梅雨が終わったら気象予報士が言いますか?

梅雨が終わったら、テレビの天気予報で気象予報士が、 「今日で梅雨は終わりです。」 と必ず言うでしょうか。

kisinaitui さんからの 回答

  • 2019/07/17 19:54
  • 回答No.2
kisinaitui

ベストアンサー率 32% (5973/18173)

他カテゴリのカテゴリマスター
梅雨明けの宣言は、気象庁が行います。

まれに、梅雨明けがわからなかったと言うのもありますが、この宣言を出せるのは、気象庁だけです。

気象予報士は、世の予報は出せますが、宣言は出せません。
気象庁の宣言を元に、梅雨明けしました。と言う事はできます。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 北海道に梅雨がないって本当? ニュース・時事問題

    日本列島が北海道を除いて梅雨入りしましたと先日テレビの 気象予報士さんが言ってました。その際その人は「北海道には 梅雨がありませんので・・・」とも言ってました。 しかしながらその日以降全国のお天気を見ると、北海道も お天気の悪い日が続いています。 そこで質問です。 6月に本州が梅雨入りすると、北海道でも曇りの日・雨の日が 多くなりますが、それでも梅雨がないというのは、観光客を 呼びたいからなのマヤカシでしょうか? 昔、梅雨がないからという言葉を信じて、この季節に北海道へ 旅行に行って、雨降りだったことを思い出しました。...

  • ニュース番組などの「気象予報士」について その他(テレビ・ラジオ)

    「気象予報士」の存在意義が分かりません。ただ、単に「気象についての知識が豊富な人」としか思えないんです。TVのニュースなんかで天気予報を解説していますが、どこの番組でも同じことを言っているだけです。つまりは、気象庁からのデータをそのまま伝えているだけなので、違いなど出るはずがありませんよね。「気象予報士」は気象データをもとに独自の気象予報が出来るんではないんでしたっけ(ピンポイントに限ってだったか)?。天気予報をみていると、気象予報士はあたかも「自分がこの予報を決めたんだ」みたいに自信満々に解説していますが、はっきり言って最近の天気予報はあてになりません。これでは局アナの方が原稿を読むだけで十分ではないかと思っています。あと、あまりに自信満々な解説が目に付くんですが、当たらなかった時の謝罪はほとんど聞いたことがありません。「あくまで予報」ということなので、「責任は負いません」ということなんでしょうか?。自分自身では、天気予報は「参考まで」にとどめようとしているんですが、あまりに振り回されることが多いので、「天気予報」と「気象予報士」についてつい考えてしまいました。変な質問ですが、ご意見があれば聞かせてください。...

  • 気象予報士でテレビに出てくる人 その他(職業・資格)

    完全な私立文系ですが、彼氏に図書館の勉強に付き合っているうちに、天気予報に関心が。といってもテレビで同性からみてもかわいい女性で「気象予報士」の肩書がついている人が出ている関係から興味が湧きました。 実際の試験問題を見てみると?な問題、というか理科っぽい問題ばかりで私立文系の私には歯が立ちそうにありませんが、 ・気象予報士でテレビに出ている女の人ってやっぱり理系の人ですよね? ・男の人ってカワイイだけじゃなくて、頭のいい女の子が好きなんでしょうか? ・気象予報士の人って男女を問わず、周りにいますか? 気象予報士ってやっぱり特殊な仕事ですよね? 宜しくお願いします。...

  • テレビの気象予報 環境学・生態学

    日本の限らず外国でもテレビの天気予報はどちらかといえば若い女性がやっている場合が多いのですが、日本では気象予報士という資格をもった女性です。ただ彼女たちが話している予報は実際に彼女達が自分で予報をしたものとは思えません。たとえば気象庁なり、れっきとした民間の予報会社の予報を入手してそれを解説しているに過ぎないと思うのですが、そうでしょうか?...

  • 天気予報キャスター:気象予報士資格必須でしょうか? その他(テレビ・ラジオ)

    少し前に気象予報士という資格が設定されましたよね 今では,テレビで天気予報を伝える人はほぼ『気象予報士 』という 肩書がテロップで出ているように思います ちょっとした疑問です 2014/4/16 今現在,気象予報士の資格を持っていないと気象予報は出来ないものなのでしょうか? それとも… なくてもOKだけどやっぱりないと説得力が弱い…、という状況なのでしょうか? ご存知の方宜しくお願いします...

ページ先頭へ