• 締切済み
  • 困ってます

追い越しの禁止について

追い越しの禁止の場所について分からない事があります。 坂の頂上付近と勾配の急な下り坂は禁止なのに。 勾配の急な上り坂は禁止では無いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数194
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4

急な坂道は大体カーブの連続ですから疑問に思われるのでしょうね。昔の大型車はパワー不足で上りは低速であえぎながら上っていたので追い越し禁止にすると大行列になってしまいます。昔の名残で国道19号の長野県薮原付近にはこの象徴が今でも生きてます。(センターラインが2本有り登り側は白の点線、降り側は黄色の実線。)それとのぼりの方が追い越し時の速度差が大きいことが多いので速やかに完了できると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 追い越しの問題について

    坂の頂上付近は、上りも下りも追いこしが禁止されている。◯だと思ったら❌でした。 解説を見たんですけど『坂の頂上付近で追い越しが禁止されているのは上り坂の場合だけ』って書いてあったんですけど。確か追い越しの禁止って坂の頂上付近と勾配の急な下り坂は禁止ですよね?急な上り坂は禁止されてないのに?どうして答えが上り坂だけなんですか?下りも含まれないんですか?

  • 原動機付自転車は追い越し可?

    追い越し禁止場所(道路の曲がり角付近、上り坂の頂上付近etc)では、 原動機付自転車を追い越す事も禁止されてるんですか? 禁止されてるんであれば、原付の後ろを2台の車が走っていて、前車が 原付を追い越そうとしてる時に、その車を追い越す事は二重追い越しには ならないみたいなので、矛盾してるように思うんですが。

  • 追い越し禁止で追い越し

    先日、追越禁止の片側1車線の対面通行の道を走っていたときのことです。 私の後ろを走っていた車が見通しの悪いカーブで追い越しをかけてきたのです。 直後、対向車の車が見えたのでこのままでは私のうしろを走っていた車と対向車の正面衝突は確実に免れないと思いました。このため軽い1回クラクション、空ぶかしで、パッシング等で対向車と後続車にそれぞれ危険を知らせました。 何とかそれにきずいた対向車及び後続車は寸前で衝突を免れました。 質問です 先述した追越禁止の道路で万が一上のような状況で、対向車、後続車、私の車が事故に巻き込まれた場合過失はどれくらいになるのでしょうか? また、追い越し禁止の場所のカーブで無理な追い越しをかけられた場合皆さんならどう対応しますか?

  • 回答No.3

ちゃんと授業聞いてた? 頂上付近は「向こう側が(先が)見えない」から。 急な下り坂はこれは子供だって坂のある公園で遊んでたりするとその経験から判ると思うけど… 急な下り坂は「すぐに止まれなくなるから」だよ。 危険の判別が割と苦手なのかな。 急な上り坂でも先が見えてるなら危険にはならない。 急な上り坂を登る時に「止まれなくなる」なんてない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

メディアファイルが何を意味しているか説明がないんで何を言いたいのかわかりませんが、その問題の答えが間違っているとか信頼できないとか言いたいのか、何かの問題をやったらメディアファイルのような採点をされて疑問に思ったから質問したとかそう言うことですかね? そもそも、運転免許を取得するつもりなら、守るべきはテストの問題に出たことというよりは、法律です。 道路交通法 第三十条 車両は、道路標識等により追越しが禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、他の車両(軽車両を除く。)を追い越すため、進路を変更し、又は前車の側方を通過してはならない。 一 道路のまがりかど附近、上り坂の頂上附近又は勾こう配の急な下り坂 二 トンネル(車両通行帯の設けられた道路以外の道路の部分に限る。) 三 交差点(当該車両が第三十六条第二項に規定する優先道路を通行している場合における当該優先道路にある交差点を除く。)、踏切、横断歩道又は自転車横断帯及びこれらの手前の側端から前に三十メートル以内の部分 (罰則 第百十九条第一項第二号、同条第二項) (停車中の路面電車がある場合の停止又は徐行) >勾配の急な上り坂は禁止では無いのでしょうか? 法律で禁止されていないのが事実です。 法律で決まっているから守るだけしか頭がないと、質問のような疑問が生まれます。 わざわざ法律を作るからには理由があります。 つまり、禁止するには理由がある。 道路交通法で言えば、ほとんどの禁止内容は交通を円滑にするためか、危険だからです。 では、追い越しについて禁止されている条件はなぜ危険なのか考えてみて下さい。 特に質問に出た内容について挙げてみます。 坂の頂上付近 坂の頂上付近と言うことは、そのすぐ先は下りになるわけですが、その先がどうなってるか見えますかね? 見えないところでわざわざ追い越ししたら危険ですよね? 勾配の急な下り坂 レースかなんかなら絶好の追い越しシチュエーションですが、道路はサーキットじゃないんで。追い越すとしたら加速する事が想定されるし、ただでさえ下り坂はスピードが出てしまう上に、ブレーキが効きづらい。 そんなところでわざわざ追い越ししたら危険ですよね? 勾配の急な上り坂 加速しづらいし、何もしなくても減速するシチュエーション。 パワーのない車は遅いしそもそも速く行けないかもしれない。 このシチュエーションで追い越すためにはそれなりのパワーが必要だが、物理的に追い越せないのならわざわざ禁止するまでもない。速度も出づらく見通しが悪いわけでもなく止まりやすいので安全性が高い。 減速だけで考えれば、平地より安全。 だから禁止する必要がない。 他の禁止内容についてもなぜ禁止されているのか自分で考えてみましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

字面しか負わずに、自分が運転する時のことを考えていないことがわかります。 また、講義でも説明して居る内容ですので、聞いていないというのもわかってしまう内容です。 坂の頂上付近は、その先を見渡すことができません。 自分の目線から行けば、先の道路は下側に下がることになり、道路や車体が邪魔をして頂上の先は見えないからです。 対向車が来るかどうか見えないところで追い越しが、安全にできると思われますか? できるわけがありませんので、頂上付近は追い越し禁止になっています。 急な坂道の下りは、下り坂のために、自動車のブレーキ力が下りの力で効きにくくなり、停止までの距離が通常より長くなってしまうので、禁止されています。 急な上り坂は、登る車から見れば、すぐにブレーキがかかりますので対比が可能です。 また、重量が重いトラックなどの速度が出ない車が道路をふさぐ形になりますので、追い越しができる自動車であれば、追い越しはできるとなります。 当然、どの場合でも、標識によって制限を受けて居る場合は、その制限が優先されるのは当たり前な話になります。 その辺の説明が、学科講習でされていたと思いますが。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 大急ぎです。追い越し禁止について

    はみ出し追い越し禁止場所で、原付や自転車は追い越しても大丈夫なんでしょうか?

  • 駐車、駐停車禁止、追い越し禁止について

    バイクの免許を取りましたが、筆記試験をやったのが10年以上前で、 分からないことがあるので教えてください。 1、バイクに乗っている状態で、駐車禁止の場所に停車していても大丈夫でしょうか? 2、バイクのそばに居る状態で、歩道に乗り上げて止まっていてはいけない場所はあるでしょうか? 3、バイクから離れている状態で、歩道に止めてはいけない場所はあるでしょうか? 4、追い越し禁止の場所で、バイクは走行中のバイクを追い越せるでしょうか? 5、追い越し禁止の場所で、左に寄っている走行中のバイクを車は追い越せるでしょうか? 6、追い越しのためのはみ出し通行禁止の場所で、車は走行中のバイクならはみ出して追い越せるでしょうか? 7、バイクは、発進するとき、歩道などから道路に侵入してはいけない場所はあるでしょうか? 8、バイクは、道路から歩道などに到着するとき、到着してはいけない場所はあるでしょうか?

  • 追い越し禁止の定義について

    道交法の「追い越し禁止」の定義について教えてください。 先日のことですが取り締まりに遭いました。 状況ですが「追い越し禁止看板あり」、「黄色中央線」の上り坂途中の 直線で私は大型バイクで走行中、追いついた前車が左側に寄ったため (ウインカー・ストップランプ点灯は無し) 中央線をはみ出さずに右側を抜いたのですが捕まってしまいました。 青切符には「右側通行 100メートル」の文字が。 警官は「はみ出さなくても抜いてはいけない」と言いましたがどうも 腑に落ちません。 私のしたことは違反になるのでしょうか? 普段私は黄色中央線の場合、前車を追い抜くことはしません。 前車が左に寄ったので抜いたのですが、警官からは「左に寄った だけでは運転者の意図が判断できない」と言われました。 確かにこの辺は納得できますが、 「車を抜いた」=>「追い越し」=>「右側通行」となる判断に 納得がいきません。 識者の方々の回答をお願いいたします。

  • 追い抜きについて

    みなさま、あけましておめでとうございます。 先月末まで普通車免許取得のため教習所へ通い、卒検に合格しまして、免許センターでの学科試験に向け勉強しています。そこで質問があります。 追い越しを禁止する場所として、追い越し禁止の標識があるところや曲がり角付近、上り坂の頂上付近・・・など8箇所教本に挙げられているのですが、この場所は追い抜きは禁止されてないのでしょうか? もちろんどれも危険な場所なので追い抜きも普通ならしないとは思いますが、法律上はどうなのでしょうか? 追い抜きについて教えてください!よろしくおねがいします。 (参考までに私の使用している学科教本は中部日本自動車学校編集・発行のTHE MASTER OF YOUR DRIVINGです) 

  • デュアリス、ヘアピンカーブの運転の仕方

    お世話になります。 運転歴は長いのですが、街中が殆どであまりドライブもしません。 ・・・が、この夏、白樺湖の方まで行くことになりました。 情報によりますと、かなりヘアピンカーブがあるそうです。 デュアリスの取説を読むと、上り坂、下り坂、 とりあえずはDのままで良さそうです。 ただ、坂の勾配に応じて、 上り坂→低速ギヤ 下り坂→低速ギヤ と、書いてあるのですが 上り坂の場合は高速ギヤになるのではないでしょうか? 何だか、読んでいるうちに意味が良くわからなくなってしまいました(汗)・・・ といあえずはDで運転するつもりなのですが 物凄い坂(上り下り)が出てきたら不安です。 どなたかわかりやすくご説明して頂けないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 過去に勾配のきつい坂をくだった事はありますか?

    皆さんは過去に凄い急な斜面を下ったことはありますか?またそこはどんな場所で どんな思いをしましたか? 国内にはまだまだこんな危険な道路(坂)があるんだぞ!・・という体験談を教えてください。 ちなみに私は長野の美ヶ原に続く(扉峠側)勾配のキツイ 下り坂で怖い思いをしました。路面がでこぼこでグリップも効きにくかったのが恐怖を煽りました。 あ、上り坂でも構いません。

  • 「追い越しのためのはみ出し禁止」での自転車追い越し

    道路交通法の話です。 中央線が黄色の「追い越しのためのはみ出し禁止」の道路において、前方に自転車が走っている場合について考えます。 この状況だと対向車がいなければ中央線をはみ出して追い越す車がほとんどだと思います。 これが許される根拠は何なのでしょうか? 条文を引用してお答えいただければと思います。 実は最近、法律上許されていないものの黙認されているだけなのではないか?と考えるようになりました。 30条には軽車両を除くという文言がありますが、今回は「追い越し」ではなく「はみ出し」が禁止されているのでこの例外規則は該当しないと思われますよね? 知見をお持ちの方がいらっしゃいましたらお教えください。

  • 昔は一律で「トンネル内追い越し禁止」では無かったですかね?

    昔は一律で「トンネル内追い越し禁止」では無かったですかね? 今日トンネル通過時にふと、そんなことを思い出しました。 検索してみたら、例外的なトンネルの事例はありましたが、いつからトンネル内追い越し可になったのでしょう?そのようなところに調べつきませんでした。 よろしくお願いします。

  • 片側1車線(追い越し禁止車線)右折は可能でしょうか

    添付画像の場所で右折は可能でしょうか? 中央には追い越し禁止車線があります。 お店が反対側にある時など右折してよいものなのか疑問でした。 追い越し禁止車線なので問題ないでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 追越し禁止の道路について

    中央線が黄色の道路は追越し禁止ではみ出したら違反だと思うのですが、原付や自転車を追い越す際もはみ出たらだめですか?人を追い越すときはどうですか?