• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

RNAi利用薬

RNAiを利用した抗がん剤がうんたらという怪しい記事をgigazineってところで見かけたのですが、そもそもRNAiを利用した薬ってどうやって細胞内に届けるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数51
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Dr_Hyper
  • ベストアンサー率41% (2455/5958)

専門では無いので学会等で聞きかじった程度でご容赦を。 結局は培養細胞などに使用する遺伝子導入薬は危険すぎるので使えず。 エレクトロポレーションや遺伝子銃のような物理的に穴を開けるのは,あり得ますがそれほどメジャーではないはずです。 そのため血流にのせたりして勝手に入っていく臓器にしか実際は使えていないと思います。これはマウスであれば尾っぽや血流にのせて自然とマーカー遺伝子が導入されるところ,主にエンドサイトーシスという外部の物質を細胞内に取り込む仕組みが活発な肺や腎臓などに使える。という段階だと思います。 ただこの時必要な核酸量が当然膨大な量になり,実際の治療には気が遠くなるようなコストが掛かるのが現実問題。 確かに細胞に入る核酸の量は本当にごく微量で構いません。恐らくpmolも要らない。ところがそれを取り込ませるための血中濃度は予想よりも遙かに高いため現状は非常に難しいのだと思います。もちろん目とか性器とか外に露出しているような器官であれば塗る,目薬などは可能かも知れませんが,実用されているとは殆ど耳にしないです(知らないだけかも知れません)。 現在リン酸などを混合することによって核酸を細かい顆粒にして取り込ませやすくするとか,核酸をマイクロカプセルにいれて抗体とつけて癌細胞のところまで連れて行くなどの試みはなされていると思います。少し前に流行っていたので今実現しているのか分かりかねますが,まだまだ確立された方法では無くみんな特許を取っては研究費を取って実用化に向けて進んでいると言った印象を持っています。 すこし正確では無い所やちょっとはしょって難しい表現になっていたら,遠慮無く補足要求してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます、とりあえず力技で大容量投与して勝手に取り込んでくれる細胞に届けばいいなというイメージ(逆に言うとそれ以外ない)はつかめました。 学生時代植物に対して金粒子銃でRNAiを使っていたので、ちょっと医療で使うというのは想像つきませんでした。

関連するQ&A

  • RNAiに関する治療

    RNAiに関する治療 RNAi法が線虫で発見されてしばらく経ちましたが、 RNAiのヒトへの応用はどの程度進んでいるのでしょうか? 幹細胞や分化の進んだ神経細胞、がん細胞などにRNAiを導入する方法、 実際に薬として、インジェクション、経口投与法などは現在どのような 段階にあるか(専門的に)教えていただけたら幸いです。 ヒトへの応用に関しての技術、倫理面での問題点や詳しいサイト、 こんな論文が出ている等もありましたらお教えください。

  • RNAi でのノックダウンが確認できません

    教えてください。 RNAiを用いた実験を進めていますが、ウェスタンブロット(WB)でのノックダウンの確認が取れずに困っています。というのは、RT-PCTではRNAのノックダウンが確認できているのですが、同様にtransfectionした細胞でWBをすると、RNAiをtransfectionしてノックダウンできているはずのタンパク質の発現が増加しているのです。ちなみに細胞はHUVECで、transfection 48~72時間後にサンプリングを行っています。 抗体の特異性は高いとのことなのですが、RT-PCRで発現が落ちているのにタンパクレベルで発現が上がるという状況にどうやっても説明がつかず、頭を抱えています。 同様の経験があるかた、何か解決方法をご存知のかたがいらっしゃればアドバイスよろしくお願いします。

  • 「スマートフォンを探す」を利用している方に質問

    Google機能「スマートフォンを探す」を利用している方に質問です。 http://gigazine.net/news/20160603-find-your-phone/ こちらの記事↑↑↑によると、「端末を探す」で別タブでAndroidデバイスマネージャーが開くとあります。実際別タブでスマフォの位置情報が表示されました。 http://gigazine.net/news/20130909-android-device-manager/ こちらの記事によると、Androidデバイスマネージャーを利用するには設定が必要だとありますが、自分はこの設定はやっていません。こちらの記事が古くて、現在はAndroidデバイスマネージャーを利用するのにこれら設定は必要なくなった、という認識でよいですか?

  • がん患者の性交渉

    がん患者がSEXすると、口や陰部を通して相手にがん細胞をうつす危険はあるのでしょうか。 というのも、マウスにがん細胞を移植して抗がん剤のテストを行う新聞記事をよむことがあります。 細胞の量は違いますか、そういう記事を見かけると不安になります。 ちなみに乳がんです。 また、がんの種類によって違うのでしょうか。

  • EGFP消失はなぜ?

    現在、実験でEGFPをマーカーにしてあるサイクリン依存性キナーゼ阻害剤のRNAiを行い細胞分裂や分化能を調べています。 しかし、RNAiを行った細胞に始めはEGFPが発現しているのですが、2日目辺りから、急速に消失していきます。 コントロールではこのようなことは起こりませんし、ES細胞等が分化するとCMVが働かなくなるということも聞いたので、プロモーターをCAG等に変えてみたのですが同じことが起こります。 分裂して薄まるという可能性や細胞死の可能性も否定できませんがその検討もよいデータが得られません。 CKIが減少したり、分裂が一回起こっただけでGFPが消失してゆくという現象に対し他に原因は考えられるのでしょうか? 非常に困ってます。誰か助けてください。 よろしくお願いします。

  • 【北斗晶のガンの疑問点】リンパが再びガン細胞を殺す

    【北斗晶のガンの疑問点】リンパが再びガン細胞を殺す機能が復活することはあるのでしょうか。 本来はリンパがガン細胞を殺す役割を果たすが北斗晶はその免疫機能であるリンパが犯されているので転移しないことを祈り、抗ガン剤治療をずっと続けないといけない。 そこで疑問に思ったのですが、 リンパが再びガン細胞を殺す機能が復活することはあるのでしょうか。 抗ガン剤治療をしてたらリンパが正常な機能に戻る?戻らない? 戻らないとしたら、北斗晶はこの先ずっと、転移しないことを祈るか抗ガン剤治療をひたすら続けるしかないってことですよね。 抗ガン剤治療をしてたらリンパからガン細胞が消えて、再びリンパがガン細胞を殺し始めることが可能なのか教えてください。

  • GIGAZINEのサイトの記事や画像の読み込みが極端に遅くなってしまいました.

    GIGAZINEのサイトの記事や画像の読み込みが極端に遅くなってしまいました. 「最新ニュース30件」という,左側の各記事へのリンクはすばやく表示されますが,画面中央の記事や画像が表示されるまでに約20秒かかります. GIGAZINE http://gigazine.net/ 皆さんの環境ではどのように表示されますか? また,原因をご存知でしたら教えてください. 原因がわからないため,こちらに質問しました. おねがいします.

  • 抗癌剤とアポトーシス

    多くの抗癌剤の癌細胞を殺す形態がアポトーシスによる・・・という事が本に書いてあるのですが,細胞死にはネクローシスもあるので,抗癌剤の中でアポトーシスではなくてネクローシスを誘導することによって効果を示すものがあるのかどうかを,知っている方教えて下さい.癌細胞を殺すにはアポトーシスの方が都合がいいのでしょうか.

  • 抗癌剤が段々効かなくなる理由は?

    こんにちは。 癌の治療に関して教えて頂きたい事があるのですが、よろしくお願い致します。 抗癌剤を投与し続けていると最初は増殖が抑えられた癌細胞にも段々と効力が無くなって最後は効かなくなり、また別の抗癌剤を試すというような事がよく行われていますが、最初に効いていた抗癌剤が効かなくなっていくのは何故なんでしょうか? 抗癌剤に暴露されているうちに癌細胞自体が変質(遺伝子変異?)して、感受性が無くなってしまうのでしょうか?それとも癌細胞にははじめからある種の多様性があって、抗癌剤が効くタイプの癌は死滅したけれど、効かないタイプの癌細胞が残り、それが選択的に増殖してしまう。。というような事なのでしょうか? 薬剤が効かなくなってしまった癌細胞にはどのような事が起きているのか教えて頂ければ幸いです。 この手の話が素人でも分かるように書いてある本などありましたら、ご紹介頂ければ嬉しいです。 よろしくお願い致します。

  • 前立腺がんの抗がん剤「ドセタキセル」について

    週刊誌S(8月1日発売)に最新の抗がん剤「ドセタキセル」についての記事が載っていました。 大変興味があります。 上記について詳しい方は、その薬の詳細を教えてください。 宜しくお願いします。