• 受付
  • 困ってます

銅線加工の言葉に伸線と細線が何を違うか?

  • 質問No.9634210
  • 閲覧数252
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3

お礼率 10% (1/10)

うち会社主な業務は電線製造ですが、時々伸線、細線と言う言葉を聴きました。最近、伸線と細線が何を違うかと言う質問を思っているから、良い答えが欲しいです。

回答 (全3件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 59% (227/379)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
貴社の中で、どのような言葉づかいをなさっているのかは、窺いい知ることができませんので、一般的な理解をお知らせします。
「伸線」は、ダイスを通して、銅線をより「細く・長く」加工する工程を表し、「細線」は、伸線の結果としてある程度以下の径となった銅線を表すと思います。
どちらも、「線」という言葉を使っていますが、一方は工程であり、他方は製品を表すので、横並びに捉えることは難しいと思います。

もし御社で、「伸線機」「細線機」などと使い分けているならば、扱う線径が異なる加工を行う機械のことなので、このような場合であれば横並びの比較が可能かもしれません。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 34% (88/254)

仲線は電線をダイスを通して引き抜いて元線より補足したもの
細線は細い電線で、もともと使う意味が違うのでは?
細線の仲線工程という使い方もできると思います。
補足コメント
wdy2006aw

お礼率 10% (1/10)

そう言えば、細線機と伸線機は何を違うか?
投稿日時:2019/07/11 13:58
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ