• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

台風15号被災地千葉の空撮映像が無いことについて

  • 質問No.9658280
  • 閲覧数120
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 31% (11/35)

台風による被害直後、あまりにもメディアで報道されないことがSNSで話題になり、その後、停電、断水が長引いていることもあり、NHKをはじめ多くのメディアがニュースとして取り上げるようになりましたが、一点、素朴な疑問があります。

今回の千葉県の被災状況はかなり広域に渡っており、なかなか被害の状況が把握できなかった(まだできてない)と言われていますが、テレビやネットニュースでも、いわゆる空撮映像をほとんど見たことがありません。
去年の西日本豪雨の時は、翌日には広島、岡山の上空のヘリから撮影した映像がテレビでもネットニュースでもたくさん流れました。それ以外でも、多くの災害発生時は空撮映像を見ることが多いですが、今回はほとんど見ません。ネットで検索しても、わずか2件くらい(時事通信と毎日新聞)の短い尺で、しかもごく一部の地域のみです。
広範囲で被害状況が把握できなからこそ、空撮映像が頼りになると思うのですが、公的な機関、メディア各社はなぜ撮影しようとしないのでしょう?
もちろんヘリを飛ばすコストは大きいとは思いますが、それだけの意味があると思うのですが。あるいは、今時であればドローンでも十分に撮影できるかと(サウジアラビアの石油タンクを撃墜したのもドローンだと言われてるくらいなので)。

単純に千葉県の状況を全国に共有するには空撮映像が一番わかりやすいと思うのですが、なぜ無いんだろうと思いました。まあ、そんなことは知らんという方も多いと思いますので、想像でもいいです。ご意見いただければ。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 45% (2335/5103)

私の想像ですが、2つが考えられます。

千葉県の上空は、羽田空港と、成田空港との、飛行機が離陸着陸するルートで混雑している為、飛行機の離着陸に支障が出るからと、空撮するヘリコプターの飛行計画が下りなかったかもしれません。(離着陸する飛行機の高度と、ヘリコプターの飛行高度がほぼ同じ?)

世界の飛行機のサイト(見たい地域・国を拡大縮小してください)
https://www.flightradar24.com/36.14,127.21/4




豪雨災害の空撮は、浸水地域・面積、河川の水の流れ、堤防の損壊、流失・家屋損壊、山崩れ・崖崩れなどが、はっきりと映像で見えます。

しかし、今回の千葉県は、暴風被害と停電で、水害はほとんどありません。
暴風被害を空撮して分かるのは、屋根の青シートの映像ですが、どの程度の家屋損壊か分かりません。
また、停電していても空撮では分からないし、また、風倒木も周囲の林などに隠れて見えません。

だから、家屋損壊・停電状況は、レポータが家屋に入ったり家人に聞いたり、夜間に高層建物の上層階や丘の上からの映像で、電気が来ている地域の明るさと、停電地域の暗さのに比較になるでしょう。
また、風倒木状況・電柱倒壊は、地上・路上からの撮影が多いのだと思います。

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 25% (450/1744)

他カテゴリのカテゴリマスター
空撮映像は見たことがありますが、ブルーシートがどれだけ貼られてるかを示すためのもの。
水害などと違い、地上の映像だけで十分だからでしょ。
空撮にしても被害地域が広範囲だし意味を持たないのでは?
それと成田近郊だとヘリも飛ばせませんし。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 38% (3205/8338)

他カテゴリのカテゴリマスター
一番の被害は停電ですから、空撮しても雰囲気が伝わらないんじゃないでしょうか。
風による建物の被害もありますが、一個所で大規模に被災している訳では無く点在している被害は空撮では伝わりにくいでしょう。

あとは、千葉県の上空は成田、羽田等の大きな空港の航空路になっているため、多くのヘリコプターが集中して飛ぶのが難しいので、復旧作業に使われるヘリコプターが優先して飛んでるんじゃないでしょうか。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 32% (6012/18297)

他カテゴリのカテゴリマスター
理由は簡単です。

絵にならないんですよ。

だって、大きな災害の現場の映像をマスコミが撮りたいなら、家が倒壊している。道路が倒壊している、山の斜面が崩壊しているような絵じゃなければ、インパクトが薄いでしょう?

木が倒れている、電柱のような細かいものが倒れてる。でも、家などはほとんど倒壊などがない。

それじゃ、マスコミとして、絵にならないので、インパクトがないんですよ。
そんなもの撮影したって、視聴率は上がりませんので、ヘリを飛ばす口実にもならない。

もちろん、鉄塔が倒れているなどは、インパクトがありますからよいのですけど、家が倒壊や半壊が何十件も起こっているような絵をマスコミは撮りたいんです。
でも、そう言う、一瞬見ただけでもこれはひどい!と見える絵がない。

ところどころ木が倒れてて電柱が倒されてる。
そんな絵はヘリからとっても全くインパクトがなく、そんなものは地上から取った方がよい。

なので、そう言う絵がないわけです。

マスコミは全てを報道することはありません。
マスコミには、報道するかどうかを選ぶ自由があるとマスコミ自身が行っています。
なので、マスコミに都合の良い(視聴率)が取れるものなら取材して報道するけど、そうでないものは、力を入れないもしくは報道すらしない。となってしまうわけです。

はっきり行って、いくら大きな災害状態といっても。日本全国規模から見れば、千葉県という、関東の一部でしかありません。
「東京ディズニーランドが、停電復旧できずに営業ができません!」
というのが起こっていれば、そっちのほうが大きく報道されるというのが現実という話になってしまうわけです。

ドローンでの空撮も、ちまちました電柱や倒木だけとっても、同じで、絵にならないんですよ。
もちろん、電柱が倒れて火災が発生して消化できない!なんてないようなら、火が出ていて絵になるので、何機もヘリが出て行くことになるでしょうけどね。

マスコミって、そういうものですから。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 14% (16/113)

第一に森田がクズだから、ついで政府は内閣改造にしか気が回らなかった。
そんなもんでしょ。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ