• 受付
  • 困ってます

利用規約の『公衆送信及び転送』について

  • 質問No.9666544
  • 閲覧数39
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1

お礼率 5% (30/560)

とあるレンタルサーバーの利用規約に、
『下記のコンテンツの保存、公衆送信及び転送を禁止します。』
という記述がありました。

下記には、アダルトや偏見などの記載があります。

『保存』というのは、そのまま下記に記載されたコンテンツを作ってはいけない。
ということだと思うのですが、
『公衆送信及び転送』というのは、下記に記載されたコンテンツのあるサイトへ、
外部リンクを送ってはいけないということでしょうか?


サイト運営をしていて、外部リンクを送るというのはよくあることです。

もし、普通のサイトを運営していて、外部リンクしたとします。
その外部リンク先のサイトが途中から、アダルトや法律に触れるようなサイトになった場合、
この利用規約に触れることになりますよね。その場合、どうなるのでしょうか?

この利用規約自体、免責事項のようなもので、
特に気にすることないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 48% (4454/9220)

> 『公衆送信及び転送』というのは、下記に記載されたコンテンツのあるサイトへ、外部リンクを送ってはいけないということでしょうか?

「リンクを送る」という表現がわかりませんが、外部サイトへのリンクを自サイトに載せる(aタグのhref属性に書く)という意味なら、違います。

公衆送信というのは、サイトへのリクエスト(ブラウザで表示させるなど)に応じてレスポンスで返すということです。
転送というのは、おそらく、自サイトにデータが無くても、他サイトに取りに行くなどして、自サイトからクライアントに返すことでしょう。例えば、Twitter等他サイトにデータを取りにって、そのまま表示している場合、そのデータにヘイト発言が含まれていれば、違反となります。
あるいは、転送というのは、自サイトのimgタグのsrc属性に、他サイトのアダルト画像のURLを書くようなことを言っているのかもしれません。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ