• 受付
  • 暇なときにでも

創価学会では狂言訴訟、怪文書攻撃、偽造写真が常態化

  • 質問No.9633405
  • 閲覧数75
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1

お礼率 12% (6/50)

創価学会は、脱会者、敵対者、対立関係にある人を陥れるために、狂言訴訟を行ったり、アンダーグラウンドなウェブサイトを作って怪文書を掲載したり、偽造写真を作って他人に悪口を触れ回っています。
残念ながら、司法は創価学会の組織犯罪を批判、断罪。
創価学会幹部は、刑務所送りになっています。

狂言訴訟⇒創価学会の自作自演を裁判所は断罪(有罪判決)
怪文書掲載⇒創価学会の組織犯罪を裁判所は厳しく批判(有罪判決)
偽造写真作成⇒創価学会の異常性を厳しく非難(有罪判決)

平和、平和と口癖のように言いますが、脱会者、敵対者、対立関係にある人を全員ポア(粛清)することが創価の言う「平和」ということですか?
この考えは、オウム真理教やナチスドイツに近いと思いませんか。


コーヒーカップ裁判

概要
1992年11月、川崎市にある日蓮正宗持経寺に息子の遺骨を預けていた創価学会員夫婦が、同伴した数人の学会幹部とともに息子の遺骨を受け取りに訪れ、本堂で夫が遺骨を受け取って退出した。しかし、5分後に再び本堂を訪れて遺骨が骨壷ではなくコーヒーカップに入っていたと主張したうえ、寺の遺骨管理がずさんだったと抗議し、機関紙創価新報が新聞記事として掲載した[1]。翌1993年3月、夫妻は精神的な損害を受けたとして、損害賠償を求めて横浜地裁川崎支部に提訴した。
1998年10月に最高裁第3小法廷は高裁判決を支持して原告側の上告を棄却し、持経寺の勝訴が確定した。創価学会は一審勝訴の際には聖教新聞などで大々的に取り上げ、持経寺や日蓮正宗の責任について言及していたが、東京高裁の逆転判決や最高裁の確定判決については、聖教新聞などではまったく報じていない[2]
公明党委員長の矢野絢也によると、日蓮正宗の中傷キャンペーンとして、幹部が書いたシナリオに沿って末端の創価学会員が起こした狂言訴訟であるとしている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E8%A3%81%E5%88%A4

https://soka-news.jp/ikotusosho.html


創価学会中傷ビラ事件

2008年03月14日
東京高裁 違法ビラで学会大幹部らに280万円の賠償命令 多数の学会員を使った組織的な犯行と認定!

妙観講(宗教団体)を「カルト」「反社会的」等としたのは違法
(盗聴犯であると中傷した)〝盗聴疑惑〟もあらためて「根拠なし」と認定

 前号で報じたとおり、去る二月十三日、東京高等裁判所は、創価学会青年部の上級幹部ら(事件当時)が、深夜、御隠尊日顕上人ならびに妙観講および同講々頭を誹謗中傷する違法ビラを全国に大量配布した事件で、一審に続き、学会大幹部らに対し損害賠償金二百八十万円を支払うよう命ずる判決を言い渡した。
 しかも、東京高裁は判決の中で、この違法ビラ配布事件は、学会大幹部らの「個人的活動であるとは、とうてい認め難い」として、多数の学会員が組織的に行なった犯行であることを認定したのである。
https://matome.naver.jp/odai/2153398119029601801


偽造写真事件

創価学会は、平成4年11月以降、会員向け機関紙上に出所不明の宴席写真を掲載し、そこに写っている日顕上人猊下が、「芸者遊び」に没頭して満悦しているとして罵り、下劣きわまる誹謗中傷を繰り返しました。

「日顕が芸者をあげて放蕩三昧している写真」
「遊蕩と邪淫」「放蕩写真」「遊蕩魔の地獄遊びの姿」「放蕩法主・日顕芸下」
「芸者衆を侍らし悦に入っている。一夜、数百万円の戯れである。日顕は骨の髄まで腐敗している」

こうした悪口雑言の”証拠写真”として、2枚の写真が『創価新報』紙上に大々的に掲載されました。
しかし撮影日時等が明らかになったことにより、この変造写真の原板が発見されました。

真正の原版写真と、上の学会の偽造写真との最大の違いは、猊下の奥に写っている人物を跡形もなく消そうとして、全く別物の背景を重ね合わせて、変造してしまっている点です。
しかしながら、この”全体写真”に写っているのは、猊下ご夫妻以外にも、9人もの御僧侶と奥様方なのです。
そんな席で、人が眉をひそめるようないやらしい芸者遊びなど、できようはずもないではありませんか。

平成15年12月5日、東京高裁813号法廷(鬼頭季郎裁判長)で、偽造写真事件の控訴審判決が下されました。

鬼頭裁判長は判決文で、 「写真を見た者に対し、阿部日顕一人が酒席で芸者遊びをしているとの、実際の情況とは異なった印象を抱かせるのに十分であり、これをもって客観的な報道ということはできず、修正の限度を超えている」、 「(『創価新報』の報道は)正当な言論や評論の域を超え、単に阿部日顕を揶揄し、誹謗、中傷するものとして、違法性を有するものというべき」 と、東京地裁よりもさらに明確な表現で、池田創価学会の行為が違法行為であることを認めました。

このように、別々な写真と背景を組み合わせて変造した写真を、普通は「合成写真」と呼ぶのだ!
https://matome.naver.jp/odai/2153398119029601801

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 60% (12/20)

元創価学会員です。
この質問に書かれている内容は全て事実です。

創価学会は、他人の不幸や死の祈願も行っています。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6209948&id=88340260
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ