• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

巨乳好きな男性が多いのはどうして?

質問内容で検索しても、どうも納得できるような理由に出会えません。 生物学的進化論的な理由で説明しようとしたり、 心理学的な理由で説明しようとしたりするものが多いのですが、 何かこうどの説も釈然としません。 何故なら、特に日本の場合、巨乳好きはおそらく近年増えてきたんじゃないかと思うからです。 だとすれば、生物学的理由というのは厳しいと思います。 そうではなくて、女性の性に関する商品化がAV産業などで進み、差別化を図るために巨乳の商品価値をそれら産業が高めてきたため、のように思うのですが、どう思われますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数475
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1711/14/news112.html 巨乳の研究については、我が国においては安田理央さんが第一人者だと思いますのでこちらの本を読まれることをお勧めしますよ。 そもそも「なぜヒトのおっぱいは大きいのか」についての合理的な説明ができないのでそこは納得できる理由は出会えないですよ。 一般的に「二足歩行になったヒトは女性器が見えなくなったから、おっぱいでセックスアピールをするようになった」とはいわれています。でもそれに対しては「じゃあなぜ貧乳女子は淘汰されて絶滅しなかったのか」「オスにも貧乳好きがいるのはなぜか」という疑問が解消されません。 「世間が不景気になると男たちは癒しを求めて巨乳ブームになり、世間が好景気になるとカッコいい女が注目されて巨乳は影をひそめる」という説もありますが、これも俗説でしかありません。 若い人は知らないだろうけど、巨乳ブームでいえば90年代のほうがよほど巨乳ブームでしたよ。かとうれいこさんのブレイクをきっかけに、イエローキャブって事務所の巨乳グラドルがどんどん人気になりましてね。小池栄子、雛形あきこ、MEGUMI、細川ふみえと今思い出してもおっぱいデカいのばっかりだなあ。藤井隆さんの奥さんで今も人気の乙葉さんもおっぱいを売りにしたグラビアアイドルでしたしね。酒井若菜さんが出てきたときは子供みたいな顔をして(実際子供でしたけど)すんごいおっぱいボボーンで、あのへんから童顔ロリ巨乳ってのが紗綾ちゃんまで続いた感じですね。 でももう今は未成年のグラビアはちょっと色々とアレな世の中ですし、ブームとしての巨乳ブームは終わって、存在し続ける一定の需要に応えているって感じですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に参考になるリンクを紹介していただき有り難うございます。そうですね、最近はそうでもないかも知れません。ただ、漫画やゲームの世界では人気は続いているようではあります。

関連するQ&A

  • 原料を加工して製品にする場合、

    原料を加工して製品にする場合、 製品化(個別包装して商品化)する直前の加工物をなんと呼べばよいでしょうか? 「原料」や「素材」という言葉を使っているHPもありますが、 原材料との差別化ができず、うーん・・・という感じです。 なにかよい呼称はありますか?

  • 「変化論」でなく、「進化論」と呼ばれるわけは?

    進化論について、非常に初歩的なことがわからなくなってしまいましたので、教えてください。 「進化論」は、遺伝子の突然変異と自然淘汰により、生物の進化が進んだという考え方だと思うのですが、もし、そうだとすると、「進化論」は、「生物の性質が変化すること」、すなわち、「様々な多様な生物が発生すること」の説明にはなっていますが、「生物が進化する」ことの説明にはなっていないのではないでしょうか? 「変化」という言葉には、「方向性」の意味は含まれていませんが、「進化」には、「より高度な方向へ向かっての変化」というような方向性の意味が含まれていると思います。 「進化」という言葉の意味をそのように考えると、「進化論」は、生物種が「変化」する理由の説明にはなりますが、「進化」する説明にはならない、すなわち、「生物が高度化する説明」にはならないのではないでしょうか? 何故なら、自然淘汰された種と自然淘汰されなかった種があった場合、後者が前者より「高度」であるという根拠は全くないからです。例えば、「マンモス」が淘汰され、「みみず」が未だに淘汰されていないからと言って、「みみず」の方が「マンモス」より高度だとは言えないからです。 従って、「進化論」は、本当は「変化論」と呼ぶべきなのではないでしょうか?

  • 例えば、ドーキンスの考え

    ドーキンスの名前は「利己的な遺伝子」で、生物学の部外者(私もそう)から広く知られていると思います。 生物は命を落として、なぜ利他的な行動をとるのか。  という疑問に答えるためなのでしょうか、随分無理のある(自己矛盾であって強引なこじつけだが、思い切った)説を展開したし、実際に世間に受け入れられ・知られるようになりました。 教えていただきたい事ですが、 (1)なぜこのような”考え”が門外漢の間で広まるのでしょうか。 やはり進化論とは社会科学感想文の範囲内のものであって、生物学的な観察事実と科学検証には耐えられない”はやりの”事例報告でしかないのでしょうか? (2)自然淘汰とは必ず「ある品種・又は種目が滅んだのは必然」であって、だから目的論的に人類種が創作された。 という様な自己矛盾した無茶な考えでしかないのでしょうか。 それとも科学的に真といえるだけの理由があるのでしょうか? 尚、私は一般的(かもしれない)な日本人であって特定の宗教に熱心な者ではありません。 生物学の難しい用語はわかりませんので、宜しくお願い致します。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • tzd78886
  • ベストアンサー率15% (2376/15774)

4つ足で歩いていたサルはお尻でセックスアピールをしますが、直立するようになったのでお尻は視線を下げないと見えなくなり、代わりに胸が発達したという説があります。授乳するためだけならあんな大きさは必要ないわけで、構成している成分はほとんど脂肪です。つまり、人間の女性の乳房は元々嵩上げした状態なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

その節はどこかのサイトで読んだと思います。当然、性的アピールポイントとしての女性の胸ではあるとは思っているのですけど、巨乳には結びつかないかな、と。どちらかと言えば、そうした性的アピールとしての胸を人間社会が利用しているんだと思っていますが。

  • 回答No.3
  • Dr_Hyper
  • ベストアンサー率41% (2478/6018)

近年増えてきたというのがどのくらいのスパンで言っているのか分からないので的確に疑問に答えられるか分かりませんが。 例えばこの数十年で増えてきたと実感されているなら,それは男性の価値観の変化と技術の変化で説明できるかも知れません。 まず,一時期よりも細い女性が好まれなくなった。 未だに女性自身は細ければ細い方がいい。という神話があるのにたいして男性の方は抱き心地,グラマラスな体型を好むことを公言する様になってきています。 これはむかしは本当にバストサイズが数カップ平均が低かったわけですから,それを言ってしまうと一生懸命ダイエットをしている女性から目の敵にされますし,無い物ねだりになってしまい変人扱いでした。だって巨乳がいない訳です。それはアニメの世界だけみたいな扱いになってしまいます。 アイドルだって殆どがスレンダーばっかりの時代が多く,あの子大きいよねといってCカップなどはざらでした。ところが近年は一般の女性でもEやGなどは頻繁に見かけるようになり,巨乳が手の届く範囲にいます(笑)。さらに昔から有る一定の割合で大きい方はいたのですが,その人を美しく保てる時代になってきているのも大きな要因かと思います。むかしは大きい=垂れてみっともない がありました。それがブラの技術の進化で,美乳で大きい,形のいい大きい胸が見られるようになり,余計に人気が出てきたと思います。実際に胸の大きさの好みを尋ねると大きすぎて垂れているのは嫌い。という人は結構いるとおもいますが,むかしはそれでも好きなしか巨乳が好きとはいいませんでした。今は形の良いキレイで大きなものが手に入る範囲にいるのですから,好きだと言える状態なのだと思います。あこがれだけで言う人は少数でも,前の彼女が大きくて気に入っていたは,言いやすいですからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に説得力のあるご説明有り難うございます。カップ数がわかりやすい看板のように使われて来たから、というのはあるかも知れませんね。

  • 回答No.2
noname#245385
noname#245385

手触りだと思う

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

触った事がなくても好きな人はいると思いますし、手触りだけならそんなに巨乳でなくてもいいのではないかとも思えます。

  • 回答No.1

多くないです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 データとしては例えば https://night-bra.club/bust-enquete/ など色々と裏付けデータは出て来ます

関連するQ&A

  • 生物毒と進化論との関係を教えてください。

    モウドクフキヤガエルと云うカエルがいることを知りました。 小さなカエルなのに10人分の致死量の毒を持っていて 狩猟民族が昔から吹矢の矢に塗る毒として使用している ことから、その名があるとのことです。 そして黄色やコバルトブルーなどの目立つ色をした種類が 多いようです。こうした手段で護身していると説明されてい ますが納得できません。 そもそも有毒であっても食べられてしまえば当然絶命しますし 後の祭りです。派手な色をしていても人間なら食べませんが それは他人から危険を知らされいて食べないのであって 動物が何故危険を認識できるのでしょうか。 知能の発達した犬やカラスなどは思考力や判断力さらには 仲間同士の情報伝達能力を持っているのでしょうか。 進化論で生物毒を獲得した種が生存率を高める理由を 教えてください。 それとフグ毒についても教えてください。フグは今でも年間 一人二人は食中毒で死者を出している有名な魚ですが その味は絶品であると聞いています。食べられないように 獲得した生物毒なのに、何故味が絶品なのでしょうか。 進化論では説明できない現象もあるようですが、上記の 謎を進化論的に説明するとどんなメカニズムになるので しょうか生物学にお詳しい方からのご回答を心待ちに しています。

  • 英訳を教えて頂きたいですm(_ _)m

    以下を英語でどういえばいいでしょうか? ・市場拡大 ・経済産業省の補助制度検討 ・欧州のカーメーカが, 日本市場で拡販を狙う際に差別化商品としてハイブリッドを投入してくる可能性があるが、国内のホンダが投入の意向を表明している よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 人類が絶滅する時、その原因は何である可能性が高いのでしょうか?

    人類が絶滅する時、その原因は何である可能性が高いのでしょうか? 進化論を少しかじると、どんな種もあるとき爆発的に発展し、長短あれど一定期間繁栄し、最後に絶滅してニッチを他の種に譲るという「種のLife Cycle」というようなものがあるように思えます。 人類あるいはホモ・サピエンスのLife Cycleを考えたとき、どのような原因で絶滅すると予測するのが科学的なのでしょうか。 「種はその発展の原因となった形質が原因で絶滅する」という説には大変興味がありますが、本当でしょうか? ホモ・サピエンスは次回の大絶滅で絶滅するでしょうか? それとも次回の大絶滅を待たずに個別の理由で絶滅するでしょうか? 古生物学や生物学にお詳しい方々からお話を伺えれば幸いです。

  • 根拠のない差別やいじめはなぜ起こる?

    A,最近、痴漢冤罪が問題になっています。  痴漢で捕まった場合、100%冤罪を証明できない限り、  無罪となっても差別は残ると言われます。 B,ところが、真犯人が名乗り出るなどで、  100%冤罪が証明されても、  差別は消えないと言っている人がいました。  つまり、冤罪が証明されても、  今度は「痴漢に間違われた事そのもの」に対して、  新たな差別が発生するということです。 【1】 Bのような差別が発生する理由について、 生物学的に説明をお願いいたします。 【2】 また、幅広い生物学でこの種の問題を扱っている学問は、 何と呼ばれる分野になるのでしょうか? どちらか、片方だけの回答でもかまいませんので、 詳しい方、お願いします。

  • 進化論は人間の行動を説明できるか

    「進化論は人間の行動を説明できるか」という問題に関して、ドーキンスの利己的な遺伝子という本では、人間の行動を利己と利他で分類し、遺伝子選択という観点から人間の行動を説明しようとしています。しかし、人間の行動は利己と利他だけでは説明できませんし、そもそも我々日常で使っている利己・利他という言葉はドーキンスが使っている意味とはまるで違います。なぜ第一次産業から第三次産業へ大規模な人の移動が起こっているのかも利己的な遺伝子の考えでは全く説明不可能でしょう。その意味で進化生物学は全く不完全だと考えますがいかがですか。

  • 年をとると涙もろくなる理由

    45歳男です。30過ぎたころからTVドラマを見てよく泣くようになりました。若い頃は安っぽいドラマで泣く人を馬鹿にしていたのですが、まさか自分が同類になるとは不思議です。ドラマを見て泣いている時も「こんな展開ありえない」と客観的に見ている自分もいるのに、なぜか泣けてくるのです。・・最近では上戸彩の「アタックNo1]が結構泣けます。・・・年をとると涙腺がゆるむ、とか、人生経験が増えて感情移入しやすくなる、などの説は聞いたことがありますが、まだ何か理由があるような気がします。また、泣いた後は、妙に気分がスッキリしてストレス解消になるのも不思議に思っています。心理学的、生物学的に考察できることでしょうか。

  • 進化論: 何故、システムとして進化できるのでしょうか?

    生物を構成する個々の小さい部品が突然変異と自然淘汰の積み重ねで進化できるのは、わかるような気がしますが、多数の部品が統合されて、全体がシステムとして働いているようなものは、進化論ではどのような説明が可能なのでしょうか? たとえば、「目でモノを見る働き」などが、進化の結果として実現されるためには、眼球のレンズ、レンズを動かす筋肉、網膜、視神経、視覚像を処理するための脳細胞、涙腺、瞼の条件反射などなど、ものすごく多くの部分が全体として調和されて進化して初めて可能だと思います。 しかし、これらのシステムを構成する個々の部品は、それぞれ、別の遺伝子が管理しているでのではないのでしょうか?もし、そうだとすると、レンズができても、レンズの筋肉ができなかったり、たまたま、両方できても、網膜ができなかったり、あるいは、視神経ができなかったりすると思います。 これらの個別部品が、「同時期に一気」に全体が調和するように進化する理由がよくわかりません。また、「同時期に一気」にではなく、「別々の時期に、少ずつ」だとすると、まだ、レンズの筋肉ができていなかったときのレンズは、どうやって体内に固定していたのかとか、そもそも、「見る」という「有益な機能」に至る前の「ただのレンズ」などは、「自然淘汰」の過程で、存続し続ける必然性がないのではないかと思うのです。 ということで、進化論では、個別部品を統合したシステムとしての進化をどのように説明可能なのかを教えてください。

  • 人間は何故,裸への進化を選んだのか。

    人間は何故,裸なのか?。進化論的には絶対に不利であるが,それを選択した。 島泰三氏の「はだかの起原」という本があります。 要旨はヒト科の中で毛皮を失ったのは現生人類だけだという。毛を失うと、保温や防虫ができず、生存上きわめて不利でそんな進化はダーウィンの「適者生存」で説明できない。進化論には穴があるという。 こうして島氏は「重複する偶然」による「不適者の生存仮説」を唱える。「裸化に利点はない。しかし、裸化した人間が成功した理由は、裸化にある」という。自然淘汰に反していながら結果的に繁栄をもたらすような、一見、目的論的な変異はダーウィンと矛盾するわけではない,と言われる。 島氏の推論は抽象的な表現あって,私のような凡人には理解不能です。他に,人間が何故,裸なのかのご意見をお伺いします。なお「アクア説」はご勘弁願います。

  • 都銀の違い。

    就職活動中の大学4年生です。 都市銀行に興味を持ち、支店に行って各行の雰囲気の違いなどはある程度知ることができましたが、その他の違いがわかりません。 「○○だから御行で働きたいです!」という理由を見つけるためにも、違いをしっかり理解したいと思います。 取り扱ってる商品にそんなに差がないと思うため、差別化できるとすれば、ターゲットや支店の雰囲気、営業時間、力の入れ具合…ですかね?? なんだかよくわからない文章になってしまいました。 申し訳ありません。 銀行の違い、又は調べ方でもかまいません。 アドバイスがあればよろしくお願いします。

  • 食品業界に行きたいのですが・・・アドバイスお願いします!

    現在就職活動中の女子大生です。食品業界を志望しているのですが、志望動機を書く際に悩んでしまいます。それがほとんどが商品が違うだけなような気がして。。。企業研究が足りないのはわかっていますが、いつもつまづいてしまい、説得力のある志望動機がかけていない気がして・・・。 食品業界を目指している方、内定者の方、働いている方はどのようにして他社と差別化を行いましたか? ちなみに私の行きたい理由が ・食べることが好き ・扱っている商品が好き というような感じで漠然としています。特徴的な営業をやっていたりするところが第一志望だったのですが、おちてしまいました・・・。 参考までによろしくお願いします! 誹謗中傷はやめてください。