• ベストアンサー
  • 困ってます

位置指定道路に対する権利について

  • 質問No.9677001
  • 閲覧数65
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

現在、中古戸建ての購入を検討しています。

気になっている物件があるのですが、その物件は私道(位置指定道路)に接しています。
私道の共有持分はあるのですが、通行承諾書や掘削承諾書は無いようです。

私道の共有者が多いため、今回の取引にあたって通行承諾書や掘削承諾書を売主が用意することもできないということです。

私道の共有持分があれば、通行承諾書や掘削承諾書が無くてもトラブルになるリスクは小さいのでしょうか。
例えば将来建替等することになった場合、共有持分を持っていれば、掘削承諾書が無くても工事して良いのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 33% (3717/11259)

生活・暮らし カテゴリマスター
掘削承諾書
過去の判例として 「分譲の契約をするときに 暗黙の承認がなされているものとする」ということになっています。
分譲地は 住宅を建てるために販売されるのだから 生活するには必要なインフラも付随しているものとするという考え方です。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ