• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

陸稲って湿田でも育つの?

江戸時代の新田開発の過程でふと疑問を持ちました。 陸稲って水を張ったら死ぬのでしょうか?収量激減するのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数70
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • tzd78886
  • ベストアンサー率14% (2123/14335)

今でこそ陸稲用の品種もありますが、江戸時代には水稲用の稲をそのまま使っていました。ですから新田開発の頃には関係無かったはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

質問者からの補足

当時の日本には陸稲そのものが存在しないということでしょうか?

関連するQ&A

  • 帯刀

    江戸時代、幕府は百姓に帯刀を許す場合、特別な例以外は認めてなかったそうです 江戸初期に天領新田開発で、かなり頑張った人、元武士だった家には名字帯刀を許可したらしいです 特別な例とは、新田開発も含むのですか? 幕府は政治的、社会的に貢献した者、孝行者、寄付した者に名字帯刀を与えたみたいです 名字だけを許されたのは何をした人なのかは、分からないです

  • 江戸時代にタイムスリップしたら?

    もしあなたが江戸時代にタイムスリップしたら、なにを開発しますか? また、江戸時代に行って困ることはなんですか?

  • 村々のお寺について

    地方のそれぞれの村々にお寺がいつ出来たか問うてみると江戸時代頃になってからと答えが返ってくるのですがちょっと腑に落ちません。その答えでは江戸時代より前では庶民はちゃんとした葬儀もしてなく、よってお寺・坊さんとの結びつきも強くないと言う感じです。新田村でなければもう少し前に個個の村にもお寺は出来てるのではと思うのですがどうなんでしょう?

  • 江戸時代の水に関する本

    江戸時代の水の役割について調べていて、特に水道と水上交通についての本を探しています。それ以外でも江戸時代の水に関する本だったらどんなものでもいいので、どなたかそういった本をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

  • 江戸時代の経済は活発だったのか?

    江戸時代の経済は活発だったのか? 江戸時代の経済は活発だったのでしょうか? 私の江戸時代のイメージは生活は質素倹約、物は何回でも再利用する、年貢は米だし、武士の給料も凄く少なかったと聞きますし、技術の新しい開発も確か幕府によって規制されていました。 質素倹約ならば安いものしか売れずにデフレになるはずだし、もったいない精神があれば全然物は売れないし、新技術の開発が規制されていたのならば一体何が売れていたのでしょうか?そこがわかりません あと、江戸時代の人間にとってお金ってどのような存在だったのでしょうか? 現代日本人みたいに拝金主義だったのでしょうか? それとも食べ物の次みたいに別に重要視されていなかったのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 江戸幕府による新田開発

     江戸幕府から新田開発の許可をもらい、江戸を出る場合、誰でもお供する事が出来たのでしょうか。もし、限定される場合、どんな人(身分)が一緒にお供して新田開発したのでしょうか。

  • 武蔵野の雑木林の歴史について

    東京都から埼玉県を中心に広がる武蔵野には少し前までは 雑木林が広がっていましたが、 もともと武蔵野の原風景は広大な草原だったそうで、 雑木林は江戸時代の新田開発にともなって植林されたものと知りました。 昔の人たちは、いったいどこからコナラなどのたねや苗木を入手したのでしょうか? 農家の家や畑の周りに植える苗木を扱う植木業者などが昔も存在したのでしょうか?

  • 新田開発の褒美

    江戸時代の初期、大名が転封して、お城に誰もいなくなると、幕府領になり廃城したお城の濠は新田開発で元家臣達により水田になったらしいです ただ、開発したその水田を何故か貰わなかった人もいたみたいです 開発に協力した人は、褒美で名字帯刀(郷士身分?)を与えられたそうです 逆に新田開発に協力しなかった家もあり、その人は名字帯刀を与えられなかったです(後に名字帯刀が許可される) しかし、水田を作るくらいで褒美なんて貰えるんですか? 余談ですが、協力しなかった一部の元家臣の人は、そんな苦労して自分の物になるか分からない水田を作るなんて、メリットがなかったんでしょうかね 協力しなくても豪農になり名字帯刀を許可されたわけですから

  • 江戸の水売りについて

    江戸時代の下町は埋立地のため、井戸から飲み水が汲めず、水売から水を買っていたそうですが、神田川などの上水から引いてきた井戸水を飲めばいいのではないのでしょうか?同じ江戸でも時代が違うのでしょうか。回答お待ちしております。

  • 産金国再生の可能性は???

    江戸時代、日本は世界有数の産金国でした その金を生み出した金脈は枯欠してしまったとのことです でも現代の鉱山技術は江戸時代に比較出来ない程発達しています 佐渡や甲州の廃坑を現代技術で再開発したら採算に乗らないものでしょうか? 江戸時代に枯欠しまった鉱脈の下に豊富な金脈が眠っている可能性は無いものでしょうか?