• 締切
  • 困ってます

彼氏の過激すぎる過去への執着心と束縛

  • 質問No.9650145
  • 閲覧数3248
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 0% (0/8)

大学1年の女です。9ヶ月ほど前から同い年の人と付き合っています。しかし彼はよく自分が過去の好きだった子Aの話をしたり、他の女子と私の事について悪く言ってたりします。 なぜかと言うと、
私は付き合ってまもない頃、男友達から電話がかかってきて電話に出たり、毎年恒例の事だったので誕プレをあげたりと男友達と仲がいい方でした。そして過去に私が好きだった人Bと遊んだことがあり、(Bと彼は同じ部活で仲良かったです)それらについて彼は私に何回も怒って「Bは散々下ネタとか言ってきたくせに遊ぶとか危機感ねえのかよ、なんで短パンとか露出する服着たんだよ」や「裏切られた、浮気だ」しまいには「死ねよ」なとど言ってきました。卒業式の日Bに「卒アルを書いて欲しい」と言われ頭に彼氏がよぎりましたが「卒業式ぐらい、卒アルぐらいいいだろう」と思って書いたら、その後彼に「お前何Bの卒アル書いたの隠してんだよ」なとどまた火に油を注ぐ結果に。私自身「卒アルくらい言う必要ない、例え過去に好きだった人でも吹っ切れてるし」と思って言わなかったのですが…。他にも当時の部活の顧問が好きだったので(もちろん先生として)結構仲良くしたりして、受験でもお世話になったので今までのお礼ということでバレンタインにチョコをあげたらまた怒る怒る。
彼の怒りが収まりつつある時に私がたまたまTwitterで俳優について言ったら(かっこいい)、「お前今言うとか神経おかしいだろ、芸能人も好きとか言うな誕生日も祝うな」なとどこの様な怒りが深夜の1時から3.4時間ほどLINEで続きます。彼が家の事情で親がいる時電話が出来ないため。

私も言わないことが多かったせいか、彼が聞いてきたら隠すのも良くない(いつかバレた方がやばいので)って思い聞いてきたら全て言うから色々と事実が発覚して怒るんですけどね。

「俺以外に好意を向けるな」「男は女とは誰でもやれるんだ、男と女の友情は成立しない」なとど言って「男と会うな、LINEの男消せ」、「卒業式部活で集まって写真撮るな」など束縛もされましたが、最初は自分が悪いことをしてしまったから仕方ないと思っていましたが、9ヶ月たった今でもたまに過去の事をぶり返して怒ってきたり、同じ事を聞いてきたりなどしてきて正直私も疲れてます。彼いわく「過去なんて消えないし忘れられない、一生許さないから」と言うことらしいです。

そのせいで彼は私に対しての仕返しということでどんどん他の女子と仲良くしたり、私には束縛しているけど自分はほかの女子男子グループで遊んだりLINEしたり、しまいには「Aの方がお前より可愛い、ほかの女子と話してる方が話が弾んで楽しい」など私が過去に彼に酷いことをしたせいで仕方ないのか私にも仕返しをしてきます。

昔から男と仲が良く男友達も多かったせいで、私の甘い考えのせいで彼を傷つけたりしたのでしょうがない、自分のした事が帰ってきてると思っていますが、流石に私も嫌で嫌で苦しくて泣くこともあって。
もちろん友達に相談しても「そんな過去に執着するやつ別れた方がいい」って口を揃えて言われ、一度彼に別れを伝えたのですが「いやだ、ごめんなさい。なんで寂しかっただけなの。」なとど泣かれ結局話し合って解決したはずなのですが...。(典型的な束縛、DV気質ありますよね)
私自身今は別れたくなくて、彼に過去のことを忘れてとは言いませんが時間はかかると思いますが許して欲しくて。
どうしたらいいのでしょうか。

回答 (全8件)

  • 回答No.8

ベストアンサー率 12% (126/1031)

今お付き合いをしている男性に、過去の恋愛話をするのは、思いやりのない下品な女のすることです。
  • 回答No.7

ベストアンサー率 13% (107/771)

口汚く、別れ話に泣くような男は男でない。こういう男と以前として関係性を継続したい気持ちを持つ貴女も大学入学して学生がすべき本分を知らない。個人の自由があり、「恋愛道」を身につけることに反対はできない。好き勝手にどうぞ。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 11% (601/5070)

あなたが彼を好きで穏便にしたいというなら
彼の言葉をそのまま受け入れて、奴隷的なあなたになるしかないです。
自分のやりかたを彼に受け入れてほしいというのは
無理な話。彼の束縛気質は生まれつきなんです。
喧嘩を覚悟で、いちいちうぜーんだよ!
と突き放すつもりで言ってみることです。
そこからは彼の度量の大きさです。
ダメになるかもしれないし、彼が自分自身を変える気になるか、です。
他人を変えることはできません、変えることができるのは自分自身だけです。
そしてそれはあなたにもあてはまることです。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 8% (8/91)

失礼ですが貴女のように性に対してオープンな方と嫉妬深いモテない彼とでは上手くいく分けがありません。貴女から別れてあげなくてはいけません。どうせ、外にイイ男が現れたなら直ぐ捨てるのですから。風俗で一財産築く女性は貴女のような人が多いですよ。それも人生です勿体ないですねえ。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 13% (92/683)

友達・仲間関係 カテゴリマスター
彼にDV気質があるのは間違いありませんが、貴方の方にも被害者気質があるようです。
典型的なDV被害者の思考が完成しています。
今のうちに別れないと事件になりそうです。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 14% (701/4873)

他カテゴリのカテゴリマスター
とっとと別れましょう。過去を許してもらうっていう感覚が、もうすでに
おかしいです。

許すとか許さないとかの話じゃないでしょう。そんな男、相手にしちゃ、だめです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 21% (632/2971)

友達・仲間関係 カテゴリマスター
嫉妬と羨望。
そして束縛に猜疑心。
付き合っていても良い事は有りませんよ。
変わる事は無い。

自分に自信が無いだけでなく幼児期に何かあったのかもしれませんね。

酷くなる(エスカレート)事はあっても良くなる事は、まず無い。
こう言うタイプは大体が粘着気質だから、しつこい(執拗に責めたりする)。

上手く別れた方が良いと思いますよ。

人間、過去があっての現在です。
そして現在が有るから将来もある。
過去が無ければ現在も将来も無い。
それは誰でも同じでしょ?!
あなただけ特別に過去が有る訳ではない。
それを理解出来ない人は永遠に理解できません。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 30% (1250/4108)

ご自身でもわかっているようにDVですね。すべてが自分中心でなくてはいけない。彼女の人権や感情などは関係ない。自分の女なんだから自分の思う通りでなくてはいけないし、自分だけを見てなくてはいけない。自分さえ楽しければいい、幸せならいい。

変わらないですよ。別れたくないならその束縛にずっと耐えるしかない。
万が一結婚なんてなったら(一生といっているのならそのつもりかもという前提で)買い物に行くときは「何時から何時までどこのスーパーへ行く」と報告をして、専業主婦を強いられ訪問客には居留守を使え、ママ友との付き合いはするななどすべての行動を制限される。

友人が苦しんで苦しんで体を壊し家事ができなかった日、ぼこぼこにされ入院をしました。男と遊んでいて家のことができなかったんだろうと根拠のない言いがかりです。
交際しているとき質問者さんの彼と同じようなタイプでした。結婚するまでは暴力はなかったものの周りは皆早く別れるようにと言っていました。
でも「彼も優しいところがあるし、嫌なことばかりではないの。私が気に障ることをしなければ上手く行くの」と。
目の周りにあざができたとき、私の家にかくまいました。怒鳴り込まれました。そして彼女は「自分が悪いから」と家に戻ってしまいました。

私とは長年の友人関係であり、私が訪問することは受け入れてくれていたので週に1回くらい遊びに行っていたのですが、守り切れなかったことが悔しくて仕方がありません。入院したことによりやっと離婚をすることができたのですが、元夫は謝罪の言葉もないし反対に慰謝料を請求する始末でした。もちろん逆に請求されましたが。警察沙汰にしなかっただけ感謝してほしいくらいなんですけどね。

と、長々と書き連ねましたが、言うことを聞けば聞くだけ悪化しますよ。いうことを聞かなければ上手くいかない関係は自分がつらいだけですよ。

もう謝罪は受け付けず別れたほうがいいとしか言えません。ただストーカーになる可能性もあるので、友人にしばらく一緒にいてもらうようにお願いしたほうがいいとは思いますが。DV男の自己中さは普通の人には理解しがたいことが多々あります。もし危ないと思ったら警察に相談するとしばらく見守りをしてもらえます。それだけそのようなタイプの男は危険なんですよ。

許してほしいなんて思ってはいけません。もっと自分を大切にしてくださいね。
DV男に洗脳されてますよ。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ