の意思表示をしています。

  • 芸能事務所 契約 解除

    芸能事務所に所属しているのですが、契約を今すぐにでも解除したいです。 契約書では、契約期間満了の3ヶ月前までに意思表示をしなければならないと書いてあるのですが、契約期間が満了する前に辞める事は可能ですか? また、損害賠償の請求はされますか?

  • 不動産契約解除

    不動産契約を解除しましたしかし契約手付金はまだ支払ってません 契約書には本契約成立と同時に甲は請負工事代金の一部として乙に100万円以上支払うものとする但しこの金銭は解約手付金の性質を有しないとあります 甲からの解除 甲は本契約の引渡完了の前まで本頁各号の乙の損害を賠償することにより乙の仕事完成を必要としない事由を虚偽なく通知することにより本契約を解除することができるものとする 本契約の目的物の引渡し前おいて甲が本条項に基づいて本契約を解除した場合には甲は乙が既に支出した全費用を支払うものとする とあります 支払ってない手付金は支払わなければいけないのでしょうか? 本当にいけないことをしてしまって情けない質問ですがみなさんの答えをきかせてください