• 締切
  • 暇なときにでも

アルミニウム加工業

  • 質問No.9658780
  • 閲覧数294
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 0% (0/6)

今年で文系の大学を卒業し、来年度よりアルミニウムのダイカスト、鋳造、加工業を営んでいる会社に入社予定です。
そこで同業者の方々に質問したいのですが、文系出身の自分も技術部への配属があるということで事前にいろいろ勉強しておきたいと思っています。これだけは知っておきたいこと、また知っておかないと苦労することなどございますか?
入社予定の会社にも聞くつもりではいますが一応こちらで多くの人にも聞いてみたいと思い質問しました。
非常に抽象的で多岐な答えが出る質問だとは思いますがどうぞよろしくお願いいたします。

回答 (全6件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 51% (732/1427)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
文系なら文章読解は得意分野だよね?
三国志演義や信長公記原文、古事記日本書紀に枕草子はスラスラ読めるんでしょ?

https://www.toshiba-machine.co.jp/jp/product/diecast/what/history.html
https://www.ubemachinery.co.jp/product/diecast.html
http://www.toyo-mm.co.jp/pro/electric-servo-control-die-casting-machine/ds-ex.html
http://www.j-imono.com/column/daredemo/39.html
ダイカストマシンに限らず産業機械の取説、メンテナンスマニュアル類は
数千ページを超える物量になるのは珍しくない
そしてそれに輪を掛けて安全管理、公害管理等の文書はとてつもなく果てしない
https://www.roukan.or.jp/anzenkanri2.html
https://www.e-jemai.jp/qualification/workshop.html
大量の文書を短時間で読破する能力を発揮する機会は多い ガンバッテね!
  • 回答No.5

ベストアンサー率 47% (132/280)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
65まで勤めるとして、そこまで学び続けます
大学の4年は微々たる物です
入って頑張って下さい
  • 回答No.4

ベストアンサー率 59% (280/473)

金属 カテゴリマスター
理科系の大学を卒業していても、企業の戦力として物足りない輩は沢山います。貴殿が文系の出身であっても、取扱説明書などの日本語を正確に把握・咀嚼することができれば、技術系の職場でも理科系出身者と伍して、企業が期待する実績を発揮できると思います。
今さら物理・科学に関する事象を付け焼刃で覚えても、大して役に立たないと思います。
理科系の了見の狭い輩に比べ、大局的に物事を受け止めることができると考えて、自信をもって行動しましょう。

あえて言うならば、ビジネスで求められる敬語法などは、必要最小限の常識を身に着けて、実践できるようにした方がいいと思います。とはいっても、二十歳そこらの若輩が、言葉遣いだけで万全の顧客対応ができると考えたら大間違いの可能性があります。まずは、「ためぐち」と「ビジネス会話」の違いがどの程度のものか身近な先輩からヒアリングしてみたら如何でしょうか。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 49% (260/530)

他カテゴリのカテゴリマスター
>>知っておかないと苦労すること
何をおいても「安全第一・自分の身は自分で守る」という事です。
技術的な部分などは入社後、配属後にいくらでも説明・教育されるでしょうから、それを真摯に聞けばいいのです。
しかし安全面については、会社によってはイマイチ浸透していなかったり、危険だと分かっていながら作業性を優先していたり、と色々な懸念があります。
それが会社のやり方とあれば従う事も時には必要ですが、それでも「油断すれば怪我をする」という意識だけは忘れてはいけません。
労災関係の死傷人数では、たしか製造業がトップです。機械への巻き込まれや挟まれなどは、ちょっとした不注意で起きてしまうものです。
この事だけは、たとえどのような部署に配属されたとしても忘れてはいけません。

で、それはそれとして、貴方が挙げた「ダイキャスト」「鋳造」とは何ぞや、という程度は予習しておいても損は無いとおもいます。
また「加工業」という事なので、基本である「旋盤」「ボール盤」「フライス盤」辺りも、どんな物なのか程度は知っておくと、入社後の教育を受けるにしても理解が早くなると思います。

ただあまり深く学んだところで、畳水練にしかなりません。あくまでも「予習」程度、授業の前に教科書に一通り目を通しておく、程度の感覚でいいと思います。

なにはともあれ「ご安全に」。製造業の鉄則です。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 12% (705/5642)

一番大切なことは当面の課題の中で核心は何かを的確に見抜くことです。文系理系には直接関係ないいはずです。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 17% (200/1140)

>>文系出身の自分も技術部への配属

車の運転できないやつが 大型トラックの運転するようなもの
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ