• 締切済み
  • 困ってます

決算期 預り源泉税の処理

10月決算の小規模法人です。昨年までは、税理士事務所へ決算のみお願いしておりましたが事務所固定・携帯との不通状態で今回は自分で決算処理をしようとしております。 会計ソフトはミロク情報センターのかんたん法人会計を使用しております。 ところで昨年の決算で不具合があり、いかように処理をすべきか悩んでおります。 前々年度決算期末処理で預り源泉所得税で処理されており、それに気づかず前期首にその預り源泉所得税を現金で精算していました。 結果、預り源泉所得税が残ってしまいどのような振替をしたら良いかをお教えください。 ネットでみていると  2017.10月 振替    給与    280,000    266,500 〇〇銀行                            13,500 預り源泉所得税  2017.10月 決算修正  預り源泉所得税13,500     13,500 複合   上記処理してあったこと認識不足で下記処理する  2018.11月        預り源泉所得税13,500    13,500 現金   現在に試算表に預り源泉所得税13,500が残ったままになっている   2019.10月期末処理で下記内容で良いかです。  2019.10月 決算修正  雑損失    13,500     13,500 預り源泉所得税

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数109
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5

複合が何を意味しているのか未詳で、 更に、   複合     20,000   △△△20,000 この△△△が何者なのか不明なので これ以上のアドバイスができません。 が、仕訳は複式簿記で起票されますから、 可能性(1) B/S科目の中で かつ、 預り源泉所得税以外の科目に13,500円のズレが起きている。 可能性(2) なにやら期末決算処理の段階で P/Lの科目を絡めて仕訳している。 の何れかと思います。 可能性(1)なら、その科目を特定し 預り源泉所得税と相殺すれば済むはずです。 可能性(2)なら、先に説明したように 特別損失内の適当な科目と 預り源泉所得税の仕訳を起こすこととなりましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

説明がうまくできず失礼いたしました。 期末にP/Lのいろいろな科目を含め、処理しておりました。 その段階で今回の件も含めておりました。 (2)の特別損失の科目  預り源泉所得税で処理してみます。 大変ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 源泉所得税の納付に関して

    源泉所得税の納付の仕訳に関してなんですが、 現金××/預り金×× 預り金××/現金×× のように毎月源泉所得税を預りと納付の 仕訳をしています。 そして一月には、年末調整還付税額を 預り金××/現金×× と仕訳しています。 そこでなんですが… 毎月預ってる分と納付の分の額は一致しているのですが ひと月(一月ではなくて)だけ一致してなかったのですが これは、どういったことなのでしょうか? 資料は、源泉所得税の預りの額は、給料台帳から 納付は、所得税徴収高計算書です。 この場合は、一月だけ一致してなかったのですが… 毎月一致してない場合もあって これは何が原因なのでしょうか? 住民税や社会保険料も個別にT勘定を設けてるのですが 一致してないことが多いのです(預りと支払いが) 宜しくお願いします。

  • 源泉所得税・預かり金処理について

    いつもお世話になっております。 源泉所得税の件で質問があります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 給与136,800円に対して、 源泉所得税が3,990円だったため、 従業員には132,810円を支払ました。 納付はそのまま3,990円を所得税として支払ました。 そこで誤って、仕訳を 給与 132,810円 /現金 132,810円 としてしまいました。 誤りに気づいたので、 給与 136,800円 /現金 132,810円          預り金  3,990円 と仕訳を修正したのですが、 預かり金で処理をしていなかったため、 (納付もそのまま従業員の給与から引いた分を 仕訳せずに納付していました。) 預り金の残高が異なってきてしまいました。 どこを修正すればよいのか 頭が混乱してよく分からなくなってしまいました。 誤った処理としては、 仕訳を通さず、給与から所得税分をひいて、 そのまま納付したという点だと思います。 分かりにくい説明ですが、 よろしくお願いいたします。

  • 源泉所得税の取り扱いについて

    私は会社で経理を担当しています。 源泉所得税の処理方法で困っています。 社員が外部で講演を依頼され、いただいた報酬は会社で売上として計上しました。ところが、依頼主は講師に個人としてお願いしたと言うことで報酬の10%の源泉所得税が引かれて来ました。 税金はできるだけ払いたくないので、源泉所得税を仮払法人税等で計上し、決算の際に法人税から控除するというやり方にしたのですが、この方法に問題はないでしょうか。 詳しい方にご回答いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 回答No.4

もう一度聞きます。 >2017.10月 決算修正  預り源泉所得税13,500     13,500 複合 これは、結果的に預かった源泉所得税を納付した。ということですか? だとすると、 >前期首にその預り源泉所得税を現金で精算していました これにより、二重に納付したということですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

何度もすみません。 2017.10月期末決算時にはまだ預かり金の納税はしておりません。 税理士さんが期末決算処理の段階で私が考えるに 10/31 預り源泉所得税13,500   未払金13,500 11/04 未払金    13,500   現金 13,500 とすべきだったのではないかと思いますが、税理士の決算修正で 10/31 預り源泉所得税13,500   複合 13,500     複合     20,000   △△△20,000  のような処理をされています。      上記内容が税理士から届いたので1/4ですから、 翌11月にその預り源泉所得税を振り込みしたということです。 翌11月の振替伝票は  預り源泉所得税13,500円      13,500円現金 以上の流れです。 私も経理の素人なので質問させていただいておりますことご理解願います。 よろしくお願い申し上げます。

  • 回答No.3

>2017.10月 決算修正  預り源泉所得税13,500     13,500 複合 これは、預かった源泉所得税を納付した。ということですか? 続いて、 >前期首にその預り源泉所得税を現金で精算していました これは、現金13,500円を従業員に支払った。ということですか? 受け取った従業員の確定申告、年末調整など所得税に関する話は別として、 会社側は特別損失として修正することとなりましょう。 https://keiriplus.jp/tips/priorperiod_adjustmentloss/ にそれなりの説明があります。 つまり、 借方 特別損失内の適当な科目 貸方 預り源泉所得税 金額 13,500円 といった仕訳と思います。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 前期末の決算処理で税理士が預り源泉所得税を相手科目複合でまとめて期末修正で消しこんだ状況です。結果、翌期首に預り源泉所得税を振り込んだ際にマイナス状態になったということです。個人に戻したと言うことではありません。 参考urlありがとうございました。

  • 回答No.2

》ご指摘いただきました通り、期末試算表ではマイナスになっております。 余談ではありますが、申告を税理士に依頼していない場合には間違いが多分にあるという認識で調査対象になり易いという話もあります。 処理の間違いについては「錯誤」だと説明すれば理解して貰える程度ですが、逆に金銭管理が出来ていないと認識されます。 現金取引が無ければ然程問題にもなりませんが、現金取引があると金銭管理の甘さから売上の計上漏れや経費の二重計上を疑われます。 気をつけましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

》結果、預り源泉所得税が残ってしまいどのような振替をしたら良いかをお教えください。 試算表には-13,500円ということですね? 現金支出が無かったのですから (現金)13,500(預か源泉所得税)13,500円

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 早々のご返答に感謝申し上げます。 ご指摘いただきました通り、期末試算表ではマイナスになっております。

関連するQ&A

  • 源泉を多く支払ってしまった時の処理

    昨年の後期源泉所得税を支払った際、間違えて4500円多く支払ってしまいました。もうひとつ、司法書士に払った報酬分が漏れていたため、こちらは800円未払いの状態です。7月10日の前期源泉所得税を支払う時に訂正したいのですが、税務署に何か提出するのでしょうか?また帳簿が預かり金勘定がマイナスのまま決算になってしまいますが、その場合どのような処理をしたらよいか教えてください。

  • 源泉所得税

    士業をしております。 法人に源泉所得税を差し引いて請求書を出しています。 確定申告で、源泉所得税の還付請求をしているので、支払調書が欲しいのですが、法人からは協力が得られず、その法人から源泉所得税の支払調書を頂けません。そこで、こちらの方で支払調書を作成し、法人の印をもらい、法人に代わって税務署に納税するには具体的にどうすればよいのでしょうか?教えてくださいませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 前々年度以前の源泉所得について法人税の申告書の記載方法

    派遣で経理事務を行っています。 今回、初めて決算処理、税務申告書の作成を行うことになりました。 その会社で前任者が作成した以前の法人税申告書、総勘定元帳等を見ていたのですが、預金利息などの源泉所得税、地方税(利子割り)について以下のことが判明しました。 その会社では仮払方式で源泉所得税等を処理して翌年にその他営業外費用で費用化している。 仮払金の源泉所得税等部分を計算してみると前々年度以前から仮払金のままで持越ししている部分が存在している。 このため今回の決算で(3月末)その他営業外費用にて費用化しました。 この場合法人税申告書で源泉所得税、利子割りについて別表4、別表5(1)、別表5(2)、別表6(1)はどのように記載すればよろしいのでしょうか? 初歩的な質問かと思いますが、宜しくお願い致します。

  • 決算のときの処理方法

    決算月が9月です。 従業員の給料が現金で渡され、社会保険、源泉所得税を引いたお金は預かり専用の通帳に入金しております。 そこで発覚したのですが、うっかりしていて決算月に入れる預かり金が入っていない場合の処理方法は、どのようにしたらよろしいでしょうか?勘定科目は、どのようになりますでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 源泉所得税の納付について。

    こんにちは、タイトルの件でご質問があります。 納期の特例で源泉所得税を納めている法人です。 先日源泉所得税を支払ったのですが、外交員報酬の源泉所得税を天引きしていたのに、その分だけ納付していませんでした。 この場合は、支払っていない源泉所得税分だけの納付書を再度記入して、納付すればよいのでしょうか?教えてください。

  • 源泉徴収税の扱いについて

    司法書士事務所で経理を担当しています。 司法書士事務所等では、取引相手が会社などの法人の場合は、源泉所得税を引いた金額を請求します。 この金額(源泉所得税)についてですが、単に報酬額から差引して計上していますが、こういう取り扱いでいいのかちょっと自信が無いので、誰か教えていただけないでしょうか? 源泉所得税分を、新たに仕訳を発生させ、確定申告時に何らかの対応を取った方がいいのでしょうか、誰か詳しい方のご回答をお待ちしております。

  • 源泉所得税

    個人経営の商店の源泉所得税を支払った時の仕訳を教えてください。 会社だったら源泉所得税は本来は預り金で月々処理すべきなのでしょうが個人経営で規模も小さいので納期の特例をだしていています。 半年分まとめて源泉所得税を現金で納付した場合は 租税公課/現金でしょうか? それとも店主貸/現金でしょうか? 租税公課で損金扱いと損金扱いにならないものがあるようですが それもよくわかりません。 よろしくお願いします。

  • 源泉所得税

    情報提供の源泉所得税についての質問ですが、 情報の提供をくれた方に現金30万を支払いしました。 そのときの源泉所得税はいくらですか?教えてください。

  • 源泉所得税の事業主貸

    報酬の源泉を受ける場合の会計処理は 預金    / 売上 事業主貸  /   とされているのでしょうか。 1年間経つと、源泉所得税の集計が大変だと思うのですが、 ほかの、勘定科目で処理されているのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 源泉所得税の過払金を翌月以降に充当する仕訳

    源泉所得税の過払金を翌月以降に充当する仕訳 ぎりぎりに質問してすみません。 年末調整による超過税額が、12月の源泉所得税額を超えており 還付を受けずに次回以降の納付で相殺すればよいといわれました。 (納付書の書き方等は、教えてもらいました) 通常仕訳、決算仕訳および相殺の仕訳はどのようにすればよいでしょうか。 また、預り金が余っている期間は、給与から天引しなくてよいのでしょうか。 ・12月決算 ・月末締め翌月15日払い ・給与(毎月) 150,000円 源泉所得税 3,000円  (1)年末調整する前に1年分の源泉所得税を支払い済 (2)過払い15,000円(年) (3)決算(12月分給与は、未払金として処理) <毎月> 〔借〕給与 150,000 /〔貸〕現金 147,000            〔貸〕預り金 3,000 <納付> 〔借〕預り金 36,000 /〔貸〕現金 36,000 うまく質問できてなくて申し訳ございません。 いろいろ調べても仕訳方がたくさんあって困ってます。 分かりやすくて例外にならない方法教えてください。 この質問確認したらいいよ等もあればお願いします。