趣味でどこまでが著作権かわかりません。

趣味でどこまでが著作権かわかりません。 私はもの作りが好きです。 最近では、自作PCやプログラムなどで遊んでいます。 ...

石川 裕也 さんからの 回答

  • 2019/07/06 21:26
  • 回答No.3
非公開Q&Aを受付中!
石川 裕也 (行政書士)
著作権に関する相談に乗っています。

タイトルに著作権と書いてあったのですが、物によって関係する法律がかわってしまいます。

今回ご質問に上がっているものなのですが総じて知的財産権と言われます。

そして、今回のお話のものが果たして著作権の範疇になるものかは具体的にわからない部分があるので私もなんとも言えません。

定義としては下記のようなものになります。

著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。

基本的にはパソコンであると著作権には該当しないかと思います。

偶然の一致の場合、偶然の一致であることを証明する必要はでてくるかと思います。
仕方がない部分はありますね。

そのために著作権の登録をして、事件になることを防ぐ必要があるのでしょう。

何れにしても、個人で楽しむためだけに使うのであれば著作権も問題にはなることはありません。

ご参考にしていただければと思います。
プロフィール
石川 裕也 (行政書士)
「あなたの切り札」
あなたのブレーンとして、サポート致します。
お困りの際は、お気軽にご相談ください。

◆注力分野・対応分野
【注力分野】
リスクマネジメント、不正監査、情報漏洩対策
【対応分野】
知財管理活用、契約... (詳しいプロフィールを見る
専門家・企業の回答が役に立った!自分の場合にも当てはまった!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • ソストウェアの著作権について PHP

    ソストウェアの著作権について Aのお客さんに使っていただいている弊社の業務システムをB(Aと同業社)へパソコン1式、AからBに贈与された。 弊社とAとはアライアンスの完全な契約はしておりません。Aに対しては著作権の譲渡等は行っておりません。保守契約にてライセンスの許諾等を行っております。弊社の業務システムインストールCDは、保守契約とともに、お預かりしていますので、BはHDDのみにプログラムを持っています。 Bは、組織名、電話、FAX、URLの変更を弊社に無断で行って使用しております。 プログラム2本、10ステップ程度の修正。全くの複製と変わらない状態。 こちらとしては、BはHDDを初期化して使用するべきだと主張したいのです。そうすれば、弊社の業務システムが無断で使用されるというような事にはならなかったのです。悩む事もなかったのですが。 著作権法第20条(同一性保持権)、著作権法第21条(複製権)で訴訟を考えているのですが、 外れているのか、どなたか御教示お願い致します。...

  • プログラムの著作権について その他(法律)

    著作権についておしえてください。 ある会社Aがプログラムの改良をして欲しいと依頼してきました。そのプログラムの著作権はAが持っています。 (1)このプログラムの改良を受託する場合、プログラム開発委託契約を結ぶだけでよいのでしょうか?使用許諾契約まで結ぶべきなのでしょうか? (2)改良が当該プログラムの二次著作物になる要件を満たしているとき、こちらは上記のシステム開発契約があるばあいや使用許諾を受けている場合でも著作権を取得することは可能なのでしょうか? よろしくお願いします。...

  • 自作プログラムの社内展開について その他(法律)

    自分の業務効率化のために、個人的にプログラムを作成し活用して いました。 業務時間内で作成した訳ではなく、休日自宅のパソコンで数ヶ月 かけて作成したプログラムです。 そのプログラムを見た他部署の方が「非常に有効なプログラムで 他の部署でも利用してもらうよう展開したい」との申し出が ありました。 プログラム作成にはかなり苦労したため、見返りがなければ 展開したくないとの思いがあるため、拒否する事は出来るので しょうか?また逆に展開するなら、何かしら見返り(評価Upや賞与Upなど) を会社に要求する事は出来るのでしょうか? 「業務利用のために作成したプログラムの著作権は会社にある」と どこかのHPで見た記憶があるため、その辺りの兼ね合いも危惧して います。...

  • プログラムの著作権について、教えてください! その他(法律)

    以下の著作権についての記述で、間違ってるのはどれでしょうか?教えてください。 1.著作権法においては、プログラム言語、規約、解放は保護の対象ではない。 2.著作権法は、ソースプログラムの著作物性を保護するものであることから、機械翻訳後のオブジェクトプログラムは保護対象としない。 3.著作者に無断で著作物を改変することを禁ずる同一性保護権の規定は、プログラムの著作物には適用されない場合がある。 4.特設の規定がない限り、法人が作成したプログラムは法人の著作物とされる。 5.請負契約、派遣契約のいずれかにあたっても、外注による著作は、発注者である法人に著作権が成立する。 6.不正複製物と知りつつ取得した複製プログラムを業務上使用することは、著作権の侵害とみなされる。 7.論文、数値などの情報を体系的に構成したデータベースについては、収録された論文などが著作権保護の対象であり、データベースそのものには適用されない。 8.日本ではコンピュータプログラムは、著作権法によって保護されるが、米国では特許権としての登録が必要である。 お願いします。...

  • プログラムの著作権について その他(法律)

    知人(法人)からプログラムの修正依頼があったのですが、 著作権は知人のものではなく、別の業者に作って もらったもののようです。 プログラムの修正は、数十行程度のごく小さな 修正なのですが、これは著作権違反になります でしょうか? 自分でも少し調べてみたら、古い資料の 著作権法20条2項3号に 「特定の電子計算機においては利用し得ないプログラム の著作物を当該電子計算機において利用しうるように するため、またはプログラムの著作物を電子計算機に おいてより効果的に利用しうるようにするために必要な 改変」と書いてあったのですが、なにぶんシロウトなので これを読んでも、結局いいのかダメなのか明確に 分かりませんでした。どうかお教えください。...

ページ先頭へ