• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

パンダ

パンダは笹(竹?)しか食べませんが、そこからもわかるように、食べる物と、実際の栄養は直接は関係なく、要は何食べても構わないのではないでしょうか。 もっというと、クジラはプランクトンしか食べない。 何故なら、物資は、胃で、一旦、分解されるので、その時点で、何者でもなくなる。で、必要なところに、分解された材料が運ばれて、その箇所の分子に再構成される。 なので、タンパク質を摂取するといいとか、炭水化物がどうとか言うのは、間違ってるのではないでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数79
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

そうです。胃にバクテリアを飼うのも 馬が良く走るのも DNAに組み込まれているのでしょう。 生物は 遺伝子に命令されて行動しているという説もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • タンパク質はどこまで細かくされ、吸収されますか?

    知っての通り、タンパク質はアミノ酸から構成されていますが、タンパク質を摂取することにより、タンパク質はどこまで細かく分解され、どういった経路で使われますか? 太りやすいタンパクは動物性、太りにくいタンパク植物性という文献を読んだのですが、その根拠はなんですか?知っている方がいたら教えてください。 また、栄養士の方が言うタンパク質とは、そもそもタンパク質分子以外の成分も含む食事のことを指しているのですか? 補足的に適切な文献を使ってご教授いただくか、考察したものだけでも結構ですので教えてください。

  • タンパク質に関する質問

    タンパク質は、筋肉を作る上で大事な栄養素なのですが、同時にエネルギーにもなるわけですよね。 ふと考えたのですが、タンパク質がエネルギーとして使われる時というのは、筋肉にはならないものなのでしょうか?例えば、仮に一日の活動エネルギーをすべてタンパク質で摂った(炭水化物・脂肪を摂取していない)として、一日に基礎代謝量以下のカロリーしか摂取しなかったとしたら、そのタンパク質はすべてエネルギーに変わってしまい、筋肉にはならないのでしょうか?

  • ヒアルロン酸やコラーゲンは栄養補助食品として効果があるのですか?

    ヒアルロン酸やコラーゲンは栄養補助食品として効果があるのですか? 最近ヒアルソン酸やコラーゲンなどの栄養補助食品としてのCMをよく見ます。しかし本当に効果なんてあるのでしょうか。 ヒアルロン酸は多糖体ですよね。多糖体は炭水化物です。炭水化物は経口摂取した場合は、消化されて最終的にブドウ糖になると思うのです。同様にコラーゲンはタンパク質なので最終的にはアミノ酸になります。ですので食べたからと行って体内でヒアルソン酸やコラーゲンなどの形としてそのまま吸収されるわけではないでしょう。特にコラーゲンはタンパク質ですから、アミノ酸まで分解しないと、抗原抗体反応をおこしてとんでもないことになるように思います。 したがって、ブラシーボ効果はともかく、ヒアルロン酸やコラーゲンを経口摂取したところで意味がないと思うのですが、私の考えは間違っているでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

人間が笹食っても消化できないです。 実はパンダも十分に消化できずほとんどそのまま排出されるそうです。 だからエネルギー摂取効率が極めて悪いので一日笹をひたすら食ってないと体を維持できないのです。 パンダの消化器官はいまだ笹を完全に消化出来るレベルに至ってないそうです。 しかし、パンダが笹を食ってたから生き延びたのも事実でしょう。 食い物を取り合うライバルがいないから…だからパンダは笹を仕方なく食ってるんでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 いずれにせよ笹から必要な要素が得られている。そして、あんなに巨大なわけです。おかしいと思いません?。

  • 回答No.3
  • t_ohta
  • ベストアンサー率38% (3447/9038)

動物の種類によって体内で生成できる栄養素の種類が違います。 体内で生成できる栄養素は食事から摂取する必要はありませんが、生成できないモノは食事で補給するしかありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

でもそういうたところで、ビタミンCをとらなきゃ壊血病になるし、ビタミンB12をとらなきゃ脚気になるし、ビタミンAをとらなきゃ鳥目になります。 偏食は寿命を縮めるだけですよ。ヒトはいろんなものを食べないと死んじゃう生き物なのです。それでも満遍なくビタミン類をとりたいなら、動物の内臓を生で食べることですが、それやったら間違いなく寄生虫にやられることでしょう。 野生の肉食動物は生の内臓を食べますが、そのために寄生虫がお腹に住んでいます。日本人もほんの半世紀前くらいまでは、寄生虫をお腹に飼っている人が多かったですけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ビタミンとかわかったのはここ100年とかでしょう。それまで、栄養とか理解してなかったわけですから。つまり、何食っても大して変わらないのでは?。

  • 回答No.1

それぞれの事情があるのです。 牛は草食動物なのに 筋肉がたくさんついています。それはなぜかというと 牛の胃は4つありますが そのうちの2つにきバクテリアがたくさん住んでいます。 草はバクテリアの栄養になっているのです。バクテリアが草を栄養にしてタンパク質を作って細胞膜などを作っています。牛はそのタンパク質で作られたバクテリアを食べているのです。 馬は 胃にバクテリアを飼っていません。草にもタンパク質は少し含まれています。そのタンパク質を必要な量になるまで草を食べているのです。 するとセルロースの糖質は必要量以上に摂取することになってしまいます。 だから馬は牛に比べて運動量が多いのです。肥満しないように動き続けてカロリーを消費しているのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 まあそうかもしれませんが、草でなくてもバクテリアはオッケーではないかと。 熊とか、豚とか肥満してる動物もいるから馬だせがダイエットする理由がわかりません。 そういうのは、人間が考えた屁理屈で、実際はDNAの設計があって、そこに何を食わせても、DNAの設計どおりに成長するのではないでしょうか。

関連するQ&A

  • 炭水化物の分解、吸収について><。お願いします。

    私は今大学2年です><。毎回ここで質問させていただいてます、ありがとうございます。今回は食品関連なのですが、口腔から大腸における消化吸収について述べよという内容なのです!口では唾液のアミラーゼによって分解されますよね?それだけだと不十分で、小腸内の膵液中のアミラーゼによって多くが分解されますよね><?それで、分らない事は≪胃≫なんです。教科書には胃ではタンパク質のことばかり書いてあって炭水化物についてあまり書いてないんです!!胃ではどのように消化されるのでしょうか??基本的なことですいません><。。しかも、こんなのを読んでくれてありがとうございます!!もしお時間あったら返信してもらえるとありがたいです、よろしくお願いします^^

  • 延命治療との境目。

    例えば、 意識は辛うじてあるものの、 重度の痴呆で自分が何者かも解らず、 寝たきりになり、 口からも点滴からも栄養を摂取できなくなったひとに、 胃に穴を開けて直接栄養を送る、というのは延命治療に当たるのでしょうか?

  • もしかして人間は油を取らないと栄養失調で死んでしま

    もしかして人間は油を取らないと栄養失調で死んでしまう? 油ってビタミンより重要な役割をしてるんですか? 油の人間の役割って何ですか? タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンで人間の体は構成されている。 炭水化物より油の摂取の方が重要である。 油は取らない方が健康というのは嘘である。

  • 食事の仕方、どっちの方がいいのでしょう。

    素朴な疑問なのですが。 食事の仕方で、 『出来るだけ多くの種類の食材を一緒に食べる』 のがいいと言われます。 反面、 『炭水化物、たんぱく質などを分解する酵素が全然違うため、いろいろなものをいっぺんに胃に入れるといろいろな酵素が一度に出て胃に負担がかかる』 とも聞きました。 こういうことを考えて、胃に負担をかけないために、炭水化物やたんぱく質を別々に食べるといいそうなのですが、それでもいろいろな栄養素をあわせて取ったほうが栄養効果が高いとも聞きますし。 例えば、野菜類を食べて15~30分ぐらいおいて炭水化物、それからしばらくしてたんぱく質、とかはどうでしょう。もちろん時間のないときにこんな食べ方は無理でしょうが、夕食など比較的ゆっくりしてるときなど。 思えば、フランス料理やその他のコース料理でも一品ずつ出てきてゆっくり2時間ぐらいかけて頂きますし、理にかなってるのかなあと思います。 どう思われますか?

  • 蛋白質は全て吸収されるならカロリー計算必要ない?

    タンパク質は摂りすぎてもほぼ100%吸収されると聞いたのですが‥‥ ということはタンパク質は摂りすぎても太らない、ということになるのでしょうか?? 減量、筋肥大を目的としたトレーニングをするにあたり自分なりにいろいろと栄養について調べるようになりました。 特に減量ですが、やはり大事なのはカロリーの摂取、消費。 そこでタンパク質について気になるお話を聞き質問を投稿する次第となりました。 「タンパク質は一度の食事で吸収されるのは30gほど。余った分は排出、もしくは脂肪に変わる‥‥というのは間違いで、時間はかかってもほぼ100%吸収され、脂肪に変わることはない。」 本当にタンパク質は摂りすぎても脂肪にならないのでしょうか? おそらく諸説あるので断定はできないかと思いますが‥‥ もし上記の説が本当ならば、一日の消費カロリーうんぬんに関わってきますよね? 炭水化物は1g4キロカロリー、脂肪は9キロカロリー、タンパク質は4キロカロリー。 ぼくでいえば一日の消費カロリーは2,500キロカロリー前後、炭水化物の一日の摂取推奨量は総摂取カロリーの50%から70%なので 2500*70%/4=437.5→約440gの炭水化物 残り30%を脂肪でまかなうと 2500*30%/9=87.3333....→約90gの脂肪 これで約2,500キロカロリーになり、ぼくの一日の消費カロリーと同等になります。 そこで本題ですが、この上にさらにタンパク質を摂取したらどうでしょうか? 現在トレーニングをしているので毎日120gのタンパク質をとるようにしているので 120*4=480カロリー となるとぼくは500キロカロリーをオーバーすることになりますよね? しかしタンパク質は摂りすぎてもほぼ100%吸収され、さらに脂肪にほとんどならないとすれば太らないはずですよね? 補足ですが、トレーニングをすれば当然消費カロリーは2,500キロカロリーから増えますが、それは念頭におかずに回答いただきたいです。 ようは一日の消費カロリーを摂取カロリーが上回ってしまっても、タンパク質は脂肪にならないのでカロリー計算から除外しても良いのか?ということです。 それではご意見お待ちしております!

  • 栄養素についての質問です。

    栄養素についての質問です。 五大栄養素であるタンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルは分子として存在しているものなのでしょうか? だとしたら、化学式はどのようなものになるのでしょう?  化学や栄養についての知識には乏しいので、できるだけ簡単な説明で回答をお願いします。 乱文失礼しました

  • 炭水化物の必要性に対して白黒つけたいです。

    以前から増量目的で筋トレを行なっているのですが、ネットを見ると「炭水化物はタンパク質の構成に不可欠だ」「炭水化物を抜くと筋肉が分解され衰えて痩せていく」しかし一方で「炭水化物を取らなくてもケトン体が糖の役割として働いてくれる」「炭水化物は寿命を縮める」とあります。どちらが正しいのでしょうか?私は特に炭水化物を好いていません。むしろ嫌いです。しかし炭水化物の摂取を肯定してる意見を信じて毎日3食炭水化物も摂取しています。その意見が炭水化物中毒の輩がただ都合よく主張しただけの意見だとしたら胸糞が悪いです。肉と魚と野菜だけで生活している芸能人は問題なく生活を送っており、むしろ炭水化物を摂取している人よりもバランスの良い身体を保てています。それに本来炭水化物は人間のように脳が発達したものにしか食べられないジャンル、動物には無くても問題ありません。現在18歳なのですが、取り返しがつかなくなる前にこの疑問にケリをつけておきたいです。専門的な目から見て疑いようのない真の答えを教えて下さい。

  • PFCバランスとダイエット中の脂肪摂取に関して

    お世話になります。 知識豊富な皆様のお陰で恥ずかしながら私のようなおバカな頭でも少しずつ知識が付いてきました。 さて、PFCバランスというのが大切だということを知りました。 ダイエット中でなければ、 タンパク質:脂肪:炭水化物=15%:25%:60% だとか。 ダイエット中なら高タンパクが必要なのでタンパク質が多めにするということでいいですよね? そうなると、ダイエット中なら25%:25%:50%でもいいと思いますが間違っているでしょうか。 そこで気付いたのですが、 PFCバランスということが大切でもダイエット中は脂肪の摂取は必要でしょうか? 必須脂肪酸とかは必要でしょうが、ダイエット中に脂肪を摂る意味が理解しにくいので質問させていただきました。 たとえば、鶏のささみは栄養成分を調べるとタンパク質ばっかりで脂肪も炭水化物もほとんどありません。 他に脂肪が一緒に摂れる食品が無ければ脂肪をあえて摂る必要があるでしょうか? 鶏のささみばっかりを食べている訳ではないので別にいいと言えばいいのですが、脂肪の意味が分からなくてあれこれ考えています。 すいませんが、ダイエット中の脂肪の摂取の意味を教えてください。 わかりにくい文章ですみません。 よろしくお願いいたします。

  • 増血にはレバー。骨にはイリコ。グルコサミンは?

    こんにちは。 血を増やすにはレバーが良い。 骨を強くするには牛乳やイリコ。 タンパク質には肉とか・・。 なんだか、イメージといいましょうか。 鉄分を多く含む食べ物を摂ると血が増える、 カルシウムが含まれている食べ物は骨を強くする。 何となく理解は出来ます。 加齢により減ったグルコサミンを摂取するのに グルコサミンのサプリメントや美肌にコエンザイムなど。 同じ系列で考えれば、これもアリだと思うのですが、 吸収できる大きさまで分解され、アミノ酸かなにかに 変わってしまうとも聞きます。 だからグルコサミンを摂取しても 体内のグルコサミン量は増えないなんて話を聞きます。 では、レバーや牛乳なんかも、 吸収できる大きさまで分解されれば どれもこれもみな一緒で、 レバーを食べたからって血は増えないのでは? タンパク質を多く含む肉を食べたって、 体内のタンパク質量は増えないのでは? なんて考えてしまいます。 レバーや牛乳、肉を摂取すると、 それなりに栄養が吸収されるのは、 経験上、理解出来ますが、科学的根拠は何でしょうか? なぜ健康食品のサプリメントは効くとか効かないとか 意見が分かれるのでしょうか? 食べ物と体に吸収される栄養の関係を 科学的に説明頂けませんか? ご存じの方、よろしくお願いします。

  • 糖質摂取、米かパスタか?

    もうすぐ年金暮らしに突入予定の者です。 残された人生を楽しくサバイブする為に、今まで全く興味の無かった栄養摂取に関して興味を持つようになりまました。 まず、5大栄養素のなかでも量的に重要な炭水化物をどのように摂取したら老後の食生活が豊かに送れるのか質問したいと思います。 質問:一単位の炭水化物を摂取する場合、国産米から摂取するのと、輸入物パスタから摂取するのではどの程度の材料コストの違いが生じるのでしょうか? 老後の食生活を経済的にエンジョイするためには、国産米中心主義にしたらよいのか、輸入物パスタ中心主義にしたらよいのか、食生活の指針を決めたいと思い、管理栄養士の方、消費生活アドバイザーの方、あるいは物事を数値化して科学的な比較計量することが得意な有識者の方などより、アドバイスをいただけると有り難いです。 どうぞよろしくお願いします。