• ベストアンサー
  • 困ってます

人間関係で通信制に転校した場合の面接での説明

  • 質問No.9655518
  • 閲覧数111
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (1/2)

私は現在、通信制高校にいっている就活生です。
就職の面接時に転校理由を聞かれた場合どういう風に答えればよいでしょうか?
私は今年の3月(2年生)までは普通校に通っていて2月までは無遅刻無欠席でしたが、2月に入ってから人間関係のいざこざが激しくなったり体調不良(出席停止の病気)が重なり丸々一週間休んでしまいました。1週間休んでからは今まで以上に避けられるようになり教室にいるのもしんどくなってしまい保健室で過ごすようになりました。
それに加えて元々喧嘩をよくしていた両親の喧嘩の頻度が多くなり精神的に病んでしまい、このまま今の学校にいると自分が駄目になってしまうと思い通信制に転入しました。
このような場合、就職の面接時なんと説明したら良いのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 49% (234/471)

ビジネス・キャリア カテゴリマスター
大前提として「人間関係のいざこざで転校しました」とそのまま言うのはあまりいい方法ではありません。
基本的に就職の面接とは、質問された内容に正しく答える場ではなく、質問された内容を上手くアピールポイントに繋げるゲームです。
特に「全日制から通信制に転校」は確実に聞かれるポイントでしょうから、これを『どのようなアピールポイントに繋げるか』を考えるのが大事です。

仮に現在の通信制高校に独自のカリキュラムがあり、それが就職先と関連するようならそれを理由にしましょう。このケースは非常に簡単。

もしそんな便利な要素がないなら、通信高校自体を推すしかありません。
試しに通信制のメリットは分かりやすく『自分のペースで勉学が進められる』と定義して、デメリットを『自主性と自己管理能力が必要になる』としましょうか。この自主性と自己管理能力は企業としては望ましい能力なので、ここがアピールに使えるわけです。

以前の学校の1週間の病欠と、保健室登校していた事はもしかしたら先方に伝わっている可能性もあるので、ここも使うとこんな感じですね。
「現在は完治していますが、全日制の高校に通っていた頃に、病気で1週間丸々休んでしまった事がありました。
さらにこの体調面の問題と、またプライベートでの精神的なストレスが重なり、中々思うように授業を受けられない状態に陥ってしまったのです。
この時期は、当然の事ですが勉学のペースが完全に狂ってしまい、個々の単元について『理解する』よりも『授業に追いつく』事を優先せざるを得なくなり、これは私にとって大きなストレスでした。
幸いそのような事はありませんでしたが、もしもまた病気で長期間休む事になったら・・・という悩みもありました。
そんな折に今の通信制高校の事を知り、自らのペースで学習を進められるという単位制に大きな魅力を感じ、両親や当時の先生ともよく相談した結果、転校を決意しました。
反面、自主性と自己管理能力は必要になり、一時苦労もしましたが、それも含めてこの転校は私にとって正解だったと思っています」
くらいですかね。

この場合、想定される継続質問としては『友達などを含めた人間関係』にまつわる者が来ると予想されますので、この辺りは適当に問答を考えておきましょう。単に「元々の友人とは連絡とってるし今でも仲いいし問題ないです。ただ、自発的に繋がりを持ちに行く大事さと難しさは痛感しています」くらいの返しでいいと思いますけどね。
お礼コメント
himekmikusu30

お礼率 50% (1/2)

回答ありがとうございます!
言い回し等を参考にさせていただきます!
投稿日時:2019/09/11 21:21

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 23% (340/1466)

40代の男で、外資系企業で部下持ち管理職をしている者です。
何度も転職しています。

>人間関係のいざこざが激しくなったり

会社では、人間関係のいざこざなんて普通にあります。

日本はアメリカやヨーロッパの国々と同じように資本主義国家で、
つまり人と競争するのが基本の社会。
競争するから、いざこざは当然あります。

>就職の面接時なんと説明したら良いのでしょうか?

仕事は、人と一緒にやるものです。
自分一人でやるものは、ほとんどありません。

あなたが「人間関係が問題で転校しました」とだけ言ってしまうと、
「こいつは会社でやっていけないよね」って企業に判断されます。

「通信制に通っていて、会社での人間関係とか今後は大丈夫なのか?」
と企業に思われるでしょう。

面接とは、自分が仕事を勝ち取るためのチャンスです。
男と女のお見合い、合コンと同じ。
生き残るための生存競争です。

「ありのままの自分を見てほしい」なんて考えはやめたほうが良いです。
嘘をつけとは言いませんが、自分のいいところや強み、
自分を企業が受け入れたら、企業にとってどういうメリットが
あるのかを、「情熱」的に話すべきです。

あなたは、自分が苦しい思いをしたことで、学んだこともあるはず。
それがどう活かせるか考えてみてください。
その話は、人のこころを響くかもしれません。

苦しい思いをして這い上がってくるような精神力があれば、
企業も「人としての強さ」として認めてくれるでしょう。
さて、あなたはそれをどうやって話をしますか?

ちなみに社会人で「人間関係のいざこざ」に
巻き込まれないようにするには、あなたが仕事を超デキルようになればいい。
営業なら、売上トップとか。
優秀な人間はみんなから尊敬されるし、ちやほやされます。

私は仕事はすごくできるから、周りの人にすごく大切にされます。
人間関係のいざこざに巻き込まれない。
だから仕事は楽勝です。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ