• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

従位接続詞がなくても主節と従属節でわけられる?

I think she is cute.という文について I think は主節で she is cuteは従位節という説明をしている資料がありました。 1, 従位接続詞がない文なんですがこれは正しいのでしょうか? 2, 多分thatが接続詞で省略されているんだろうなと思っていますが、thatはそもそも従位接続詞なんでしょうか?また、従位接続詞は省略してもいいものなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数96
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8780/10794)

>I think she is cute.という文について >1,従位接続詞がない文なんですがこれは正しいのでしょうか? ⇒はい、正しいです。 >2,多分thatが接続詞で省略されているんだろうなと思っていますが、thatはそもそも従位接続詞なんでしょうか? ⇒はい、おっしゃるとおり、thatは従位接続詞です。従位接続詞の、代表的存在です。 >また、従位接続詞は省略してもいいものなのでしょうか? ⇒はい、従位接続詞は省略されることがあります。 ☆よく省略される場合 that節がknow, say, tell, thinkなどの目的語になる場合は、よく省略されます。むしろ省略されるのが普通のようです。I think they will not come here.のように、that節の主語が代名詞である場合はさらに省略の度合いが強まります。また、文章語よりも口語のほうがより省略の傾向が高くなります。 ☆省略されにくい場合 thatが省略されにくい場合もあって、特に次の2つの場合は、ほぼ絶対に省略されることはありません。 (1) that節が2つ並ぶ場合、後の方の節を導くthatは省略されない。 例:Tom said (that) there was urgent business and that he has to call on them. 「トムは急用があって彼らを訪問しなければならないと言った」(ライトハウス英和辞典)。 (2) 主節の動詞が受身形の場合もthatは省略されない。 例:I was told that my father met with a traffic accident. 「私は、父が交通事故にあったと聞かされた」(ジーニアス大英和辞典)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます thatはかなり情報量が多くて複雑そうなので少しずつ整理していきます 現在過去の質問項目を見直しながら情報を整理し直しています

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

英語ネイティブレベルの者です。 普通の英語の会話で、"I think she is cute"って言いますよ。 "I think she is pretty"あるいは"I think she is hot”もあるし。 "I think that..."って言いませんね。。。。わざわざ 余計なものをつけたら、会話のスピード落ちるし。 ついでにいうと、そもそもShe is cute/pretty/hotって 言う時に、わざわざ”I think"って言わないですけどね。。。。 "She is cute"って自分が思っているから"She is cute"って言っているのに、 わざわざI thinkってつける理由がないです。 仮に、誰かがShe is not cuteって言って、 それであなたがそれを否定する意見として"I think she is (cute)"って言うなら わかりますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 確かにそうだなって思いますね 会話ではそうですよね 文法だと必要なんですかね

  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15294/33010)

1。従位接続詞がない文なんですがこれは正しいのでしょうか?  はい。 2。分thatが接続詞で省略されているんだろうなと思っていますが、thatはそもそも従位接続詞なんでしょうか?  はい。’ 3。従位接続詞は省略してもいいものなのでしょうか?  はい、文法は言葉の「後」から、説明するものですから、初めから「無い」と言う見方もあり得ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

関連するQ&A

  • 名詞節のthat節は従位接続詞ですか?

    I think that he is a teacher. この文のthatは接続詞のthatでthat節で名詞節ですよね? このthatは従位接続詞ですか?

  • 名詞節を導く従位接続詞は3つだけ?

    名詞節を導く従位接続詞はthat if wheterの3つだけですか?

  • that節の中に従属接続詞

    that節の中に、従属接続詞は使えるのでしょうか。 例えば I think that he will help me if he is kind. もしくは I think that if he is kind , he will help me. 教えていただけますと助かります。 どうぞよろしくお願いします。

  • たとえばこの文では、どこが主節でどこが従節なのか。

    主節と従節がよくわからなくて困っています。 たとえば、 What pleased me the most was that my lost dog came back. という文だったらどこが主節でどこが従節なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 従位接続詞thanに導かれる副詞節

    従位接続詞thanに導かれる副詞節は、何を修飾するのですか? 動詞ですか?補語ですか?文全体ですか? A chain is a stronger than the weakest link. Actions speak louder than words.

  • 同格のthatは名詞節で接続詞ですか?

    The fact that he studied hard surprised me. このthatは同格のthatで名詞節で接続詞ですよね? 名詞節で接続詞のthatは文の要素になるんですよね?しかしこの文の主節 The fact surprised meは完全な文なので名詞節のthat節というのはおかしいとおもうんですが。 よろしくおねがいします

  • 主節と副詞節と接続詞の数の関係

    While Ms. Ashley appreciated the job offer from Fian Advisory Group, she declined the opportunity because she would have to relocate. While(接続詞) Ms. Ashley(S副詞節) appreciated(V) the job offer(O) from Fian Advisory Group(M前置詞句), she(S主節) declined(V他動詞) the opportunity(O目的語) because(接続詞) she(S副詞節) would(助動詞) have to(助動詞?) relocate(V). この文について 1,この文は3つも節があるんですね? 2,接続詞が2つなので文:節が3つおけるんですよね?なんか文法でそんなような事を習った記憶があります 接続詞の数+1つ多めに文:節が作れるんですよね? 3,Would have to relocateで動詞Vですか?

  • 従位接続詞のthatの使い方は

    従位接続詞のthatの使い方は 文頭に That S V is... itをおいて It is ....that あと、 S is that という使い方以外にありますか? take it for granted that のthatも同じですか?

  • 接続詞でも関係代名詞でもthat節?

    I think thatのthatが後半が完全文だったら接続詞、不完全文だったら関係代名詞ですが thatが接続詞でも関係代名詞でもどちらでも that節と呼ぶんですか?

  • 英語:従属節だけで完結する文について

    英文には、主節が必ずあると教わった記憶がありましたが、 最近こんな英文にで出会いました。 This, however, is not easy, even if it could be done at all. For there are far more working parts to the earth than to a watch or any other precision instrument. 2文目には、主節がなく、Forの従属節の文で終わっているように見えます。このようなことは文法的にあり得ることなのでしょうか? (この場合、全文の理由になっているから、従属節だけでもよい?って解釈をしました。)) 従属節だけの文?は、文法としては間違っているのでしょうか? また、日常(英字新聞やチャットなど)でもよく見かけるでしょうか? 主節が必ずあると教わったせいか、従属節だけで終わっている文を見ると違和感を覚えます。 また、似たような事例を他にも考えてみれば、疑問文で始まる文も主節が無いように見えます。 例えば、 Why is our earth the kind of planet (that) it is? これにも主節がありません。 疑問文は日常ありとあらゆる場面で出会うにも関わらず、 「主節が必ずある」というルールに反しております。 これにも何か理由があるのでしょうか? 主節:接続詞のついていないSVのかたまり 従属節:接続詞がついているSVのかたまり  と認識しております。 英文引用:「英文長文ハイパートレーニングレベル2」の1題目より