• 受付
  • 困ってます

アルミメッキ PP品の劣化について

  • 質問No.9676861
  • 閲覧数90
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1

お礼率 31% (5/16)

PP材の製品にアルミメッキ処理を行った時に
アルミの熱伝導性の良さからPP材の製品に熱が伝わってしまい
アルミメッキ前よりも熱による劣化を促進させてしまうような
ことってあるのでしょうか?

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 59% (282/475)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
(1) アルミめっきを施せば、反射率が高くなるので、PP材が可視~赤外の放射を受けて温度が上がっている状況であれば、温度上昇を低下さることが可能と思います。
(2) PP材が雰囲気温度が高いことによって温度が上がっている状況であれば、アルミめっきの効果は僅かでしょう。表面の温度分布の均一化にはある程度の効果がある程度でしょう。
(3) PP材の内部に熱源がある状況では、アルミめっきによって放射率が低下するので、温度上昇が高くなると思います。
 
放射率+反射率=1の関係があります。参考URLの説明を参照してください。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ