• 受付
  • 困ってます

英語、挿入句を作る理由は?

  • 質問No.9665477
  • 閲覧数46
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数4

お礼率 89% (82/92)

英文で挿入句が用いられる理由を知りたいです。

Caffeine evolved in plants where it serves a few purposes. In high doses, as it's found in the leaves and seeds of certain species, it's toxic to insects.

上記英文中でコンマを使った挿入句がありますが、これを下記のように書き換えるとどのような違いが生じますか?

Caffeine evolved in plants where it serves a few purposes. As it's found in the leaves and seeds of certain species, it's toxic to insects In high doses.

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 48% (69/142)

<副詞節が「挿入」されている原文>
Caffeine evolved in plants where it serves a few purposes. In high
doses, as it's found in the leaves and seeds of certain species, it's
toxic to insects.

Caffeine evolved <主語+動詞>
in plants where it serves a few purposes. <場所の副詞句>
「カフェインは、植物の中でいくつかの役割を果たす形で発展した。」

In high doses, as it's found in the leaves and seeds of certain species,
「ある種の葉や種子に見られるように、高濃度の場合、」
→「ある種の葉や種子に見られるような高濃度の場合、」
it's toxic to insects.
「それは虫にとって毒である。」

as it's found in the leaves and seeds of certain species, は、
high doses を修飾しているので、この位置以外に置くことはできません。
「ように」という意味で「ので」ではありません。

この位置以外に置くと、「ように」という意味がうまく出しにくくなります。

なお、この原文には、倒置など使われていません。倒置とは主語と動詞(あるいは、助動詞)が入れ替わる語順のことです。

<書き換え文>
Caffeine evolved in plants where it serves a few purposes. As it's found in the leaves and seeds of certain species, it's toxic to insects In high doses.

As it's found in the leaves and seeds of certain species,
「それ(=カフェイン)は、ある種の葉や種子に見られるように、」
あるいは、
「それ(=カフェイン)は、ある種の葉や種子に見られるので、」

it's toxic to insects In high doses.
「それ(=カフェイン)は、高濃度では虫に毒である。」

比べてみます。

<原文>
In high doses, as it's found in the leaves and seeds of certain species,
it's toxic to insects.
「ある種の葉や種子に見られるような高濃度の場合、
それは虫にとって毒である。」

<書き換え文>
As it's found in the leaves and seeds of certain species,
it's toxic to insects In high doses.
「それは、ある種の葉や種子に見られるように、
高濃度では虫に毒である。」
* こちらは意味が原文とは異なるが、通る
あるいは、
「それは、ある種の葉や種子に見られるので、
高濃度では虫に毒である。」
* こちらは意味が原文とは異なるだけでなく、論理的ではない

目をつけるべき点は、as の節が直前の high doses を修飾している、ということです。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 48% (758/1564)

他カテゴリのカテゴリマスター
#1です。質問に答えていませんでした。

>英語、挿入句を作る理由は?
英文で挿入句が用いられる理由を知りたいです。

補足説明が必要だけど、1文にすると、長くなりすぎたり、主旨が薄まったりするからだと思います。日本文でも補足をカッコに書いたりしますがそれとほぼ同じ感覚。その線で意訳してみます。

それが大量であった場合、(実際ある種類の植物の葉や種子では見られるのだが)、昆虫にとっては毒になる。

言いたいことはカフェインが大量だと昆虫にとって毒であるという事。ただ()内が無いと、植物のカフェインの話をしているのにつながりが弱くなる。文を分ければ良いけれど、それ程長い補足でもないので挿入した、と言う感覚と思います。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 81% (6640/8167)

英語 カテゴリマスター
>Caffeine evolved in plants where it serves a few purposes. In high doses, as it's found in the leaves and seeds of certain species, it's toxic to insects.
⇒(訳文)
「植物に含まれるカフェインは、その植物の中で幾つかの目的の役を果す。大量であれば、それは葉や種子の中に見られる(含まれる)ので、昆虫にとって毒になる。」
(「大量であれば」を強調するために倒置構文になっています。)

>上記英文中でコンマを使った挿入句がありますが、これを下記のように書き換えるとどのような違いが生じますか?
>Caffeine evolved in plants where it serves a few purposes. As it's found in the leaves and seeds of certain species, it's toxic to insects In high doses.
⇒「大量であれば」という仮定や強調の意味合いが表現されなくなるでしょうね。

ただし、仮定や強調の意味合いを抜いて普通の構文にするには、
Caffeine evolved in plants where it serves a few purposes. It's toxic to insects, as it's found in the leaves and seeds of certain species in high doses.
「植物に含まれるカフェインは、その植物の中で幾つかの目的の役を果す。それは葉や種子の中に大量に含まれるので、昆虫にとって毒になる。」
とするのが最も自然でしょうね。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 48% (758/1564)

他カテゴリのカテゴリマスター
In high doses, as it's found in the leaves and seeds of certain species, it's toxic to insects.

ニュアンスを崩さない様に意訳すると、文を二つに分けるのが良いと思います。
「大量の場合、それ(カフェイン)は昆虫にとって毒になる。実際ある種類の葉や種子でそのレベル(毒になるくらい大量のカフェイン)の物が見つかっている。」

As it's found in the leaves and seeds of certain species, it's toxic to insects In high doses.

「それ(カフェイン)はある種類の葉や種子で見つかっているが、大量の状態はそれは昆虫に毒である。」
まず、最初にitが出てくるので、ある種の葉や種子のみでカフェインが見つかっている様に見えます。そのことと今週に毒であることの関連がわからなくなります。またin high dosesがit につくのかinsectsにつくのかが良くわからなくなります。

文を挿入なしで、言いたければ、
High doses of caffeine as found in leaves and seeds of certain species is toxic to insects.
主語の部分がもっさりしてわかりにくくなります。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ